新大統領

新大統領についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新大統領] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新大統領を含むブログ記事

win_winさん
  • [2017/10/22]今週の日経平均の見通し
  • と景気後退が長引く懸念があります。また、直近のLIBOR金利がここ5年来の高値を更新し続けており金融不安再燃の可能性が意識されています。一方、好材料としては米国の緩やかな利上げペースの可能性、トランプ新大統領の政策期待、日銀による2%のインフレターゲットの設定やマイナス金利導入と80兆の国債・6兆円のETF購入などの金融緩和措置に加え、長期金利操作と金融緩和の継続期間明確化や、ECBによる政策金利はマイナ...
  • 日経平均の予想win_winさんのプロフィール
小野勝広/医療コンサルタントさん
  • トランプ新大統領誕生で世界はこうなる
  • ポートするジーネット株式会社の小野勝広です。 先週に引き続き国際政治を学びました。池上・佐藤コンビも実に勉強になりましたが、今回は長谷川・田原コンビです。 よって今回のブログのタイトルは、『トランプ新大統領誕生で世界はこうなる』といたしました。 【 目次 】1、本書をピックアップした理由2、目次3、感想4、個人的な評価 1、本書をピックアップした理由『トランプ新大統領誕生で世界はこうなる』長谷川 慶太郎...
  • ある医師専門の転職コンサルタントのブログ小野勝広/医療コンサルタントさんのプロフィール
ppbearさん
  • 中国人は関西ではなく東京になぜ住むのか?
  • は。国民の新聞離れ、ここまで来ていた!最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。在日米軍の駐留費用負担額っていくら?世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。タグアンケートイスラムグルメサッカートランプ大統領フランスプロスポーツロシア中国人口問題北朝鮮原発問題国会議員国際比較国際社会子育て広告業界日本の実態日本の政治暦東京オリンピック東京都温泉災害...
  • シニアおやじの徒然日記ppbearさんのプロフィール
EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さん
  • 中国政治:世界最強の指導者・習近平
  • いる。 習氏は今年1月のダボス会議に集まった世界のエリートたちに、自分はグローバル化も自由貿易も、そして気候変動に関するパリ協定も支持すると約束した。これを聞いた人々は喜び、ほっと胸をなで下ろした。 新大統領に決まったトランプ氏が正しいことのために立ち上がってくれなくとも、少なくとも大国の一角が擁護する用意があると述べている、と考えたからだ。 習氏の発言が注目されるのは、1つには、その裏付けとなる外貨準備...
  • EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さんのプロフィール
ひみこさん
  • 仮面舞踏会
  • BLACK&WHITEの床 黒の帽子 赤のスーツ&黒いシャツ!!黒の帽子といえば、この人・・麻生太郎氏の“マフィア・スタイル”の勘違い 文 上間常正 2013年3月1日2月25日にソウルで行われた韓国新大統領の就任式にも同様のいでたちで出席。 アフガニスタンのカリーム・ハリーリー副大統領と話す麻生太郎氏麻生氏と話す森喜朗氏(右)の服は、ビジネスエリートに特徴的なオーバーサイズ「ギャングスタイル」の英文字と...
  • ☆sweet home☆ひみこさんのプロフィール
足立 真一のTriton Blogさん
  • 悪夢を跳ねのけ上昇が続く
  • 持論を披露するのが特色である。2017年10月の大暴落から30年を経たが、市場では何か起こりそういう予感を掻き立てる記事が最近になりふえた。1987年に近いクラシュが到来するというものだ。昨年11月の新大統領の誕生いらいの株価は堅調で大きな調整もなく上昇を続けてきた。トランプ政権の政策をわれわれは高く評価す真トランプ派である。この日は一転、昨日までの市場での懸念は消え弱気意見が後退した。決算発表のIBMが...
  • 足立 真一のTriton Blog足立 真一のTriton Blogさんのプロフィール
Heebowさん
  • 「キャリアを引く女」放送開始と「ホームランド6」発売&レンタル中♪
  • なテロ事件に迫る!昨シーズンで、ベルリンのテロ計画を未然に防いだキャリー。アメリカに帰国した彼女は、不当な扱いを受けるイスラム教徒たちを保護する非営利団体で、新たなキャリアをスタートさせていた。だが、新大統領の就任が迫るなか、突如NYで爆破事件が発生。9.11から15年― テロとの戦いがより一層複雑化する中、因縁の地NYでキャリーの新たな戦いが始まる!』(オフィシャルサイトより抜粋)私は第1話から「え〜っ...
  • Heebow's blogHeebowさんのプロフィール
ぽーたりーふさん
鈴木信夫の詩の世界 〜筋ジスと向き合った40年〜さん
  • まるでコップをみがくように
  • +選挙戦真っ只中です。どんな結果になるのか、少々心配です。この詩手紙はアメリカでオバマ大統領が誕生した時に書かれたものです。今も同じように気がかりですよね。こんなコメントを残しています。「アメリカは、新大統領が誕生しました。 日本は、どういう道をいくのでしょうか。それが気がかりです。」まるでコップをみがくように2008年11月使ったコップは、洗ってキレイにみがくキレイになると、気分がいいものコップは、毎日...
  • 鈴木信夫の詩の世界 〜筋ジスと向き合った40年〜鈴木信夫の詩の世界 〜筋ジスと向き合った40年〜さんのプロフィール
hatenanioさん

新大統領を含むブログ村メンバー

  •  
shogoriさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

新大統領について