北条氏康

北条氏康についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [北条氏康] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

北条氏康を含むブログ記事

Chris's monologueさん
  • 三浦三十三観音 第28番 海照山 専福寺
  • 境内外約200m.離れた所に観音堂があり、そこに十一面観音菩薩が像が安置されている。寺伝および新編相模国風土記稿によれば、もと付近に存在した観妙(明)寺の本尊像であったという。天文19(1550)年に北条氏康の家臣で、三浦地内で佐島と菊名を知行地としていた糟屋兵部少輔藤原清承の願いにより、仏師大蔵法眼長盛によって造立された。仏師大蔵長盛は、当時鎌倉仏師を代表するひとりで「法眼」位にあったことがわかる。平成...
  • Chris's monologueChris's monologueさんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 武田信玄(たけだしんげん)[2/9]
  • 下線部は信長公記以外の記事によります。1545年7月北条氏攻めのため善徳寺入りした今川義元に加勢し、8月吉原城攻陥。1545年10月河越城を攻撃していた山内憲政をまじえ、義元・氏康の間で誓紙を交わす。北条氏康が停戦反故の動きを見せたので、武田晴信再出動し停戦に持ち込む。1546年四郎(勝頼)誕生。1546年3月上田原で村上義清と戦い破れる【第一次上田原の戦い】1547年佐久に進攻してきた小田井城上杉憲政を...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
IROYASUさん
  • 戦国無双BD 3(A4562475253306Z)
  • メント【商品コメント】(クリックで開閉)世は戦国時代。日本は混乱の時代に陥り、各地に激しい勢力争いが行われている中、どこまでも共に戦い抜こうと誓った兄弟がいた?。天下統一を目前にした豊臣秀吉が残すは、北条氏康の守る小田原城のみ。前線に位置する、秀吉子飼いの将、石田三成らの陣の中に、真田家の若き武士、信之、幸村の兄弟の姿があった。膠着状態を打破しようと、単騎で飛び出した幸村。兄・信之もその後を追う?。第5...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
小野勝広/医療コンサルタントさん
  • 大戦国史 最強の武将は誰か?
  • 謙一 戦国最強の武将は誰か?・「川中島合戦」を探偵する 半藤 一利 小和田 哲男 戦国大名 究極のサバイバル戦略・武田信玄 加藤 廣・今川義元 小和田 哲男・上杉謙信 谷口 研語・毛利元就 池 亨・北条氏康 黒田 基樹・大友宗麟 福川 一徳・伊達政宗 大泉 光一・島津義弘 山本 博文・黒田官兵衛 葉室 鱗 この武将がすごい! 和田 竜 野口 哲哉 日本の軍師ベスト10 津本 陽 宮城谷 昌光 半藤 一利...
  • ある医師専門の転職コンサルタントのブログ小野勝広/医療コンサルタントさんのプロフィール
とめのかくれがさん
  • 鎌倉幕府 北条氏最期の地
  • めに北条氏を名乗ったようです。北条早雲ですが伊勢新九郎が本名です。鎌倉時代の北条氏は後継者も絶えたため滅んでいますが戦国時代の北条氏は豊臣秀吉の小田原征伐後、大阪狭山藩で復活し今も続いております。なお北条氏康の娘の早川殿の系統は今川氏真、忠臣蔵の吉良上野介や今の上杉家に繋がっているそうです。北条氏康は関東の統治を巡って上杉謙信と死闘を繰り広げましたが謙信を高く評価していたそうで意外な所で繋がっていたりしま...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 成瀬正一
  • 都築一成の室)、女(金丸治部左衛門の室)【解説】松平家家臣成瀬正頼の次男として生まれる。早くも家を抜け出し、武田信玄の家臣となり第4次川中島の戦いに参戦していた。武田家の家臣として過ごしていた正一だが北条氏康の誘いもあってか徳川家に戻る。兄正義と共に徳川家康に従い姉川の戦い、三方ヶ原の戦いに参戦。後者の戦いで兄が戦死するが、家康の退却戦の際浜松城まで案内係として活動する。長篠の戦いでは日下部定好と共に大久...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
yagiさん
トモ〜さん
  • 戦国ixa(63+64鯖):キャラ絵小話! 小田氏治さん編(11)
  • 国の連中は人使いが荒くてかなわねえな!」?・・・口さがない兵士たちはこのように、あからさまに不平不満をぶちまけていたのだった。・・・☆『千万の覇者』より、風魔小太郎?・・・実は先ほどの兵たちの会話は、北条氏康が忍者の風魔党に命じた「流言飛語の計略」がその発端となっていて、長尾ー上杉軍の士気低下を狙ってこの流言は行われた。 なお、これにはかなりの部分で真実が含まれていて、長尾景虎にとっては?痛いところを突か...
  • 経験0からのスタギャラ!トモ〜さんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 勝頼の血を受け継ぐ者
  • っ・・・・・」兄勝頼の死を知る・・・・・松姫は・・・・涙を流し勝頼の死を悲しむ・・・・・・・小督姫の後ろに隠れる一人の幼子が泣き崩れる松姫を見る・・・・彼女こそが武田勝頼の娘・・・・・貞である・・・・北条氏康の娘との間に生まれた・・・・勝頼の忘れ形見である・・・・・【1600年代初頭】関ヶ原の戦いで石田三成・毛利輝元ら西軍に勝利した徳川家康は関白に九条兼孝を入れ、秋田へ移った佐竹義宣の代わりに五男武田信吉...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール

北条氏康を含むトラコミュ

上杉景虎
  • 上杉景虎
  • 北条氏康の七男。上杉謙信の養子。1578年、養父の謙信死後、同じく養子であった景勝と家督を巡り対立し敗れる。(御館の乱)
  • トラックバック数:69 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:歴史ブログ

北条氏康を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 戦国無双3に出て欲しい武将は?レス: 0/471(1320件)ゲームブログ
  • となりくのいちが復活を果たし、新たに武将として登場した人は竹中半兵衛・黒田官兵衛・毛利元就・甲斐姫・北条氏康・加藤清正・立花宗茂の7名と使用不可能武将として福島正則・綾御前(謙信の姉・仙桃院)と新システムに謎...

にほんブログ村

>

キーワード

>

北条氏康について