安政の大獄

安政の大獄についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [安政の大獄] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

安政の大獄を含むブログ記事

アートプラス京めぐりさん
  • 石碑上0120 京都御苑内 貽範碑
  • 貽範碑2017年07月07日 23時22分38秒 |石碑貽範碑久邇宮朝彦親王(1824〜91)は伏見宮貞敬親王の四男。嘉永元(1848)年粟田口青蓮院門跡となり尊融と称した。勤王家として期待されたが,安政の大獄に連座した。孝明天皇の信任が厚く,文久2(1862)年暮に新設された国事掛に就き,翌年還俗を命じられ中川宮と称した。公武合体派の巨魁であり,長州勢力を京都から一掃した文久3年8月18日のクーデターでは...
  • アートプラス京めぐりアートプラス京めぐりさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20170707-9
  • んでいたのだそうです。井伊直弼墓 フォートラベル 井伊直弼墓は、東京都世田谷区豪徳寺二丁目にある豪徳寺の中にありました。 歴史の中での有名人、桜田門外の変で暗殺されたという私でも知っている人物が ..安政の大獄 - 井伊直弼と長野主膳 (中公文庫プレミアム)AmazonADツイート« 20170707-・・・ |記事一覧|20170707-・・・ »同じテーマ 「歴史記事紹介」 の記...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
幕末維新写真館さん
makotoさん
  • 2017年NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」特別展「 戦国!井伊直虎から 直政へ」 江戸東京博物館
  • トより〜毎年恒例のNHK大河ドラマの展示です。井伊直虎。女性でありながら戦国時代に城主となった人ですね。大国に囲まれながら生き延び、後に江戸幕府において、要職をつかさどるようになった家系です。幕末に「安政の大獄」という事件があり、そこに絡んだ井伊直弼はこの直虎の子孫ですよ。そんな井伊家の歴史を紹介する展示。一部撮影可です。詳細は施設のサイト↓https://www.edo-tokyo-museum.or.j...
  • ビンボーサラリーマンmakotoのブログmakotoさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 幕末の幕政主宰者
  • 根(滋賀県)藩主。一橋派の中心であり、突如大老に就任して日米修好通商条約を調印し、将軍継嗣問題を徳川慶福(よしとみ)に決定。幕政を幕閣独裁にもどし、外様・親藩大名および朝廷の政治介入を閉ざし、反対派を安政の大獄で弾圧。桜田門外の変で暗殺される。4.安藤信正(1819〜71):老中(1860〜62) 、陸奥国磐城平(福島県)藩主。安藤政権が公武合体策を推進し、孝明天皇の妹和宮降嫁を実現。しかし安藤は坂下門外の...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
ゆきさん
  • 高杉晋作
  • meHomemode_editNotesassignment_indAbout高杉晋作04 July 2017前回読んだ”吉田松陰”に引き続き同著者の高杉晋作の1巻を読んだ。全3部作で1巻は井伊直弼の安政の大獄から松蔭の斬首までが主に描かれる。押し寄せる列強国、もはや時代遅れとなってしまった武家政治、師匠松蔭を含む尊皇攘夷学徒の制圧、そういった時流に伴い晋作がどう成長していくのかに焦点が当てられる。高杉晋作...
  • とうふメンタルゆきさんのプロフィール
haruさん
  • 【坂下門外の変】井伊直弼の桜田門外の変と同じような事件がもう一つあった!?
  • 大老・井伊直弼(いいなおすけ)さんと「桜田門外の変」は超有名ですね。外国と不平等条約を結んでしまい、各地の浪士が騒ぎ出します。そして、幕府批判をする者たち100名以上を捕えていった「安政の大獄」。 こういったことが重なり、直弼さんはついに江戸城の桜田門で水戸脱藩浪士17名、薩摩藩士1名の計18名に襲われ亡くなったのです。 しかし、そのわずか2年後にも江戸城のある門である老中(ろうじゅう)が...
  • 歴史好きのためになるブログharuさんのプロフィール
山形アーカイブスさん
  • 【清河八郎記念館 企画展】
  • 若き清河八郎が、父への手紙でつづった江戸日記、 初公開「清河塾開塾と商い」 開催中です。26歳になった八郎は、お蓮と夫婦になり、江戸で2度目の清河塾を開きますが、また火事で消失してしまいます。時代は安政の大獄やコレラの流行で混沌としていました。その間、八郎は目利きをいかして美術品を売買しながら資金を集め、30歳で3度目の清河塾を開塾しました。その道のりを手紙等を通して紹介しています。 明治維新の魁 清河八...
  • 山形アーカイブス山形アーカイブスさんのプロフィール
幕末維新写真館さん
  • 西尾藩/松平家6万石:松平乗秩 尾州尾張藩に従い新政府軍に恭順した西尾藩【幕末維新写真館】
  • 恭順した西尾藩【幕末維新写真館】0【藩名】 西尾藩【説明】 第3代藩主「松平乗寛」は「松平定信」の「寛政の改革」に参与し、幕政改革に従って藩政改革などを行った。第4代藩主「松平乗全」は「井伊直弼」の「安政の大獄」で井伊派として一橋派の処分に務めた。西尾藩は第2次長州征伐にも幕府軍の一員として参加している。第5代藩主「松平乗秩」が当主の時に、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」が勃発。藩内は佐幕派と尊王派によ...
  • 幕末維新写真館幕末維新写真館さんのプロフィール
拓麻呂さん
  • 人生に迷ったあなたの為に・・吉田松陰 名言集!心に響く言葉たち
  • 瑞、伊藤博文、山県有朋・・・ そんな英雄たちは、全てこの男の元から巣立っていったのです。その男の名は・・・吉田松陰 強い志を持ち、日本の行く末を案じ、狂気とも言える発想力と行動力で、己の道を突き進み、安政の大獄に散った松陰先生。 彼が残した言葉は、現代人の心を熱く震わせ、そして人生の道しるべを示してくれます。 今回は、そんな松陰先生が残した名言の中から、特に魂が震える言葉をお贈りします。 人生に迷ったあなた...
  • 日本の白歴史拓麻呂さんのプロフィール

安政の大獄を含むトラコミュ

頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

安政の大獄について