雄株

雄株についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [雄株] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

雄株を含むブログ記事

植物画とキノコグッズの部屋さん
  • カエデドコロ
  • 部屋です。カエデドコロ2018-09-25 |植物画(水彩)工場のフェンスにからまっていた。花が咲いていたが、細かすぎて描けませんでした。中央にあるのは貼り付けた実物。カエデドコロは雌雄異株で、これは雄株でした。オレンジ色の花がきれいです。『絵画』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村«ドイツトウヒ?の球果 |トップ |こ...
  • 植物画とキノコグッズの部屋植物画とキノコグッズの部屋さんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 郵便の歴史 -飛脚から郵政民営化での歩みを語る-
  • (写真はイメージです)郵便は当初官のための組織であった、前島密はユニバーサルサービスの重要性に着目した。郵便の歴史 -飛脚から郵政民営化での歩みを語る-井上卓郎, 星名定雄株式会社鳴美私の感想郵便の歴史はユニバーサルサービスの歴史と言える本書は江戸時代の飛脚の解説から始まり、郵便設立期の詳細な解説である。郵便の誕生江戸幕府が解説すると、江戸を中心とした街道整備が急速に進め...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
uesanさん
  • カナムグラの雄花
  • 10:01:11 |山野草カナムグラ(鉄葎)の雄花<アカ科 カラハナソウ属>原野や路傍、河原などの荒地に生育している。雌雄の異株のつる性植物で木や電柱、ガードレール等に絡みつく。花期は8月〜10月で、雄株は分枝した花茎を伸ばし、多数の淡緑色の花をつける。雌花は受粉後に成熟して果実となると赤紫色を帯びる。(撮影場所:京都市西京区大原野)撮影日:2018/9/18『写真』 ジャンルのランキングランキングに...
  • 花と野草の写真集uesanさんのプロフィール
風の遊子さん
  • 「楽書き雑記「若いイチョウに枝もたわわに生るギンナン=名古屋の鉄道高架沿いの街路樹」」
  • ョウに生るギンナンを見たのは久々のような気がします。 イチョウ並木にギンナンが少なくなったのは、あの強烈な臭いのため。イチョウはいいが、落ちたギンナンの臭いだけは嫌だというわけで、街路樹は実の生らない雄株だけを植えることが多くなったようです。若木のギンナンに出会ったのは、名古屋駅から南に向かって、新幹線と東海道線、中央線、名鉄が並んで走る高架鉄道沿いに延びる名駅通りの歩道の街路樹。 名古屋駅寄りの??...
  • 風の遊子の楽がきノート風の遊子さんのプロフィール
谺 拓山さん
  • 植物相調査(アオハダ(実)・他)
  • いたものも、すべて調べなければなりません。いろいろ教えてもらえるのですが、次々に忘れてしまいます。 .今回はこの地域でアオハダの実を初めて見ました。アオハダの木は沢山あるのですが、雌雄異株でほとんどが雄株なのか、今までこのエリアでは実を見たことはありませんでした。.アオハダ(実)..アオハダ(実)..ヤマコウバシ(実)..ナツハゼ(実)..ナツハゼ(実)..ゴンズイ(実)..ガマズミ(実)..オトコヨ...
  • 谺 拓山のブログ谺 拓山さんのプロフィール
キャロットケーキさん
  • キンモクセイの花
  • 前から9月下旬に早まり、一昨日までは蕾だったのが今日は真新しい深黄色の花を咲かせていました(写真上)。直径4〜5?ほどの小さな花で、花冠は四深裂し・雄しべが2個あり(写真下)、雌雄異株ですが・日本には雄株しかない(山と渓谷社・「樹に咲く花」から)ということです。蕾の時期には香りを発することはなく......
  • 樹木見て歩きキャロットケーキさんのプロフィール
しんでらさん
iwanonさん
  • 金木犀(キンモクセイ)
  • セイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。主に庭木として観賞用に植えられている。秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ...
  • 日々の走り書きiwanonさんのプロフィール
こましゃんさん
  • ヒオウギ*ムラサキシキブ*ワレモコウ*カナムグラ
  • 思いますが、コムラサキとの区別が難しく、自信はありません。「ワレモコウ」はバラ科でしたね。地味な花ですが、小さな蜂が吸蜜に来ていました。クワ科あらためアサ科の「カナムグラ」。雌雄異株の蔓植物で、写真は雄株。薄緑色の花がたくさんついているのですが、小さくて、風に揺れていたので、撮るのをあきらめ、大きく立派な葉っぱを撮りました。見上げているので、葉の裏側です。カナムグラの茎や葉柄には下向きのトゲがあり、他...
  • 私目線。こましゃんさんのプロフィール
野崎利晃さん
  • 食養生の基礎 フキノトウ(蕗の薹)
  • 雄株)(雌株) フキノトウ[気味]苦、温[帰経]肺・肝                                  ‘[主治]肺を温め、咳を治し、痰を消し、肝を洗い、目を明らかにし、中風の症を治す。...
  • 不妊治療を頑張る女性のために野崎利晃さんのプロフィール

雄株を含むブログ村メンバー

  •  
小峯瑞雄さん