北条氏康

北条氏康についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [北条氏康] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

北条氏康を含むブログ記事

むぎさん
  • 御館(新潟県)
  • 城以外の城【御館】おたて【別名】上杉館【構造】平城【築城者】上杉謙信【築城年代】1555年〜1558年(弘治年間)【指定史跡】―【場所】上越市五智1-23-11 地図御館は、関東管領上杉憲政が小田原の北条氏康に敗れ、越後に逃れて来た時に上杉謙信が造営した館です。公園入口公園の周囲を一周してみましたが、公園用の駐車場はありませんでした。ということでこの入口に私だけ降ろしてもらっての散策となりました。御館は大...
  • むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 天神山城?
  • 周は、それぞれ巧妙に接続していて、これほど巧みな縄張りは初めてです。次回 東支城の本丸へ天神山城主 藤田康邦当初は山内上杉家に仕え、天神山城を守っていたが、天文15年(1546年)の河越城の戦いの後、北条氏康の攻撃を受けて降伏し、その家臣となった。このとき、氏康の四男・乙千代丸(氏邦)に娘・大福御前を娶らせ、藤田氏の家督を譲っている。そして自らは用土城に居城を移し、用土氏を称した。名を重利から康邦[1]に...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
氷桜 りんさん
  • 戦国武将 人気ランキング
  • 上杉謙信、真田信繁(幸村)5徳川家康6武田信玄7黒田孝高(官兵衛・如水)8石田三成9竹中重治(半兵衛)、豊臣秀吉、毛利元就、明智光秀、大谷吉継14本多忠勝15島津義弘、立花宗茂17直江兼続、前田利家、北条氏康20真田信之、長宗我部元親22真田昌幸、蒲生氏郷、前田利益(慶次)25小早川隆景、松永久秀、浅井長政28立花道雪、最上義光30加藤清正、藤堂高虎32柴田勝家33島清興(左近)、上杉景勝35井伊直政、宇...
  • 日本のはなし氷桜 りんさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 関宿城(せきやどじょう)
  • 【概要】天正2年(1574年)北条氏康(北条3代)が「一国に等しい城」とまで称した簗田(やなだ)晴助の関宿城を、北条氏康後継の氏政(北条4代)が攻め落とします。、 【住所】千葉県野田市関宿三軒家...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 天神山城
  • 根にありますが次回とします。東斜面を下って見上げています。歴史・沿革 天文年間に藤田重利(のちの藤田康邦)が築城したと伝えられている。1546年(天文15年)の河越夜戦以降に北武蔵に勢力を伸ばしてきた北条氏康に重利は1549年(天文18年)7月従属した。 1560年(永禄3年)に上杉謙信が関東侵攻を開始すると藤田氏は上杉方についた。しかし、同年9月に北条氏によって攻め落とされた。 1564年(永禄7年)頃...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 里見家との壮絶な戦い
  • 家は里見家を牽引する当主里見義堯(さとみ よしたか)との戦いでかなり苦戦し、何度も敗北しています。弘治2年(1556年)の三浦三崎の戦いでは里見水軍を率いて北条水軍と戦い、大敗。永禄3年(1560年)北条氏康の久留里城攻めは里見に籠城戦に持ち込まれ敗北。永禄7年(1564年)第二次国府台合戦では奇襲により敗北し、上総の大半を失い安房に退却。永禄10年(1567年)上総の覇権を賭けて戦った三舟山の戦いでは里...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 千馬山城?
  • 襲をかけた。なめきっていた氏康の攻撃に、連合軍はなすところなく大敗を喫し、扇谷上杉朝定は戦死、憲政、晴氏らはそれぞれの居城に逃げ帰った。この一戦は河越の合戦(夜戦)と呼ばれ、上杉・公方の大軍を撃破した北条氏康は関東の太守と呼ばれる存在に躍り出た。ここに、関東の政治地図は大きく塗り替えられたのである。  河越の合戦に藤田右衛門佐は上杉氏に属して出陣していたが、命からがら居城に逃げ帰ったようだ。以後、藤田氏は...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 三舟山城
  • 【概要】永禄10年(1567年)里見義堯・義弘父子は上総奪還を目指して三舟台に陣取る北条軍を攻囲します。三舟台城は里見家の支配下だったのですが第二次国府台合戦で北条に奪われていた城だったのです。北条氏康(北条3代)は援軍として太田氏資を送りますが戦死頼みの綱の北条水軍も里見水軍に阻止され北条氏康敗北。里見に上総奪還されることになります。 【住所】千葉県君津市小香359-1...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 寺山砦
  • 埼玉叢書所収版)によると約800メートルほど北東に所在している竜ヶ谷城には久長但馬守(北条氏邦の家臣か)が居城したとの伝承が記され、永禄年間には用土新左衛門尉が久長の地を安堵されている(永禄6年2月「北条氏康・氏政連署判物写」(管窺武鑑より))ことなどからこれらの人物とのかかわりも考えられます。いずれにしても、こうしたことから永禄年間の武田氏などの侵攻に備えて構築された後北条氏の戦国期の砦跡のひとつと考え...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 小田原城
  • 【概要】里見義堯からの救援要請をきっかけに、上杉謙信は関東平野を南下し小田原城を10万の大軍で包囲します。北条氏康(北条3代)・北条氏政(北条4代)は巧みな籠城戦で上杉軍を撃退しました。 【住所】神奈川県小田原市城内6-1...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール

北条氏康を含むトラコミュ

上杉景虎
  • 上杉景虎
  • 北条氏康の七男。上杉謙信の養子。1578年、養父の謙信死後、同じく養子であった景勝と家督を巡り対立し敗れる。(御館の乱)
  • トラックバック数:69 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:歴史ブログ

北条氏康を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 戦国無双3に出て欲しい武将は?レス: 0/471(1320件)ゲームブログ
  • となりくのいちが復活を果たし、新たに武将として登場した人は竹中半兵衛・黒田官兵衛・毛利元就・甲斐姫・北条氏康・加藤清正・立花宗茂の7名と使用不可能武将として福島正則・綾御前(謙信の姉・仙桃院)と新システムに謎...

にほんブログ村

>

キーワード

>

北条氏康について