宇喜多秀家

宇喜多秀家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [宇喜多秀家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

宇喜多秀家を含むブログ記事

恭次郎さん
  • 八丈島歴史民俗資料館の企画展示『八丈島と戦争』
  • 八丈島八丈町大賀郷にある展示施設、八丈島歴史民俗資料館を歩いてきました。八丈島歴史民俗資料館は、宇喜多秀家の住居跡から八丈一周道路を約500メートル西へ進んだ位置にある資料館です。島内各地の民家に散在していた歴史民俗資料を収集・保存した資料館で、島の歴史や民俗についてわかりやすく展示しています。八丈島の歴...
  • 帝都を歩く恭次郎さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 宇喜多秀家
  • 宇喜多秀家大西 泰正シリーズ・実像に迫るAmazonでの評価:(3.3/5.0)予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からレビューを見る 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】若く...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • 徳川家康が恐れた豊臣秀頼
  • 。秀頼のために遺書を書きます。「返々 秀よりこと たのみ申候  五人のしゆ たのみ申候 此ほか にわおもひのこす事なく候」ここで秀吉の補佐を頼んだ5人とは・・・徳川家康・前田利家・毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家・・・豊臣政権を支えていた五大老です。彼らに遺言を託した秀吉は、1598年8月18日にこの世を去ります。その後、前田利家は秀吉の言う通り補佐につき、家康は伏見城に於いて豊臣政権の政務を行います。しかし...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
おにやんまさん
  • 下津井城址公園を歩く・・・
  • 光地下津井は古くからの海上交通の要衝であり、以前から多くの要塞が築かれていたようです。 そのため下津井周辺の山や高台には戦国時代以前の城の跡と云われる石垣があちこちに残されています。そのうちのひとつが宇喜多秀家が既に出城を築いていたと云われる城山で、池田長政はこの場所に大掛かりな城を築き直しました。 新しい下津井城が完成したのは二年後の慶長十年(1605年)であり、ここに下津井城と城下町が誕生しました。 下...
  • 晴耕雨読・・・のんきな田舎暮らし・似顔絵ブログおにやんまさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20171202-7
  • か所を巡って応募すると、静御前オリジナル扇子が当たる。 栗橋地区は、源義経の後を追った静御前が京へ戻る途中に没した場所と伝えられ、市は静御前と栗橋との関わりを紹介する観光ガイド ... 流刑地八丈島「宇喜多秀家の住居跡と墓」を歩く帝都を歩く八丈島八丈町大賀郷にある史跡、宇喜多秀家の住宅跡と墓を歩いてきました。帝都・東京から南へ約290km離れた太平洋上に浮かぶ島、八丈島。八丈島は江戸時代において罪人の流刑地...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
グレート・なごやんさん
  • 毛利元就 他(まとめ)
  • 府毛利邸)毛利輝元(萩城・指月公園)毛利元就・隆元・吉川元春・小早川隆景(萩市民館)大内義興(龍福寺)他吉川元春(枝宮八幡神社) 他小早川隆景(三原城・三原駅)毛利元就(吉田郡山城)可児才蔵(才蔵寺)宇喜多秀家甲冑 他(岡山城)一覧を見る画像一覧を見るテーマブログ ( 4 )北海道・東北 ( 0 )├ 宮城 ( 13 )├ 山形 ( 6 )関東・甲信越 ( 0 )├ 神奈川 ( 1 )├ 新潟 ( 15 )...
  • 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
フォレストさん
  • 【12月1日】
  • に遠島が申し付けられたそうです。島側は勘弁してくれと申し出たそうですが、とにかく江戸側は罪人を置きたくなかったので、明治期まで送り続けられたそうです。その八丈島の罪人1号は、関ケ原の戦いの西軍の重鎮、宇喜多秀家だそうです。秀家は妻が前田家の豪姫だったので、前田家から支援物資が届いたとか(豪姫は実家に戻りました)。前田家からの支援が無ければ米も取れない八丈島ではどうにもならなかったようです。「流罪の日本史」渡...
  • 活字日記フォレストさんのプロフィール
恭次郎さん
  • 流刑地八丈島「宇喜多秀家の住居跡と墓」を歩く
  • 八丈島八丈町大賀郷にある史跡、宇喜多秀家の住宅跡と墓を歩いてきました。帝都・東京から南へ約290km離れた太平洋上に浮かぶ島、八丈島。八丈島は江戸時代において罪人の流刑地だったことで知られる島です。このため八丈島は流人の島と言われていますが...
  • 帝都を歩く恭次郎さんのプロフィール
小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さん
  • 豊臣ちるどれん
  • 特別陳列宇喜多秀家と小早川秀秋 〜豊臣秀吉チルドレン〜11/30(木)〜12/24(日)岡山県立博物館にて岡山でついに豊臣の子らの展示だ!!岡山は桃太郎殿一筋だったけれど、最近戦国時代にも目を向けてくださるようになった...
  • 小早川秀秋 平成古戦場日記小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さんのプロフィール
katuさん
  • 岡山県美作市「武蔵の里」と美作三湯の湯原温泉
  • 武蔵生誕地として観光開発を行っている。 武蔵は 「戦場には六度出た」と述べていますが最初は1600年関ヶ原の合戦でしたがどの大名の記録にも無い事から、その他大勢の足軽といったところでした。武蔵は備前の宇喜多秀家の陣に属していましたが直属の部下で無く郷里の城主「新免家」が加わっていてその縁から兵卒として関ヶ原に行ったと考えられます。この時武蔵は17歳多感な青春期にあり世の中は 波乱万丈 天下分け目の合戦を目前...
  • かつの気まま旅katuさんのプロフィール

宇喜多秀家を含むトラコミュ

宇喜多秀家
  • 宇喜多秀家
  • 1572(元亀3)年〜1655(明暦元)年11月20日    豊臣政権五大老の一人、備前中納言、備前岡山57万石の城主   関ヶ原の合戦では西軍の総大将、敗戦により八丈島に流...
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:歴史ブログ

宇喜多秀家を含むブログ村メンバー

  •  
氣で癒す:田嶋治療院さん

宇喜多秀家を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

宇喜多秀家について