生長の家

生長の家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [生長の家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

生長の家を含むブログ記事

Kayさん
  • 何とかなる
  • 類に貢献し、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を授与された橋本健氏(理学博士)とは、昔、ネットで交流したが、私は、その人間性の高さに感服した。その橋本氏の、どの著作だったかは忘れたのだが、彼が信仰していた生長の家の関係かもしれないが、「神の力、流れ入る流れ入る」という言葉は、ちょっと宗教的で抵抗を覚える人もいるかもしれないが、良いアファーメーションでもあると思う。これを唱えることで、円滑現象といって、全てがう...
  • ITスペシャリストが語る芸術(新)Kayさんのプロフィール
なでしこBLOGさん
  • 1年前の記事
  • る「祝い事」カテゴリの最新記事1年前の記事スーパーの敷地で:夏祭りが始まった 1年前の記事夏祭り街の賑わい;2か所の予告 1年前の記事入り日と月と街暮れなずむ街と上弦の月 夕空とロマンフェスタでの写真生長の家;三重教区のフェスター2記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 1年前の記事プロフィール読者登録中読者になる読者になる性別女性都道府県三重県自己紹介短歌と俳句が大...
  • なでしこBLOGなでしこBLOGさんのプロフィール
Hiroshi Onishiさん
  • 空海からの伝言(24)
  • うる教師のいない現実の中で逃げ続けるか、正面から対峙するかの二者択一を私に迫ってきたのです。そのため一時の避難所としてルーテル教会の信徒の群れに身を置いてみたり、「生命の實相」の谷口雅春氏に惹かれて「生長の家」を訪ねたりと宗教遍歴を重ねてみたこともありました。それらはすべて良き体験として、以後の私の一部となり、必要な時はいつでも取り出せる記憶の引き出しの中に大切に保管されています。人はその場その場の善悪の...
  • アトランティスからの伝言Hiroshi Onishiさんのプロフィール
宝当仙人さん
保守派学生連盟播磨支部代表さん
  • ヴィーガニズムという希望――谷口雅春先生の予言と気候変動や食糧危機の解決への道
  • ていなかったら、日本にトルーマンは原爆を落とさなかったであろうし、ヴェトナムのあのような戦争は起さなかったのではないでしょうか。」(谷口雅春先生『心と食物と人相と』p.54) これは冷戦の頃に記された生長の家創始者・谷口雅春先生の文章です。 雅春先生は「動物を殺して食べてながら、人類だけが平和を実現しようと思っても不可能だ」と主張されていました。 当時の多くの人は、雅春先生の主張を「宗教家の理想論」と思わ...
  • オザワイズム宣言保守派学生連盟播磨支部代表さんのプロフィール
宝当仙人さん
NOBORU CutUpさん
  • 8月6日(月)のつぶやき その1
  • ki (@inosenaoki)2018年8月5日 - 21:36公明党は公闇党 … なぜ自民党と一緒になっているのか、さっぱり分からない。ただの「保身」政党にしか見えない! 日本会議の宗教的淵源は「生長の家」! 創価学会はどうするの? twitter.com/yukinokakera/s… ― みんくま草 (@greenminkuma)2018年8月6日 - 01:27人類はいずれブラックホールからエネ...
  • NOBORU CutUpNOBORU CutUpさんのプロフィール
なでしこBLOGさん
  • スーパーの敷地で:夏祭りが始まった 
  • ントを投稿する「祝い事」カテゴリの最新記事スーパーの敷地で:夏祭りが始まった 1年前の記事夏祭り街の賑わい;2か所の予告 1年前の記事入り日と月と街暮れなずむ街と上弦の月 夕空とロマンフェスタでの写真生長の家;三重教区のフェスター2生長の家の三重教区のフェスタで記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 迷探偵:コンナンの推理プロフィール読者登録中読者になる読者になる性別...
  • なでしこBLOGなでしこBLOGさんのプロフィール

生長の家を含むブログ村メンバー

  •  
きみかさん
まありんさん
  • LIFE〜私達の原点まありんさんのプロフィール
  • 平成20年9月27日生長の家東京第一教区青年会ECO文化祭 開催!

にほんブログ村

>

キーワード

>

生長の家について