井上靖

井上靖についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • これまで何度、「たすけてくれ」とつぶやいただろうか
  • '15年4月9日(木)[井上靖] ブログ村キーワード補(ふ)陀絡渡海という営みが、古代から近世にかけて実際に行われていたことを、「人命第一」を旨とする現代人はどう考えたらいいのだろう。仏教の高僧が、南方海上または海底にあるとされる観音菩薩の住む浄土への往生を発願。生きたまま板で密閉された船(渡航船)に乗せられ、海へ流される信仰実践のことである。形だけを見れば入水自殺。それが何百年も続けられていたとなれば、・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

井上靖を含むブログ記事

植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん
  • 卯辰山「碑(いしずえ)」巡り ?
  • 碑 (とくだしゅうせい) 秋声は1871(明治4)年、金沢に生まれ、1894(明治27)年尾崎紅葉の門下生となりました。明治・大正の代表的作家。1982(昭和57)年秋声の骨を分骨、建立した墓碑には、井上靖揮亳で「徳田秋声墓碑」と刻まれている。また、墓碑を囲む白い土塀に同じく井上靖の筆による「冷厳なる自己凝視と澄明な客観描写をまん中に据えた典型的な庶民文学」と絶賛する副碑がはめ込まれている。■写真は徳田...
  • 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さんのプロフィール
りっつんさん
  • 唐招提寺は蓮が見ごろ。手入れの行き届いた庭を散策。
  • 招提寺です。南大門が見えてきました。 唐招提寺とは 南大門を入ると、どんと目の前に迫るのが国宝の「金堂」です。ご本尊は廬舎那仏座像。東方に薬師如来立像、西方に十一面千手観世音菩薩立像が配されています。井上靖さんの『天平の甍』には、このお寺に眠る鑑真和上の生涯が描かれています。この本を読んで、わたしは本当に衝撃を受けました。当時の航海がどれほどの困難だったのかを知りました。日本から中国へ、仏典を学ぶため、...
  • りっつんブログりっつんさんのプロフィール
井藤マサカツさん
  • 論語漫歩191 孔夫子
  • 子」、章末では「子」と記す意味を追求してきた。その結果、師や君主に対しては「孔子」、その他の場合には「子」と使い分けられていることを知った。 論語漫歩61「負函の日没」で、我々は野間文芸賞を受賞した、井上靖氏の名作『孔子』(新潮社)を取り上げた。この本は、天命と仁の探究の他に、「論語の成立」をテーマとしていた。 ところで論語はほとんどすべての篇が子曰となっているのに対し、唯一季子篇はすべての章が孔子曰と...
  • キテレツ諸子百家〜論語と孔子と、ときどき墨子〜井藤マサカツさんのプロフィール
素人漁師さん
  • 京都洛東-1 建仁寺
  • 西は宋からお茶の種を持ち帰ったため「茶祖」といわれて.います。禅の修行に茶を取り入れ、茶道の原型である茶礼が.生まれました。境内に植えられている生垣にはお茶の木が.使われています.出典 ウィキペディア井上靖、塚本善隆監修、秦恒平、伊藤東慎著『古寺巡礼京都6 建仁寺』、淡交社、竹村俊則『昭和京都名所図会 洛東下』駸々堂、『週刊朝日百科 日本の国宝』、『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社『角川日本地名...
  • 素人漁師の独り言素人漁師さんのプロフィール
九龍デジロウさん
まほろば自然博物館さん
  • 飄々と 生きてみたいと たちあおい
  • 夏至」と言われても、何でげし・・・という気分。ま、一般的には昼間が一番、長い日・・・。  今日の掲示板はこれ。「努力をする人は希望を語り 怠ける人は不満を語る」というもの。戦後の文壇をリードした一人、井上靖の言葉である。「希望を語っていれば努力する気持ちになり、不満ばかり言っていると怠けるようになってしまう」とも言 い換えられそうだ。人生のすべてが順調ということはありえないが、常に希望を持ち続けているだ...
  • まほろば自然博物館まほろば自然博物館さんのプロフィール
ヨシさん
花ちゃんさん
  • クレマチスの丘
  • 、1階・うつわ茶房 KEYAKI今日の行程は無事終了予報通り、雨が降ってきた。はとバスが到着したが、傘をさしての見学は大変でしょう・・・クレマチスの丘には、駿河平自然公園(町営)を挟んで吊り橋を渡ると井上靖文学館、ベルナール・ビュフェ美術館、ビュフェこども美術館あり。ジャンル:ウェブログコメントTweet...
  • 花と共に花ちゃんさんのプロフィール
サヨリさん
  • ブラタモリとブシメシからイラン
  • 瀬戸君が可愛いそして、男の手料理といっても良いですね〜しっかり手順を教えてくれますそして「世界ふしぎ発見」はイランなつかしいなあ・・・にほんブログ村読んだ本は・・?本覚坊遺文 (講談社文芸文庫) [ 井上靖 ]?...
  • サヨリのたわごとサヨリさんのプロフィール
サヨリさん
  • ブラタモリとブシメシからイラン
  • 瀬戸君が可愛いそして、男の手料理といっても良いですね〜しっかり手順を教えてくれますそして「世界ふしぎ発見」はイランなつかしいなあ・・・にほんブログ村読んだ本は・・?本覚坊遺文 (講談社文芸文庫) [ 井上靖 ]?...
  • サヨリのたわごとサヨリさんのプロフィール

井上靖を含むトラコミュ

山本勘助
  • 山本勘助
  • 三河国宝飯郡牛久保(愛知県豊川市牛久保町)の生まれと伝わる。諸国を流浪し剣術や軍学を修めたとされる。当初は今川氏への仕官を希望していたが叶わず、天文12年(1543年...
  • トラックバック数:123 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:歴史ブログ
額田王
  • 額田王
  • 井上靖の『額田王』大和和紀の『天の果て地の限り』が大好き!飛鳥〜白鳳時代に限りなく夢をもってます!
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

井上靖を含むブログ村メンバー

  •  
sinさん

井上靖を含むアンケート&掲示板

  •  
  • ブログの内容は何系?!レス: 0/65(118件)ブログブログ
  • 出身の嫁と近所の施設集合地域:靜岡県駿東郡長泉町へ高速道路の渋滞情報も無視し、一般道路のドライブで「井上靖文学館」「木村圭吾さくら美術館」「IZU・PHOTO・MUSEUM」「クラブオンザヒル:スポーツ施設...
  • 大河ドラマで扱って欲しい戦国武将は?レス: 0/153(826件)歴史ブログ
  • ゃいますね。やはり、戦国時代がとても面白そうですね。上杉謙信をもう一度見てみたいです。女性では、井上靖さんの「淀殿日記」を原作に、淀君の視点から見てみたい気がします。ほかには、個人的には、幕末の坂本...

にほんブログ村

>

キーワード

>

井上靖について