安政の大獄

安政の大獄についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [安政の大獄] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

安政の大獄を含むブログ記事

ヨミトさん
  • お坊さんずラブー西郷どんと月照はん
  • 前回の放送では安政の大獄の追手を逃れた西郷どんと勤皇の僧、月照さんでしたが、ついに薩摩までも追いつめられて、二人はこれで最期だと思い、固く抱き合って入水心中をはかります。つい前日の「おっさんずラブ」に気をとられていて、あーこ...
  • 美しき者よ汝の名は男なりヨミトさんのプロフィール
亭主の好きな赤烏帽子さん
  • ★智笑ポエム「五月のころ」(芍薬)
  • うに小さな花が咲きます。葉や枝に遮られて姿は見えませぬが、香りが来るのです。「一声を いかで忘れん ほととぎす」(松陰)松陰は伝馬町牢獄で鎌倉の瑞泉寺や江の島遊行のことなどを懐かしく思い起こしてゐる。安政の大獄───1859,10/27 評定所から死罪を云い渡され、即日処刑、斬首に処された。吉田松陰、30歳云ふ若さであった。...
  • 智笑ポエム亭主の好きな赤烏帽子さんのプロフィール
六角堂さん
  • 大西郷展★☆★ 第3期 薩長同盟から大政奉還へ
  • 久保利通 三回忌幅 ・大久保利通 詩書・島津斉彬 詩書 思無邪(複製)【初公開】錦絵 徳川15代記略 「家茂公大坂城武芸演習図」【初公開】錦絵 徳川15代記略 「米使ペルリ家定公笄謁の図」◆西郷隆盛と安政の大獄【初公開】僧・月照 履歴・井伊直弼 和歌・吉田松陰筆 冤魂慰草・近藤正慎 所用数珠、観音経・頼三樹三郎 詩書・梅田雲浜 肖像画と手紙 合装・徳川斉昭 攘夷用軍艦雛形之図◆八月十八日の政変【初公開】錦絵...
  • 烏丸かわら版六角堂さんのプロフィール
宮内則幸さん
  • 桜田門外ノ変・上(吉村 昭):書評「何故水戸藩士は井伊直弼を殺害したか」
  •  書評こぼれ話  NHK大河ドラマ「西郷どん」は  今まさに西郷隆盛が  幕府転覆に挫折し、  改革派の僧月照と入水したところです。  この時、時代は安政の大獄で揺れて  時の大老井伊直弼の権力が  絶大になっていました。  もちろん、この後  井伊直弼は桜田門外で暗殺されるのですが  せっかくなので  それがどのような事件だったか  吉村昭さんが  その名...
  • 本のブログ ほん☆たす宮内則幸さんのプロフィール
伊東教育研究所さん
  • 北海道と名古屋城の接点〜松浦武四郎と世古延世、さらに吉田松陰〜
  • れに尽力したのが世古延世という人物で、宮内省に勤めていたときに、長い年月を耐えてきた寺や城が明治維新によって破壊され始めたのを食い止めた主要人物の一人になりました。この世古延世(1824−1876)は安政の大獄で投獄され、同じく投獄されていたあの吉田松陰(1830−1859)の処刑をまじかに見たなどの逸話のたくさんある人です。一方の松浦武四郎(1818−1888)にも、新選組に追われて江戸に潜伏したという逸...
  • 伊東教育研究所伊東教育研究所さんのプロフィール
嵯峨野の青竹さん
  • 五摂家筆頭「旧近衛邸」
  • 合体派の公家として活躍した人物に”近衛忠煕(ただひろ)”がいます。 安政4年に左大臣に就任していますから、”条約勅許問題”で揺れている時期の朝廷側トップでした。将軍承継問題では「一橋派」に組したので、安政の大獄に連座し、「辞官・蟄居」となりました。 文久2年(1862)には還俗し、関白・内覧となりましたが、王政復古にあたり、公武合体派として参朝差し止めとなり、隠居しました。 源平期の”近衛基通(もとみ...
  • 今週の話題から嵯峨野の青竹さんのプロフィール
しずかさん
  • 舌切茶屋と忠僕茶屋
  • 本姓は栗山、名は義重、通称は仲。丹波国桑田郡亀山藩山本村中条(後の京都府南桑田郡篠村山本中条、現在の亀岡市篠町山本中条)生まれ。京都清水寺成就院で出家。兄弟僧であった月照を支援し尊攘運動に身を投ずる。安政の大獄に連座して捕縛され、六角獄舎において、月照の行方について拷問を交えて問われるが全く白状せず、獄中で舌を噛み切って壁に頭を打ちつけて自害した。明治維新後従五位に列せられた。孫に陶磁器の人間国宝である近藤...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
マッキンさん
  • 大河ドラマ「西郷どん」第18話のあらすじ「流人 菊池源吾」
  • 更新していきますので良かったらこちらもご覧ください。より西郷どんの事が詳しくなること請け合いですよ。大河ドラマ・西郷どん(せごどん)のネタバレまとめ!西郷隆盛は〜前回の振り返り前回、大老井伊直弼による安政の大獄によって追い詰められた吉之助と月照は鹿児島まで逃げ切ることには成功します。しかしそこからが大変でした。久光父の斉興の影響力が復活した薩摩藩としては吉之助と月照を匿おうとはしません。そこで正助は必死の救...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
きよひとさん
  • NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」第18回「流人 菊池源吾」
  • ていた。人々は薩摩の苛酷な支配により黒糖作りを強いられていることを吉之助は島の娘・とぅま(二階堂ふみ)から教えられる。 島の娘・とうまは、通称・愛加那です。愛加那と名付けたのは西郷隆盛です。西郷隆盛が安政の大獄の際に、幕府の目から逃れる為、藩命により奄美大島に潜居した時の島妻です。愛加那本人は島妻制度により島に一人残ることとなる。西郷との間に生まれた長子は西郷菊次郎(後の京都市長他)。娘の菊草(きくそう)は...
  • 演歌、歌謡曲徒然歌日記きよひとさんのプロフィール
雪太郎さん
  • 奇跡の男
  • んの休みの日が入っていたのだが、散歩にもいけず、弥一郎はがっかりしていた。相棒くんの休みには雨が多い。普段の行いのせいであろう。さて、その雨に祟られた休みの日、録画してあった「西郷どん」を一緒に見た。安政の大獄で、討幕派が次々と捕まる時代。西郷どんは討幕派僧侶、月照を連れて、京から薩摩へ逃れるのだが、幕府に楯突きたくない藩の意向で、「日向送りの沙汰」が出される。「日向送りの沙汰」とは、宮崎との県境に連れてい...
  • 弥一郎チンピラ日記雪太郎さんのプロフィール

安政の大獄を含むトラコミュ

頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

安政の大獄について