左大臣

左大臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [左大臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

左大臣を含むブログ記事

徳薙 零己さん
  • マネジメント 3 外部環境分析 4
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
mataponさん
  • 太宰府天満宮 [福岡県]
  • す。境内は非常に広くて見どころも多く、名物の梅ヶ枝餅が周辺の至るところで販売されています。神社概要由緒由緒書などによれば、朝廷で右大臣として活躍していた菅原道真公が、昌泰4年(901年)に政敵であった左大臣・藤原時平の讒言によって謀反の罪を得て 大宰府に左遷されることになり、延喜3年(903年)2月25日に大宰府政庁の南館(現在の榎社)で薨去したとされます。道真公の死後、門弟であった味酒安行(うまさけや...
  • 人文研究見聞録mataponさんのプロフィール
カズジイさん
  • 紅葉の戸隠神社参拝・・1
  • となりました。 9時45分戸隠神社奥社の駐車場に着き奥社参道を片道約1時間歩き奥社の参拝をしました。 参道は巨木の杉並木の道で並木の間の紅葉を眺めながらで疲れずに歩く事が出来ました。 随神門は右大臣と左大臣が守っています。 杉並木には倒木や傷ついた木々もあります。 危険な倒木は伐採しているようです。 ご神木にしめ縄が飾られています。 奥社神殿の石段近くに来ると紅葉が盛りでした。(続く)...
  • カズジイのブログカズジイさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 茶漬け(7)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
徳薙 零己さん
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 129/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
sekiraiさん
  • 1708 渉成園 蘆菴
  • 大島に建てられた茶室「煎茶三席」の「飯店」回棹廊北大島へ渡る為の木橋代笠席「煎茶三席」の「茶店」臨池亭・滴翠軒二棟の書院園林堂持仏堂傍花閣楼門作りで、2階には4畳半の部屋がある源融ゆかりの塔平安時代の左大臣・源融の供養塔かつてこの地は源融の邸宅 「六条河原院」があったとされていた場所ちなみに源融は「源氏物語」の主人公・光源氏のモデルとされる人物印月池と南北2つの大島大島は豊臣秀吉の築かせた御土居だったそ...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 128/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 127/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール

左大臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 『三職推任問題』 信長はどの官職を望んだか?レス: 0/23(112件)歴史ブログ
  • に右大臣、右近衛大将を辞したときからもはや官職には就く気はなかったのでは?と思っています。天正九年に左大臣を推任されたが辞退した?らしいですし。暦問題などでも思うところですがやはり、朝廷云々を前提とせずに政...

にほんブログ村

>

キーワード

>

左大臣について