雄株

雄株についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [雄株] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

雄株を含むブログ記事

世瑠美衣さん
  • [転載]今日の誕生花
  • ♪練習用2018/1/17(水) 午前 7:491月17日の誕生花は「フキノトウ」花言葉は「待望」です。雪解けの日当たりのいい地面から顔を出すふきのとう。初春の風物詩ともなっている。ふきのとうは雌株、雄株があり、白色の頭花の雌茎は開花後30cm以上にも伸び、白い冠毛をつけ種子を飛ばす。葉は丸く、花が終わった頃に同じ地下茎から伸びだす。転載元: 文四郎の「一日一文」この記事に>Yahoo!サービス>Ya...
  • 種子島民宿 セルヴィ日記世瑠美衣さんのプロフィール
文四郎さん
  • 今日の誕生花
  • 花練習用2018/1/17(水) 午前 5:091月17日の誕生花は「フキノトウ」花言葉は「待望」です。雪解けの日当たりのいい地面から顔を出すふきのとう。初春の風物詩ともなっている。ふきのとうは雌株、雄株があり、白色の頭花の雌茎は開花後30cm以上にも伸び、白い冠毛をつけ種子を飛ばす。葉は丸く、花が終わった頃に同じ地下茎から伸びだす。この記事に転載>Yahoo!サービス>Yahoo!ブログ>練習用●心...
  • 文四郎の『一日一文』文四郎さんのプロフィール
dorisanさん
  • (1月14日)青木の実食べたくもあり鳥になる♪
  • があり濃い緑色で光沢があり、縁に粗い鋸歯があり対生しています。黄色の斑入りの品種もあります。枝先に円錐状の花序を出して、4弁でチョコレート色の花を開花させます。雌雄異株で、雌株には雌しべのある雌花を、雄株には4本の雄しべのある雄花が咲きます。果実は楕円形で赤く熟し大変美しいです。名前の由来は樹皮が緑色であることからです。青木の実戸惑ふ寒さ身を焦がす(↓ 葉に斑入りの青木)★★ ☆ ★★☆ ★ ☆ ★★...
  • 天南星の魅力 & 山野草dorisanさんのプロフィール
熊本の花所さん
  • 熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年)
  • 017年11月29日熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年)  まだ本当の見頃には少し早かったです。それでも木全体が黄葉してきており、素晴らしい黄葉した姿を見られそうでした。 『このイチョウは雄株で、幹囲14メートル、樹高は42メートルある。ここは竜雲庵というお寺があった場所といわれ、この木はその寺の境内に平家落人の墓標として植えられたものと伝えられている。現在も阿弥陀堂がある。樹下には天文2...
  • 熊本の花所熊本の花所さんのプロフィール
勉報さん
  • 中学理科 入試対策単語問題集《植物》
  • という。4.デンプンにヨウ素をかけると(?)色になる。(2)松の花のつくり1.松の花には、2種類あり(?)花と雄花がある。2.雄花のりん片には(?)がある。3.また、松とは違いイチョウには、(?)株と雄株がある。(3)蒸散1.植物の体の中の水が水蒸気として体から出ていくことを(?)という。2.また、植物が(?)する際に通る穴を(?)という。3.(?)の細胞の周りの細胞を(?)という。4.植物の道管と師...
  • 勉報勉報さんのプロフィール
林の子さん
  • イヌビワ(犬枇杷)
  • イヌビワ(犬枇杷)2018-01-09 |冬芽・葉痕今年はもう一度、イヌビワコバチを撮ってみようと思う。ここには雄株と雌株が揃っている。イヌビワ(犬枇杷)?クワ科イチジク属 Ficus erectaイヌビワはイチジク、ビワはバラ科植物、花の仕組みは全く違う。(2018.01.07?明石公園)−−−−−−−−−−−−...
  • HAYASHI-NO-KO 2林の子さんのプロフィール
窪田さん
  • マルバアオダモは冬の・・
  • 急速に葉や花をを展開していく 冬のあいだ長く変わらずに見えていたが 葉や花が展開していくのはあっという間の出来事のように見えるマルバアオダモは4月じゅう花を見ることができる 雌雄別株で雌株には両性花、雄株には雄花が咲くマルバアオダモの花咲く光景はほんわり柔らかそうな感じ とくに雄株の花咲く光景が、ほわほわ気持ちよさそうな光景だ 冬芽に続いて花咲く時期も目立つマルバアオダモだ花がおわるとまもなく細長い独...
  • 神戸の花と木(今の花と木の様子)窪田さんのプロフィール
涯 如水さん
  • 癒しの樹々の物語 =004=
  • 訪れた際、この子授け銀杏もカメラに収め、その物語に耳を傾けた。ナショナル ジオグラフィックの『心に響く 樹々の物語』に、その一枚が収録されている。イチョウは雌雄異株、つまり雄の木と雌の木がある植物だ。雄株は花粉を生じ、受粉した雌株は、地面に落ちると強烈な臭いを放つ実をつける。ちなみに鬼子母神堂に祀られている神様は女性だが、このイチョウは雄株だ。?=参考資料・文献=鬼子母神鬼子母神は、夜叉毘沙門天の部下...
  • 壺公夢想涯 如水さんのプロフィール
fujiさん
  • アスパラガスの育て方|10年も続けて収穫できます
  • 地際から切り取って収穫します。春の追肥は今までどおり行い、収穫後にもお礼肥をします。何本かは収穫せずに成長させると、8年ほど収穫が続けられます。 その後は株分けして作り直します。雌雄異株で、太いほうが雄株です。■病害虫過湿になると斑点病などが発生します。風通しが悪いと、カイガラムシが発生することがあります。幼虫は比較的薬剤が効きやすいので早期発見、早期駆除を心がけます。...
  • 野菜と果樹の育て方|初心者も簡単栽培で大収穫!!fujiさんのプロフィール
しゅんさん
  • 葉山アルプス芽塚(215m)冬の山の彩です
  • を感じますこちらも日本原産のアオキこの時期の赤い実はめでたさが感じさせます万両や千両みたいな感じでお正月の彩を感じますちょっと前だとクリスマスかな赤い実は海外でも人気らしくアオキの株を持ち帰ったところ雄株だったために実が実らなかったという逸話もあります赤い実は雌株だけの特権皮を剥くと白い胚乳がみられますこの胚乳が栄養たっぷりで鳥が好みます実を指ではじくとピュ〜ンと5mは飛んでいくほど弾力性がありますよ...
  • しゅんのブログ〜身近な自然里山をたずねて〜しゅんさんのプロフィール

雄株を含むブログ村メンバー

  •  
小峯瑞雄さん