マハトマ・ガンジー

マハトマ・ガンジーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [マハトマ・ガンジー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

マハトマ・ガンジーを含むブログ記事

ハピネスさん
  • 〈歌声高く 誕生40周年の学会歌〉4 人生の旅
  • ――地涌の大使命に勇み立つ壮年部の友(2017年3月、東北文化会館で行われた全国壮年部幹部会で)  「いかなる困難こんなんも、自みずからの使命に信念をもつ人びとを挫ざ折せつさせることはできない」(マハトマ・ガンジー) 現実社会の厳きびしき試し練れんの荒波あらなみを、不ふ退たいの信心で耐たえ忍しのび、勝ち越こえ、広布の使命を敢然かんぜんと果たしゆく師子王こそ我ら壮年部である。 待望の新壮年部歌「人生の旅」の完成が...
  • 希望という名の翼ハピネスさんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その3) ―ブッダのルーツの真実―  
  • ア王朝時代)は、「カリンガの闘い」での大量の殺戮。報いを恐れ不戦と不殺生を誓い、ブッダ教を深く崇拝。(ブッダ教の普及) また、インドが第一次世界大戦後英国からの独立運動(インド国民会議)を起こした際、マハトマ・ガンジーが非暴力の不服従運動。(不殺生、非暴力の実践) 翻って見ると、ブッダの時代は、インド亜大陸においてア―リアン・グループの流入と先住グループとの戦いを繰り返しながら16大国が群雄割拠していた時代であり、...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
Kamoさん
tamakaiさん
  • 心に傷を受けて前向きになれない時
  • 在、№1〜№20までありますが、心のダメージに飲み込まれる前に、能動的に何とかするのであれば、№1の「心が壊れるかどうかの決定的な違い」書いた「移動」することの重要性が傷に負けないための方法論です。「マハトマ・ガンジーの言葉を通して考える努力の意味?」に、マハトマ・ガンジーの言葉を引用です。「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世...
  • 「愛はある」と伝えたいtamakaiさんのプロフィール
なないろマルシェさん
  • 今日一日を元気に過ごす!名言・格言集♪(9)
  •  少なくとも人を憎むという悩みより脱せよ。  許すことができなければ、せめてはその悪を忘れよ。 (アルフレッド・ド・ミュッセ)弱い者ほど相手を許すことができない。  許すということは、強さの証だ。 (マハトマ・ガンジー)人生における幸福は、平静さを失わない性格、忍耐力と寛容、  周囲の人たちへの好意や思いやりなどに左右される部分が大きい。  (プラトン) 今日1日が皆様にとって素敵な日となりますように...
  • 77iro-marche(なないろマルシェ)のブログなないろマルシェさんのプロフィール
豊後国主さん
  • インド国賓訪問の文大統領 「インドと交流は2000年前から…」
  • ンドは多くの青年が基礎科学やソフトウェア分野で頭角を現わしていて、韓国は優秀な製造・商用化技術を有している」と期待を表した。文大統領は北核問題に関連しては「平和への道はない。平和こそが道なのだ」というマハトマ・ガンジーの名言を引用した後、「私や我が国民は韓半島で再び戦争が起きてはならないという確固たる立場がある。北核問題の平和的解決と韓半島平和体制、共同繁栄という土台の上に恒久的平和を築きたい」と明らかにした。また...
  • 豊後国主、jrのブログ日誌豊後国主さんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その3) ―ブッダのルーツの真実―  
  • ア王朝時代)は、「カリンガの闘い」での大量の殺戮。報いを恐れ不戦と不殺生を誓い、ブッダ教を深く崇拝。(ブッダ教の普及) また、インドが第一次世界大戦後英国からの独立運動(インド国民会議)を起こした際、マハトマ・ガンジーが非暴力の不服従運動。(不殺生、非暴力の実践) 翻って見ると、ブッダの時代は、インド亜大陸においてア―リアン・グループの流入と先住グループとの戦いを繰り返しながら16大国が群雄割拠していた時代であり、...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その3) ―ブッダのルーツの真実― 
  • ア王朝時代)は、「カリンガの闘い」での大量の殺戮。報いを恐れ不戦と不殺生を誓い、ブッダ教を深く崇拝。(ブッダ教の普及) また、インドが第一次世界大戦後英国からの独立運動(インド国民会議)を起こした際、マハトマ・ガンジーが非暴力の不服従運動。(不殺生、非暴力の実践) 翻って見ると、ブッダの時代は、インド亜大陸においてア―リアン・グループの流入と先住グループとの戦いを繰り返しながら16大国が群雄割拠していた時代であり、...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール

マハトマ・ガンジーを含むブログ村メンバー

  •  
マハトマ・ガンジーさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

マハトマ・ガンジーについて