河出文庫

河出文庫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [河出文庫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

河出文庫を含むブログ記事

三毛ネコさん
  • K・マルクスそして、M・フーコーへ歩み寄る
  • しはときおり茫々たる思いにとらわれる。若きマルクスもまた、夢と理想に身を殉じたのである。そしてそのあとすぐ、わたしは一冊の本と“正面衝突”した。その書名は「ピエール・リヴィエール」(M・フーコー編著。河出文庫)である。サブタイトルは「殺人・狂気・エクリチュール」。1835年、フランスの片田舎で起こった尊属殺人事件のいわばドキュメントであるが、並のドキュメントではない。この殺人事件に、さまざまな角度から光が...
  • 二草庵摘録三毛ネコさんのプロフィール
ミニマルおじさんさん
  • 福袋と私
  • でまた味わいたいかというと全く。もう、必要なら買う、必要ないなら買わないという生活が自分にはあってると思う。もうこのスタイルで頑張ってこうと思うんで、福袋は買うことないんだろうなぁ。ではでは。福袋 (河出文庫)posted withヨメレバ角田 光代河出書房新社 2010-12-04AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo7nethonto紀伊國屋書店ebookjapan図書館-----もしよけれ...
  • ミニマルおじさんのブログミニマルおじさんさんのプロフィール
shingoさん
  • 『いやしい鳥』(藤野可織)_書評という名の読書感想文
  • 『いやしい鳥』藤野 可織 河出文庫 2018年12月20日初版いやしい鳥 (河出文庫)ピッピは死んだ。いや殺された。いや・・・・・・・だんだんと鳥に変身していく男と、その男に復讐を誓う 「俺」 の惨劇を描く表題作、幼い頃に母親を &#...
  • 超書評ブログ.comshingoさんのプロフィール
のらぞーさん
  • 2018年12月の読書メーター
  • ジしたい。なぜか漠然とそう思ったので読んでみた。めっちゃシンプルでわかりやすかったけど、初心者デブのボクでもこんなに上手くいくんだろうか!?読了日:12月06日 著者:中野ジェームズ修一冥土めぐり (河出文庫)の感想芥川賞作品はどうも苦手だ…見栄っ張りな母と浪費家で自意識過剰の弟がアホ過ぎて腹が立つ。でもこんな家庭って現実的にありそうで怖い。それにしても冥土めぐり的な要素を全く感じなかったのはボクだけだろ...
  • のらぞーの大阪ぶらぶら物語のらぞーさんのプロフィール
七色さん
sibaccioさん
  • 2018年に読んだ小説など
  • 文庫)ジョルジュ・シムノン『メグレ警視と生死不明の男』長島良三訳(講談社文庫)ジョルジュ・シムノン『港の酒場で』木村庄三郎訳(旺文社文庫)マルグリット・デュラス『モデラート・カンタービレ』田中倫郎訳(河出文庫)*再読マルグリット・デュラス『ヴィオルヌの犯罪』田中倫郎訳(河出文庫)パトリック・モディアノ『暗いブティック通り』平岡篤頼訳(白水社)アガサ・クリスティ『ねじれた家』田村隆一訳(ハヤカワ文庫)E.C...
  • Sibaccio Notessibaccioさんのプロフィール
ツバサさん
  • 人気総選挙2018 結果発表
  • ω・´)」流星「……2連覇おめでとう(=ω=)」ツバサ「という訳で人気総選挙2018でした(´・ω・`)」お終い(´・ω・`)読んで頂きありがとうございました!池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)河出書房新社 ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ...
  • 今日ものんびりとツバサさんのプロフィール
mask555さん
  • 『憤死』
  • 作風に思えました。解説で森見登美彦氏が書いているように、綿矢さんに本書の人物をあらわすような感じで自分を意地悪く描写されたら、その華麗で上手な表現のために、一年くらい立ち直れなくなりそうです。憤死 (河出文庫)著者 :綿矢りさ河出書房新社発売日 : 2015-03-06ブクログでレビューを見る»ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブロ...
  • Fish On The Boatmask555さんのプロフィール
SHINOVUさん
  • ただ好きなことを語る回? 〜書籍〜
  • 本って難しいし、なんか真面目なイメージや暗いイメージがあるから と思っている方なら本書はそんなイメージをぶっ飛ばしてくれるのではないかと思いますよ。『野ブタ。をプロデュース』野ブタ。をプロデュース (河出文庫)作者: 白岩玄出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/10/03メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 47回この商品を含むブログ (25件) を見る『夢をかなえるゾウ』夢をかなえるゾ...
  • のんびり経営SHINOVUさんのプロフィール
つくもしろさん
  • 2018年のオススメ
  • 心感があります。物語、表紙ともに大好きです。シリーズ化してもらえて本当に嬉しい限りです。最近は趣味が変わってめっきりファンタジーを読まなくなりましたが、純粋に続刊が楽しみです。「消滅世界」消滅世界 (河出文庫)昨年、芥川賞受賞作の「コンビニ人間」でピックアップした村田沙耶香さんの作品です。こういう一見健全みたいに見えるディストピアが大好きなので選びました。この作品の性別に対する見方、マジョリティとマイノリ...
  • 一読一会つくもしろさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

河出文庫について