左大臣

左大臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [左大臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

左大臣を含むブログ記事

hidさん
  • 菅原神社 笠岡市 陶製?狛犬と江戸尾道
  • 全体表示リスト菅原神社 笠岡市吉浜菅原神社 笠岡市 陶製?狛犬と江戸尾道クリップ追加神社・仏閣 岡山練習用2017/9/9(土) 午前 0:22菅原神社 笠岡市 陶製?狛犬と江戸尾道吽形 右大臣阿形 左大臣随神さんの裏は狛犬大原焼?瓦?新しそうな狛犬です丁寧な彫りです台の飾りも見事です凄い爪台の横に昭和拾貮(12)丁丑年 南京陥落記念拝殿入口木漏れ日で写しにくいです見事な江戸尾道です嘉永元年(1848)...
  • ZRX1200Sツーリング城hidさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 95/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「平安京物語」51“御願寺六勝寺”
  • 事は無かった。このため、5代の在位の天皇の御願寺である「五勝寺」と待賢門院の御願寺である円勝寺をまとめて六勝寺と称されるようになった。 ○法勝寺・法勝寺(ほっしょうじ)。落慶は承暦元年(1077年)、左大臣藤原師実の寄進と白河天皇の御願による。鴨東白河の地において御願寺として最初に創建され、後に六勝寺の筆頭寺院として最大の規模を誇った。南庭には高さ80メートルに達する巨大な八角九重塔が聳え、東海道に京の...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 94/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
KYさん
  • 建築の神? 北野天満宮 梅 『梅は1月1日と2月3日の誕生花』
  • の神? 北野天満宮 紅葉 『筋違いの本殿』 より続く〜?飛梅全国に天満宮は数多くあるが、たいてい境内には梅が植えられている。これはもちろん、天満宮の御祭神である菅原道真の飛梅伝説に基づくものだろう。左大臣・藤原時平は「右大臣の菅原道真は謀反を企てている」と醍醐天皇に讒言した。醍醐天皇は時平の言葉を信じて道真を大宰府に左遷することにした。都から大宰府に向かうとき、道真は「東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花...
  • 旅 free styleKYさんのプロフィール
徳薙 零己さん
ひこいちの歴史研究さん
  • 京都古社寺探訪」菅原院天満宮神社・京都府京都市上
  • 清公を祀る。親子三代の邸宅、道真公生誕の地と伝えられる(生誕の地には異説もあり、菅原道真#生涯を参照)。菅公聖蹟二十五拝の第1番。通称烏丸の天神さん。親子三代の邸宅で菅原院(すがわらいん)がその前身。左大臣・藤原時平によって大宰府に左遷させられた道真は都に戻ることなく延喜3年(903年)に薨去。その後、京の都には異変が相次いだ。その菩提を弔うためにこの地に歓喜光寺が建立された。寺は後「六条道場」と称し、...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 92/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「平安京物語」48 “強権道長の人間像”藤原一族の他氏家
  • は弟の道長を寵愛し、甥の伊周を疎んじた。 こうして強権道長は康保三年(966〜1027)父兼家、母は藤原中正の娘、一条天皇が即位し父兼家が摂政となって少納言、参議を経ないで権中納言になった。 妻倫子は左大臣源雅信の娘、道子との結婚は道長二十二歳、倫子二十四歳で二歳年上である。左大臣源雅信は、行く行くは女御(天皇の側室に高位な女官)にしたいと思っていたが、その折には適齢の天皇がいなかったところに道長が熱心...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 91/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • を見るテーマブログ ( 36 )わかりあえるはず ( 60 )獅子光臨 ( 60 )あおひとくさ ( 88 )ほしがき ( 30 )朴正煕の野望 ( 60 )せむかた ( 150 )共喰 ( 62 )左大臣時平 ( 123 )蟹工船の時代 ( 31 )苦悶の捕虜 ( 10 )安殿親王と薬子 ( 51 )北家起つ ( 120 )中納言良房 ( 182 )あこな ( 60 )応天門燃ゆ ( 243 )山崎の...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール

左大臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 『三職推任問題』 信長はどの官職を望んだか?レス: 0/23(112件)歴史ブログ
  • に右大臣、右近衛大将を辞したときからもはや官職には就く気はなかったのでは?と思っています。天正九年に左大臣を推任されたが辞退した?らしいですし。暦問題などでも思うところですがやはり、朝廷云々を前提とせずに政...

にほんブログ村

>

キーワード

>

左大臣について