大伴家持

大伴家持についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大伴家持] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大伴家持を含むブログ記事

古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 万葉集3617番歌の「蝉」はツクツクボウシである説
  • ぐらし(日倉足)は 時と鳴けども 恋ふるしに 手弱女(たわやめ)我は 時わかず泣く(万1982)蝉を詠む 夕影に 来鳴くひぐらし(日晩) 幾許(ここだく)も 日ごとに聞けど 飽かぬ声かも(万2157)大伴家持の晩蝉(ひぐらし)の歌一首 隠りのみ 居(を)ればいぶせみ 慰むと 出で立ち聞けば 来鳴くひぐらし(日晩)(万1479) ヒグラシを歌った歌はほかに5例ある。風を詠む 萩の花 咲きたる野辺に ひぐらし...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
A’sdF♪さん
  • 納め!とイブ!
  • ーチNO.10 武田信玄「運気の書」NO.11 地震魚〜漁師の教え〜NO.12 ドラクエ??!?〜阿尾城・・・天空に導かれし岬の要塞〜NO.13 動植物<五十音順>NO.14 節分「厄祓」2つの文言〜大伴家持〜NO.15 受験対策!?〜世界遺産〜NO.16 パワースポット!?〜津々浦々 街々村々〜<都道府県別>NO.17 夜詣り・・・考(2)〜霊感Get!?〜NO.18 三鈷の松(さんこのまつ)?〜ラッキ...
  • 遊行楽紀行 〜風のささやき水の行く末〜A’sdF♪さんのプロフィール
てんてんさん
  • 一級政治資料
  • どれをとっても他の説と比べてみるのも面白そうである。氏が取り上げたこの万葉集の歌を見ていくと、誰が誰と友人で、誰がその友人で、いつ頃から仲違いしたか、まで解ってしまうという。例えば、聖武天皇は橘諸兄・大伴家持と親しく、孝謙天皇・光明皇太后は藤原仲麻呂の党に親しかったと。橘の諸兄の子の奈良麻呂が仲麻呂一派に対しクーデターを起こしたときも家持は知っていたが参加せず、かえって大伴一族に対して「族をさとす歌」を作...
  • てんてんの記てんてんさんのプロフィール
ジョニーさん
  • 天長節
  • れば被災地に赴き、あろうことか民の前で膝を付き、名も無き民に、面と向かって御下問なされる。何と、畏れ多いことか。また、畏れ多くも遥か南方の小島にまでも、慰霊に御自ら赴き下さる。嘗て奈良に都の在った時、大伴家持は大伴の言い伝えを海行かば、水漬く屍 山行かば、草生す屍大君の辺にこそ死なめ 顧みはせじ と長歌の中で歌っている。大君とはそいうものであったのかもしれませんが・・・我が大君の畏れ多いことよ。...
  • ジョニーの百姓日記ジョニーさんのプロフィール
若狭坊さん
  • 後瀬山と谷田部
  • 南無南無しております。中世修験道とも関連のある山で、現在は山頂に愛宕大権現も勧請されていますので。さて・・・万葉集にも詠まれた後瀬山坂上大嬢「かにかくに人は言ふとも若狭道の  後瀬の山の後も逢はむ君」大伴家持「後瀬山後も逢はむと思へこそ  死ぬべきものを今日までも生けれ」人にどうこう言われようが関係ない。あなたに再び逢えると思うからこそ死なずに生きてきた。ラブラブですねぇ。時を経て、中世前記には神明神社の...
  • 若狭坊のまちづくり日記若狭坊さんのプロフィール
いろはに踊るさん
  • 交声曲「海道東征」
  • 8章天業恢弘(かいこう)と8章からなっている。 なお信時 潔作曲「海ゆかば」の演奏も行われた。海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへりみはせじこれは「万葉集の巻18にある大伴家持の長歌の一節からとったものである。              『たのしい』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet...
  • いろはに踊るいろはに踊るさんのプロフィール
三友亭主人さん
  • 思い出す味・・・お好み焼き
  • コンテンツへスキップ三友亭雑記メニューホーム大和逍遥葛城古道大伴家持と藤原久須麻呂と纏向遺跡聞書大津皇子と大伯皇女あをによし奈良の都は屑かご宗祇の話ひとつ被災の里へ高橋和巳という作家魯迅の小品ひとつ万葉の桜井磐余忍坂・倉橋多武の山高屋海石榴市跡見泊瀬巻向三輪山田吉隠リ...
  • 三友亭雑記三友亭主人さんのプロフィール
花道さん
  • 12月15日の誕生花・宿り木(ヤドリギ)
  • げ、光の新生を願う風習があります。春の女神や光の精の象徴として、常緑のヤドリギを室内に飾る風習は、クリスマスと結び付き、現代にまで残っています。日本でもヤドリギは、常緑信仰の対象とされ、万葉集の中で、大伴家持(おおとものやかもち)は、「あしひきの山の木末(こぬれ)のほよ取りて挿頭(かざ)しつらくは千年(ちとせ)寿(ほ)くとそ」と、詠んでいます。「ほよ」はヤドリギの昔の呼び名です。本日の誕生花「やどりぎ」が...
  • 花道[FLOWERING-WAY]花道さんのプロフィール
りせさん
  • 崇道神社 早良親王と上高野の氏神
  • 翌年の延暦4年(785)、桓武天皇が大和の国に出かけ不在のときに、その側近で建都の長官・藤原種継が暗殺されました。実行犯の大伴竹良、継人ら数人は直ちに処刑、共犯者ら数十人が捕えられました。官人で歌人の大伴家持は事件の直前に死亡していたにもかかわらず首謀者とされ、官位を奪われその子らも流罪となりました。共犯者の複数が早良親王の家政機関(親王に仕えその庶務を行う)に属していたことから、早良親王は皇太子を廃され...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール

大伴家持を含むブログ村メンバー

  •  
近代・現代の高岡さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大伴家持について