バイロイト

バイロイトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [バイロイト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

バイロイトを含むブログ記事

michelangeloさん
  • 「解れぬ赤い糸」「レパートリー」≠「ファッション」
  • で、確実なことは言えないながら、Mrにはない魅力に包まれたら良いな〜と期待している。 だからと言って、Mrと別れるわけでは決してない(笑)たかが約6年の付き合いとは言え、相手の本拠地ドレスデンに行き、バイロイトの帝王としてのワーグナー語りも聴いた。あえて他の指揮者を避けた時期は短くなく、その価値と努力は今になり何十倍にもなり返って来ている。基本はカラヤン氏のカラヤン盤ながら、幸いカラヤン氏こそがオペラとシン...
  • michelangelo Art is my lifemichelangeloさんのプロフィール
fm-woodstockさん
Wein, Weib und Gesangさん
  • 思し召しのストリーミング
  • 芸術を読み解くことが出来ないのである。そのような演奏がキリル・ペトレンコの芸術である。後半の「ヴァルキューレ」第一幕も想定以上に所謂蓋の無い演奏実践として興味が尽きないが、あと三カ月もすれば2015年バイロイト以降初めての「ヴァルキューレ」演奏となるので、年末年始にこの録音も参考にして集中して触れたい。今回の舞台での演奏は、歌手の適役などの問題は明らかだが、来る一月の公演で必ず大きな意味をもってくると思うの...
  • Wein, Weib und GesangWein, Weib und Gesangさんのプロフィール
うたえもんFlさん
  • 伝統と革新と/ルツェルン祝祭管弦楽団を聞いて
  • のライブ録画、BSで流れるのを見て、 「うわー、めっちゃ上手い!さすがBPO系!」って 勝手に思ってましたねぇ。そんなこんな、の、いわゆる「フェスティバルオーケストラ」。 たしか?たぶん?同様なのが、バイロイトですよね。 あそこもドイツ中から奏者が集まって、 ただひたすらワグナーに浸る・・・という図式だったはず。そう思うと、やっぱり「腕の立つオールスターが集まったオケ」 ってのが一番正確な説明、なんでしょね...
  • uta's world SideAうたえもんFlさんのプロフィール
mp1922さん
  • 下野竜也指揮のN響定期演奏会
  • 、とも言える。?ベルクのヴァイオリン協奏曲 は、新ウィーン学派の作品の中では、在京の定期演奏会ですら、例外的に頻繁に取り上げられる作品。クララ・ジュミ・カンの実演は、2010年以来、おそらく、4度目。バイロイト音楽祭でも有名な歌手フィリップ・カンの娘。フィリップ・カンは、たしか、クプファー演出の「リング」(バレンボイム指揮)のDVDに登場していたはず。ワグネリアンでもないので、あまり詳しくはないので、不正確...
  • 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
Lunaさん
  • [オペラ] ワーグナー/「神々の黄昏」 3回目 (2017/10 新国立劇場)
  • サン・フランシスコ オペラ・サンフランシスコ  D. Runnicles指揮 6月・サンクト・ペテルスブルグ マリインスキー劇場  V.Gergiev指揮他 3月  案外上演されています。この他、聖地バイロイトでも、今年はないのかも知れませんが、基本毎年上演されています。1週間ではなく、毎年1作品であれば、日本では、まだ「びわ湖ホール」の上演や、名古屋の「愛知祝祭管弦楽団」の公演もあります。 「ニーベルング...
  • Blog di LunaLunaさんのプロフィール
デジレさん
  • 『ニーベルングの指環』第3日 ワーグナー究極の楽劇
  • か、ハーゲンに魅力的なアリアは一切与えていません。ワークナーは脚本であえて主役の不在にすることで、本当の主役は音楽そのものであることを強調したかったのかもしれません。今回の舞台の感想ジークフリート役はバイロイト音楽祭でこの役を何度も歌っている世界的なワーグナー歌手・ステファン・グールドが演じました。今回の新国立劇場の『ニーベルングの指環』では、『ラインの黄金』でローゲ、『ワルキューレ』でジークムント、『ジー...
  • 心に残った自然とアートデジレさんのプロフィール
michelangeloさん
  • 「原画と複製」「実演と録音」「指揮者とプロデューサー」
  • 言う感覚はまるでなかった。Mrとの初対面においても、1ミリさえ狂いない想像通りの人。芸術の面白さを感じる瞬間は、非日常ではなく日常のシーンだと感じる。サントリーホールの椅子、ザクセン州立歌劇場の椅子、バイロイト祝祭劇場の椅子、其々にアイデアがあり秘密が隠されている。私が何時も大切にしているのは、小さな変化に気付ける「ゆとり」を持つこと。かなり馬鹿げた話ながら、今年8月に再会が果たせた時に見たMr(笑)何処か...
  • michelangelo Art is my lifemichelangeloさんのプロフィール
fm-woodstockさん
猫と惑星系さん
  • 地球とティアは正面衝突
  • tuteのRobin Canupによって別々に行われました。サイエンス紙の共著者はヤング研究所の研究員であるIssaku Kohlです。地球、惑星、宇宙科学のUCLA研究部のPaul Warren氏、バイロイト大学バイエルン地方のGeoinstitutの研究教授であるDavid Rubieは、とSeth JacobsonとAlessandro Morbidelli、フランスのLaboratoire Lagr...
  • 猫と惑星系猫と惑星系さんのプロフィール

バイロイトを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

バイロイトについて