みすず書房

みすず書房についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [みすず書房] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

みすず書房を含むブログ記事

地回りナベちゃんさん
ultrasonic-laboさん
  • 超音波コンサルティング
  • 性を含めた各種要因の寄与率をとらえたいと考えています超音波システム研究所ホームページhttp://ultrasonic-labo.com/サイバネティクスはいかにしてうまれたかノーバート・ウィナー著 みすず書房 1956年 より ・・・・・・ 理想的には、単振動とは遠い過去から遠い未来まで時間的に 不変に続いている運動である。 ある意味でそれは永遠の姿の下に存在する。 音を発したり、止めたりすることは、 必...
  • 超音波ultrasonic-laboさんのプロフィール
shiokawaさん
  • 底辺層と発達障害
  • 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から著者 : ブレイディみかこみすず書房発売日 : 2017-04-19ブクログでレビューを見る?とても面白かった。よその国の救いようのない話と思えばそれまでだけれども、翻って考えるきっかけになるでしょう。ブログをそのまま本にしたような内容...
  • 筑波大学人間系塩川研究室shiokawaさんのプロフィール
映画なんて大嫌い!さん
  • 1月16日(火)のつぶやき
  • 1月16日(火)のつぶやき2018年01月17日 |邦画・鑑賞ノート『謝花昇集』伊佐眞一=編・解説(みすず書房/1998年)を購入。 ― 吉田和弘 (@nyoze_en)2018年1月16日 - 21:51ジャンル:ウェブログコメントTweet...
  • 映画なんて大嫌い!映画なんて大嫌い!さんのプロフィール
地回りナベちゃんさん
うぐいすさん
  • 花野充道氏自称の「思想史学者」「思想史学」の正体と「非」
  • の見解に基づいた哲学史観である。ヘーゲルにおいてアリストテレスは「最も勝れた哲学者」と評価されるが、ラッセルは、アリストテレスの功罪を認めながら「研究するのは時間の無駄だ」と評している(『西洋哲学史』みすず書房)。宗教・思想・哲学・文学・芸術などあらゆる学問の歴史は、執筆者の見識によって、その評価が異なることは当たり前である。 特定の時代・地域の思想を論じても、いかなる視点で論述をするのか。視点の相違によっ...
  • 「日蓮宗霊断師会の霊断、倶生霊神符の非を問う」うぐいすさんのプロフィール
Book Surferさん
  • 土壇場でこそ「心の声」を聴け〜武器を磨け
  • トになる本として,『武器を磨け』を紹介したい。その中の一節。 本当の正念場,土壇場を経験してほしい。>ナチスの強制収容所,アウシュヴィッツでの体験をもとに描かれたヴィクトール・フランクルの『夜と霧』(みすず書房)という作品がある。 日本でもロングセラーとなって多くの人に読まれているが,単に極限状態の中で人間がどう生きられるかということを示した記録としてだけでなく,どういった資質の人間が過酷な現実を生き抜けた...
  • 教育失敗学から教育創造学へ(読書編)Book Surferさんのプロフィール
はんきちさん
  • とても興味深い『ヨーロッパ人』
  • 立ち寄った京都の古書店で見つけて買い求めたのは、『ヨーロッパ人』(ルイジ・バルジーニ、みすず書房)。著者はミラノ生まれのイタリア人で、米国の大学を出た後イタリアに戻り、新聞社の海外特派員などもしながら、反ファシズム活動に従事し戦後は政界に転じた。その豊富な経験をもとにヨーロッパ人というものを解剖...
  • 新・はんきちのつぶやきはんきちさんのプロフィール
地回りナベちゃんさん
苗村屋さん
  • 1643 『医師は最善を尽くしているか』
  • ◇1643 『医師は最善を尽くしているか−医療現場の常識を変えた11のエピソード』 >アトゥール・ガワンデ/みすず書房最近、ちょっとしたきっかけで医療関係の記事や本を読む機会が増えた。本書は知見ある先輩からお借りした本。読みづらいかなと恐る恐る手に取ったのだが、エッセイ風でさらりと読める。しかしながら、その内容は非常...
  • 苗村屋読書日記(blog)苗村屋さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

みすず書房について