豊臣秀長

豊臣秀長についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 大和郡山市の豊臣秀長の墓
  • [豊臣秀長] ブログ村キーワード奈良県大和郡山市には豊臣秀長のお墓、大納言塚があります。住宅街の中にあり、駐車場はありません。通り沿いに業務用スーパーがあるのでそちらの駐車場に停めさせてもらい、帰りにジュースとおやつを買って感謝の意をwその業務用スーパーから歩いて3分くらい。住宅街の中の月極め駐車場の奥にひっそりあります。ちゃんとしてます。お寺とかの中にあるわけじゃなく「大納言塚」として存在するんだけ・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

豊臣秀長を含むブログ記事

ひでさん
  • 豊臣政権五奉行のひとり増田長盛は尾張出身?!稲沢市の増田長盛邸址
  • らいですが、浅野長政はともかく、前田玄以、石田三成、長束正家らにはこういった武功が確認されないだけに、戦線でも活躍していた武将だという事が分かりますね。  ちなみにその後の文禄四年(1595年)には、豊臣秀長の後を継いだ豊臣秀保(ひでやす)が没すると、長盛に大和国郡山城20万石の所領を与えられ、大和郡山城主となりましたが、関ヶ原の戦いで毛利輝元と共に大坂城を守備しており、それが理由で改易。  そして大阪夏...
  • ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座ひでさんのプロフィール
うのんさん
  • 垂仁天皇・豊臣秀長の妻お藤の墓
  • 写真は垂仁天皇陵 近鉄橿原線 尼ヶ辻駅から 西側にあります。徒歩約5分です。 天正13年8月筒井順慶の養子定治は秀吉によって郡山から伊賀の国に国替えを命じられ 豊臣秀長は秀吉と共に郡山城に入りました。大和は神国と考えられ、これまで寺院が支配をゆだねられてこました。秀長の郡山入城により 寺院の支配から武家の支配へと新体制の元大きく変わりました。  秀長には正妻がなく ...
  • 奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのんうのんさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
みんぴかさん
  • 奈良県大和郡山市 『大和郡山城』
  • 復)門大和郡山城は、平安時代に郡山衆が雁陣之城が前身筒井順慶が織田信長より大和一国20万石を与えられ筒井城から郡山城へ砦規模だったのを修築した城の修築半ばで2代:定次が伊賀上野城へ移封天正13年には、豊臣秀長が大和・紀伊・和泉100万石の太守となる秀長死後は、養子の秀保が嗣ぐが文禄4年17歳で死去その後は、増田長盛が入封するが関ヶ原の戦いで西軍につき領地没収水野氏、松平氏、本多氏と移り明治維新まで柳沢氏が...
  • 放浪旅ブログみんぴかさんのプロフィール
MAPPYさん
  • 【207】参謀
  • 又兵・・・ »2017年08月02日(水) 20時28分20秒【207】参謀テーマ:書籍参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」Amazon参謀と言えばだれを思い浮かべるかなぁ。豊臣秀吉の豊臣秀長・千利休。上杉景勝の直江兼続。秋山真之。・・・。参謀とは何か。作戦・計画作成者のイメージがある。今では、様々な意味で使われる。右腕、ナンバー2も参謀って使われることもあるけど、私は右腕もナンバー2も参...
  • Be HAPPY! with MAPPY45MAPPYさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん

豊臣秀長を含むトラコミュ

豊臣秀長
  • 豊臣秀長
  • 秀吉の異父弟。秀吉の補佐役として、文武両面での活躍を見せて天下統一に貢献。兄秀吉の片腕として辣腕を奮う一方、温厚な人柄で、兄を助ける補佐役に徹し、諸大名からも頼...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

豊臣秀長を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

豊臣秀長について