大伴家持

大伴家持についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大伴家持] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大伴家持を含むブログ記事

A’sdF♪さん
  • 散歩は巡礼!? 禊? 贖罪行脚?
  • チ NO.10 武田信玄「運気の書」NO.11 地震魚〜漁師の教え〜NO.12 ドラクエ??!?〜阿尾城・・・天空に導かれし岬の要塞〜NO.13 動植物<五十音順>NO.14 節分「厄祓」2つの文言〜大伴家持〜NO.15 受験対策!?〜世界遺産〜NO.16 パワースポット!?〜津々浦々 街々村々〜<都道府県別>NO.17 夜詣り・・・考(2)〜霊感Get!?〜NO.18 三鈷の松(さんこのまつ)?〜ラッキ...
  • 遊行楽紀行 〜風のささやき水の行く末〜A’sdF♪さんのプロフィール
Tomoさん
  • 小林よしのり氏のナショナリズム?絶対的存在としての天皇
  • のナショナリズムを支える「美意識」をもつ対象がない。そこで、彼は、戦前の天皇への国民の意識、昭和天皇への敬意が感じる「美意識」に頼るしかないことになる。それが、前回も引用した、著者がいくども使っている大伴家持の歌になる。「大君の辺にこそ死なめ、かへりみはせじ」彼が、天皇家に流れる「国民への愛」と「人間としての徳」を語る時、それは、日本に残っている「美」の半分であり、残りの半分が、その天皇の身体として仕える...
  • TomoのブログTomoさんのプロフィール
りせさん
  • 菅原院天満宮神社 2018春
  • 任して右大臣まで上り詰めました。一方で、文人・学者として『菅家文集』や歴史書『三代実録』などを著しました。道真は和歌の才能にも恵まれ、古今和歌集を始め35首が勅撰和歌集に選ばれています。母は大伴旅人、大伴家持らの歌人を輩出した伴氏の出なので、その才能を受け継いだのかも知れません。(産湯の井戸には先ほどの新しい井戸から水を引いています。)井戸の横に「源平咲きの梅」があります。一つの梅の木に、平家と源氏の旗印...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
三友亭主人さん
  • 木簡で遊ぶ
  • コンテンツへスキップ三友亭雑記メニューホーム大和逍遥葛城古道大伴家持と藤原久須麻呂と纏向遺跡聞書大津皇子と大伯皇女あをによし奈良の都は屑かご宗祇の話ひとつ被災の里へ高橋和巳という作家魯迅の小品ひとつ万葉の桜井磐余忍坂・倉橋多武の山高屋海石榴市跡見泊瀬巻向三輪山田吉隠リ...
  • 三友亭雑記三友亭主人さんのプロフィール
satoさん
猪熊 虎五郎さん
  • 馬酔木(あせび)
  • 酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされる。(Wikipediaから引用)「池水に 影さへ見えて 咲きにほう あしびの花を 袖に扱入(こき)れな」万葉集から      大伴家持      (おおとものやかもち)池水(いけみず)に影を映して、美しく咲いている馬酔木(あしび)の花を、袖に入れましょう。...
  • トラゴロウのデジカメ散歩猪熊 虎五郎さんのプロフィール
dekameさん
きーらくだまさん
  • 毎年3月18日〜23日、平国祭おいで祭り
  • 命が出雲から舟で能登に入り、国土を開拓したのち、守護神として鎮まったと伝わります。崇神天皇のときに社殿が造営されました。奈良時代には「北陸の大社」として京にも名が伝わり、万葉集に越中国司として赴任した大伴家持が参詣した際「之乎路から直超え来れば羽咋の海朝凪ぎしたり船楫もがも」と詠んだ歌があります。前田利家をはじめ、歴代の藩主が崇敬し、社領三百五十石を寄進。祈願祈祷はもとより、しばしば社殿の造営がされました...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
dekameさん
  • 【青山繁晴】3.19 参議院予算委員会質問〜森友問題の淵源は財務省の国会軽視にあり![桜H30/3/21]
  • 【開催中】gooブログ14周年キャンペーン記事を書く検索ウェブこのブログ内で国益を考える おらっちゃ 海ゆかば国益を重視し次世代の為の日本を作ります。誰にも影響されない独立したブログです 海ゆかば は大伴家持が高岡で詠った。【青山繁晴】3.19 参議院予算委員会質問〜森友問題の淵源は財務省の国会軽視にあり![桜H30/3/21]2018-03-21 23:51:39 |質疑【青山繁晴】3.19 参議院予算...
  • dekamedekameさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(221)七尾 「七尾城」
  • を続けてきた。鮫の頭部に似た、能登国は小国である。 律令制によって養老年間、越前国から分立、更に、越中の国との併合と分離の変遷を繰り返している。  その、越中国に併合されていた時期に越中国守であった「大伴家持」が巡視に訪れた事は先に記したが、この奈良期、能登国守として実際に政務を執ったのが「源順」(みなもとのしたごう)であった。 源順は嵯峨天皇の直系で平安初期の学者、歌人と若い頃から博学で有名で、20代で...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール

大伴家持を含むブログ村メンバー

  •  
近代・現代の高岡さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大伴家持について