菅原文太

菅原文太についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 二つ目の巨星落つ☆ミ 
  • [菅原文太] ブログ村キーワード高倉健さんの後を追うように、菅原文太さんが逝去されました。。。失礼ながら、菅原文太さんのイメージは“ヤクザ”“荒くれ者”と思っていたこともあって健さんのように、映画も観る機会に恵まれませんでした。実際、私生活でも若い頃は映画の中のようなとんがった感じで知人のお子さまが文太さんの家に隣接する保育園に通っていたのですが、『子供がうるさい?!』 ということで、その保育園は閉・・・続きを読む
  • 薬剤師の不養生 モービック(mobic)さんモービック(mobic)さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

菅原文太を含むブログ記事

シネマニア2016さん
  • 緋牡丹博徒 一宿一飯
  • ◇鈴木則文監督◆藤純子、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、水島道太郎、西村晃、待田京介、山城新伍、玉川良一、城野ゆき、白木マリ、村井國夫、小島慶四郎  肥後・五木の博徒「矢野組」の組長だった父親を殺されて一家離散の憂き目に遭った緋牡丹お竜(藤純子)は、矢野...
  • シネマニアの日記シネマニア2016さんのプロフィール
山旅天空倶楽部さん
  • 本日のテレビ番組で感激の松坂桃李など3題は?
  • 実がおいしいので人が集まり、その下には自然に道ができる。りっぱな人のもとにも自然と人が慕い集まることのたとえ。松坂桃李が「スラっと暗唱」して答えたのが心象に残りました。お父様は泣いて喜びますね。俳優の菅原文太さんが亡くなった時、奥様がインタビューにサラっと答えた「落花は枝に還らずとも」(会津藩士の手紙)「あした(朝)に道を聞かずとも 夕べに死すとも可なり」(論語)二つの言葉に感激して以来です。2.夜のNH...
  • 山旅天空倶楽部山旅天空倶楽部さんのプロフィール
にじの家さん
  • 仁義なき戦い
  • 1973年の作品美能幸三が、獄中で書き綴った手記をベースに飯島晃一の書いた小説の映画化主演、菅原文太この映画を何十回観ただろうか何回観ても全く飽きることが無い。この映画のヒットにより実録物の映画が沢山作られているが「仁義なき戦い」を超える映画は無いような気がする。その後のシリーズも面白かった。それに...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール
ままちゃんさん
  • 外食と癌の関係
  • 夏木陽介さんが亡くなった。81歳だから高齢ではあった。腎癌だったらしい。高倉健、菅原文太、渥美清・・・。夏木陽介さんは生涯独身だった。外食が主な食事だったろう。何故にこれほど俳優さんや芸能人の癌死が多いのか?まー、一般人でも二人に一人が癌で死ぬというが・・・。僕は外食がその一因ではないか...
  • 気弱親父の喘息日記ままちゃんさんのプロフィール
大津留公彦さん
  • 憲法九条を守れ!?(著名人編)
  • ?2018年1月?1?8日?憲法九条を守れ!?(著名人編)大津留公彦辺野古まで出かけて行きし菅原文太戦争のない国を望みて九条を素朴に褒めし愛川欽也戦争のない幸せを言う東京五輪の閉会式の行進にタモリに言いし平和とはこれ戦争の為に税金使うなら税金返せとさんまの名言坂本龍一の戦場のメリークリスマスニューマ...
  • 大津留公彦のブログ2大津留公彦さんのプロフィール
スギノイチさん
  • 『現代任侠史』 何がしたいのかちょっとわからない
  • 」というテーマだ。現代ヤクザ世界での高倉健は案の定ジャケット写真通りに浮いていて、映画のトーンもチグハグだ。『現代任侠史』(1973)監督 石井輝男主演 高倉健鶴田浩二の『博打打ちシリーズ』後半とか、菅原文太の『現代やくざシリーズ』とか、作品全体が任侠から実録的なトーンに変化しつつある映画というのはあるが、これは“実録”的な世界を明確に構築した上で、無理矢理“任侠”をブチ込んでいる。これがまさしく水と油で...
  • 狂い咲きシネマロードスギノイチさんのプロフィール
マスターさん
  • 「【goo】劇団四季出身の有名人ランキング」
  • 『【goo】劇団四季出身の有名人ランキング』1位 横山だいすけ2位 菅原文太3位 速水奨4位 石坂浩二5位 川?麻世6位 吉田鋼太郎7位 市村正親8位 大和田伸也9位 加藤雅也10位 鹿賀丈史※発表:gooランキング※2017年9月10日付今日もがんばります。では、また次回...
  • エンタメの殿堂マスターさんのプロフィール
へいさんさん
  • 【悲報】「ゲド戦記」を4年ぶりに放送した結果wwwwwwwwww
  • 率が15日、10・2%(関東地区)だったことが9日、ビデオリサーチの調べで分かった。  2006年7月に映画が公開。テレビ放送は4回目。主人公アレンの声はV6岡田准一が担当。ハイタカ(ゲド)役には故菅原文太さんが務めている。  多島海世界「アースシー」の西海域の果てにすむ竜が人間の住む東海域の海に現れる。それに呼応して世界で異変が起こり始める。災いの根源を突きとめる旅に出た魔法使いハイタカが、父の国王...
  • 芸能まとめ速報ニュ−スへいさんさんのプロフィール
tsuyosiさん
  • スタジオジブリ「ゲド戦記」4年ぶり放送 平均視聴率は10・2%(関東地区)
  • 率が15日、10・2%(関東地区)だったことが9日、ビデオリサーチの調べで分かった。 2006年7月に映画が公開。テレビ放送は4回目。主人公アレンの声はV6岡田准一が担当。ハイタカ(ゲド)役には故菅原文太さんが務めている。 多島海世界「アースシー」の西海域の果てにすむ竜が人間の住む東海域の海に現れる。それに呼応して世界で異変が起こり始める。災いの根源を突きとめる旅に出た魔法使いハイタカが、父の国王...
  • ツイッター速報♪(o ̄∇ ̄)/ tsuyosiさんのプロフィール
曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなさん
  • 名護市長選結果は翁長体制存否に直結する
  • を結集するべきである。その上で、本年末に予定されている沖縄県知事選への対応をゼロベースで検討するべきである。2014年11月1日に沖縄県那覇市で開催された「オナガ雄志うまんちゅ1万人大集会」に出席した菅原文太さん(故人)によるスピーチを改めて振り返るべきだ。菅原文太さんはこう述べた。「(仲井真知事は)いま、もっとも危険な政権と手を結んだ。沖縄の人々を裏切り、公約を反故にして、辺野古を売り渡した。」そのうえ...
  • 曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

菅原文太について