安政の大獄

安政の大獄についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [安政の大獄] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

安政の大獄を含むブログ記事

茉莉花さん
  • 茂山狂言会 50周年記念
  • ど作っていて、彦根藩のお抱え狂言師だった九世・茂山千五郎に下されています。そのうちの1曲がこの『狸腹鼓』なんですが、もともとややこしい狂言だったものを、井伊さまがさらにややこしいものにしちゃってます。安政の大獄だなんて恐ろしいことをした人ですが、本当はオチャメな人だったのかもしれません。ストーリーは単純なんですけどね。尼さんから狸への早変わりをするとき、中入りせずに舞台上でやるので、最初から面も装束も二重に...
  • ハーブのある暮らし茉莉花さんのプロフィール
Takafumiさん
  • 坂本 龍馬 (高知)
  • いた。   山内容堂しかし、1858年、井伊直弼が幕府大老に就任すると一橋派は退けられ、大老・井伊直弼は第14代将軍に徳川家茂を就任させると天皇の許可なく開国を強行し、それらを反対する者達を弾圧する「安政の大獄」が起きる。 この「安政の大獄」によって、一橋派であった土佐藩主・山内容堂は家督を養子である山内豊範に譲って隠居することを余儀なくされた。   井伊直弼 土佐藩の尊王攘夷(天皇を尊び、外国を排斥する)...
  • かなり簡略化し玄人向けではないけど深い歴史ブログTakafumiさんのプロフィール
草木無量さん
  • 『松下村塾の指導者 吉田松陰』を読んだ感想?:行動力がハンパない
  • というか、何がどう転ぶかわからないものです。  ただ、少なくとも、松陰先生がいつも全力で行動していて、その結果人を感化していることは間違いありません。  時を超えて私も感化されています。 行動例4 「安政の大獄」は小学校とか中学校の社会の教科書で学ぶことだと思います。  松陰先生はこれにより死んでしまうことになります。  裁判の場で余計なことを言わなければ死ななかったかもしれません。  しかし『至誠にして動...
  • 草木無量がただただ書く草木無量さんのプロフィール
シエスタおじさんさん
  • ドラマ「CRISIS(クライシス)」3話ネタバレ感想。平成維新軍は悪なのか?
  • 社会を正す」ということは、利権特権階級のお偉いさんからそれを奪うことを意味しており、彼らから見れば危険極まりない思想であり、撲滅しなければいけない存在なのがテロリストという構図。まるで江戸時代末期の、安政の大獄のような徳川幕府と幕末の志士の戦いを再現しているドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』。どちらが悪でどちらが正義とは言い切れない闇の深さに、なぜか溜息です。スポンサーリンク出典:「C...
  • 世の中の出来事ナナメ読みシエスタおじさんさんのプロフィール
thecosmologicalfortさん
  • 『幕末の天皇』藤田覚 その2
  • 公家一揆が発生している。 大老井伊直弼が朝廷を無視し条約調印を通知したため、孝明天皇は激怒し攘夷派の水戸藩(徳川斉昭)、御三家、御三卿、諸大名に手紙を送った。 井伊直弼は対抗策として攘夷派を弾圧した(安政の大獄)。? 5 江戸時代最後の天皇 その後、孝明天皇は公武宥和を唱え、幕府が一定の期間を経た後、鎖国をするならば問題はないという考えになった(公武合体、鎖国攘夷)。 しかし、尊王攘夷の志士たちによるテロ活...
  • うちゅうてきなとりでthecosmologicalfortさんのプロフィール
野崎淳之介さん
  • 浮田一惠 二見浦図:掛軸
  • 喜田」とも書き、本名は「可為(よしため)」と称します。 絵を日本画の巨匠であり復古大和絵の祖といわれた田中訥言に学び当時下火になっていた大和絵の復興に尽力した画家です。 また、晩年には尊王攘夷を主張し安政の大獄で捕えられるという逸話も持っています。しかし、安政の大獄で処刑されることはなく釈放された後、京都にて亡くなったとされています。 そんな幕末期の画家・浮田一惠の描いた「二見浦」です。 二見浦の夫婦岩で...
  • 野崎淳之介『玉石混淆美術館』野崎淳之介さんのプロフィール
彰篠宮さん
  • 4月23日 <井伊直弼、大老に就任(1858年=安政5)>
  • 治を維持しようとし、朝廷も巻き込んで激しく争いました。直弼は、一橋派を押し切って慶福を将軍の継嗣に定めたのです。 このように、無理矢理決着をつけたために、政局はかえって混迷の度合いを深め、同年9月には安政の大獄を断行した直弼でしたが、これがもとで1860年(安政7)3月3日には桜田門外で水戸浪士らに暗殺されてしまうのでした。 この安政の大獄や桜田門外の変については、またの機会にしましょう。 今日はここまでで...
  • 日本史大歳時記彰篠宮さんのプロフィール
honnwakaさん
  • どういうものが覚えづらいのでしょう?
  • (発生する〜とイメージを重ねてやっと覚えられた単語です) オタマジャクシは幼生   似たようなものがあり 混乱しやすいもの 江戸時代に幕府によって罰せられた人、開国のことで 1858年  安政の大獄で命を奪われたのが吉田松陰と・・・     あとのひとりがでてこない 地味な人と言ったら悪いけれど調べたら 橋本佐内。 獄中の吉田松陰に手紙をだした師の佐久間象山(松代藩)は1854年にとらえら...
  • 国分寺近くの小さな塾honnwakaさんのプロフィール
りらっくすさん
  • 命もいらず名もいらず
  • しようかと泣くぐらいなら、さっさと飛べ)    ・詮議・・・・「薩摩藩で用いられた問答形式の教育法」             (みんなが納得していく会話のシステム) ”島津斉彬・死去”     ↓ ”安政の大獄”      ↓ ”同志・月照とともに入水自殺。・・・・西郷だけが生き残った       ↓                 (死に損なったのはサムライの恥) ”沖奈良部島へ遠島処分”(36歳)・・・...
  • 「ひきこもり・ニート」回復道具箱りらっくすさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 那須信吾父子邸
  • ・ »ブログトップ記事一覧画像一覧ADこのブログの読者になる最新の記事宮野々関門那須信吾父子邸ふるさと土佐を後にして和霊神社矢野道場土佐勤王党設立井口村刃傷事件土佐藩の身分制度桜田門外の変安政の大獄一覧を見る画像一覧を見るAD歴史ブログに参加しました。 クリックよろしくお願いします。にほんブログ村 にほんブログ村テーマブログ ( 8 )日本の首都 ( 21 )織田信長 ( 92 )豊臣秀吉 (...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール

安政の大獄を含むトラコミュ

頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

安政の大獄について