カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [カラマーゾフの兄弟] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

カラマーゾフの兄弟を含むブログ記事

くうさん
  • NHK朝ドラ【半分、青い。】第95回(第16週金曜日) 感想
  • お姉さん」 2013年「クロユリ団地・序章」 2013年「ガリレオ」2 2013年1月期ドラマ 2013年「泣くな、はらちゃん」 2013年「最高の離婚」 2013年「まほろ駅前番外地」 2013年「カラマーゾフの兄弟」 2013年「サキ」 2013年「書店員ミチルの身の上話」 2013年「夜行観覧車」 2012年大河「平清盛」 2012年後期朝ドラ「純と愛」 2012年前期朝ドラ「梅ちゃん先生」 2012年10月...
  • ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
とにかく書いておかないとさん
  • ドムドム
  • しい>> もっと見るカテゴリーどう思いますか(42)ニュース(7)映画評(14)スポーツ(35)ライブ・コンサート(9)著作権(9)現代文の参考書(24)折々のことば(15)音楽(7)パラグラフ(6)カラマーゾフの兄弟(3)騎士団長殺し(9)1年前シリーズ(11)高校国語改革(29)モンテディオ山形(12)国語(79)社会(136)書評(51)劇評(43)教育(27)落語評(9)政治(57)お題(26)TV(63)...
  • とにかく書いておかないととにかく書いておかないとさんのプロフィール
すももさん
  • 将来への不安
  • がなかったので、こういうのか。と思いました。何とか救いたかったのですが、彼自身が救いの手を拒む感じで・・ 仕方ないから趣味の話をよくしていました。読書の趣味が一緒で、彼はドフトエフスキが好きで、特にカラマーゾフの兄弟が一番好きだそうで、私が挫折したと言ったら本を貸してくれました。 あの人間ドラマ?が好きで読み込んでいるなら、この周囲の状況(冷ややかすぎるほど冷ややか)も、もう少しうまく立ち回れないものか・・・むり...
  • 自閉症といろいろな道すももさんのプロフィール
ヤコブのはしごさん
  • 7月18日(水)のつぶやき
  • た。ブログ順位も23位。フォロワーが増えないのが残念だが、たんたんと行きましょう。 ― ヤコブのはしご (@manabu1964jp)2018年7月18日 - 08:08ロシアの作家ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』に、こんなくだりがある。<現実主義者にあっては、信仰が奇蹟(きせき)から生れるのではなく、奇蹟が信仰から生れるのである> ― ヤコブのはしご (@manabu1964jp)2018年7月18日 -...
  • ヤコブのはしご(心の病から立ち直ったキリスト教ヤコブのはしごさんのプロフィール
甘夏さん
  • 【HAED】The Little Cake Shop(+2020)
  • やっていて、光文社古典新訳文庫などが50%ポイント還元セール中です。光文社古典新訳文庫はkindle unlimitedで読める本もありますが、何巻にも渡るような本は最初の1巻しか読めません。例えば「カラマーゾフの兄弟」や「失われた時を求めて」などをまとめて買うには、今がチャンスですよー。多分19日までだと思うので、興味ある方はお早めにどうぞ。(積読でもいいですよね、そういう本は)他にも新書などのセールもやってます...
  • LaLaLa Anemone甘夏さんのプロフィール
くうさん
  • 【健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)】第1話 感想
  • お姉さん」 2013年「クロユリ団地・序章」 2013年「ガリレオ」2 2013年1月期ドラマ 2013年「泣くな、はらちゃん」 2013年「最高の離婚」 2013年「まほろ駅前番外地」 2013年「カラマーゾフの兄弟」 2013年「サキ」 2013年「書店員ミチルの身の上話」 2013年「夜行観覧車」 2012年大河「平清盛」 2012年後期朝ドラ「純と愛」 2012年前期朝ドラ「梅ちゃん先生」 2012年10月...
  • ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
駅弁祭りさん
  • 「例の症状」をめぐる冒険
  • モスバーガーに行ってきたけど、今回は50分で出てきてしまった。冷房の設定温度が高かったのか、室内が暑かったというのもあるし、なんとなく『カラマーゾフの兄弟』をまた新潮文庫の原卓也訳で読んでみるのはどうかと思いついて、これをモスバーガーで最初から読んでいたけどなかなか頭に入らなくてしっくり来なかった。『カラマーゾフの兄弟』については、最初に通読したのは新...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール
駅弁祭りさん
  • 村上春樹『国境の南、太陽の西』、読んだ
  • 、誰にも知られることもなく密やかに降る雨のことを思った。雨は音もなく海面を叩き、それは魚たちにさえ知られることはなかった。」という文章がある。この文章を読み、はっとした。これはまさにドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』のゾシマ長老の思想、誰にも知られることなくひっそりと一人で死んでいく人たちのために祈りなさい、というような思想に通じていると思った。 何日か前に、このブログの記事に、アイコの音楽はゾシマ長老の思想の...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール
とにかく書いておかないとさん
  • 劇評『消えていくなら朝』
  • ョー>> もっと見るカテゴリーどう思いますか(43)ニュース(7)映画評(14)スポーツ(35)ライブ・コンサート(9)著作権(9)現代文の参考書(24)折々のことば(15)音楽(7)パラグラフ(6)カラマーゾフの兄弟(3)騎士団長殺し(9)1年前シリーズ(11)高校国語改革(29)モンテディオ山形(12)国語(79)社会(136)書評(51)劇評(42)教育(27)落語評(9)政治(57)お題(25)TV(63)...
  • とにかく書いておかないととにかく書いておかないとさんのプロフィール
かれんさん
  • やりのこした事
  • こんなタイトルで書くとは 私も「生」への執着が出てきたことか、昨夜のテレビで女性三人がロシアの旅をする番組があった芥川賞受賞者の女がドストエフスキーの旧宅を訪問していた。ふとそのドストエフスキーがカラマーゾフの兄弟のの作者である事をしった。ロシア文学は一つも読んだ事がなかった。死ぬまでに読んでみようかなと思ったそれからサンクトペテルブルク ロシアの古都とウラジオストクこの二都市は行って見たい昨日放映されたのは元...
  • 国際結婚経験者の日記かれんさんのプロフィール

カラマーゾフの兄弟を含むブログ村メンバー

  •  
mirさん

カラマーゾフの兄弟を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

カラマーゾフの兄弟について