川中島の戦い

川中島の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [川中島の戦い] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

川中島の戦いを含むブログ記事

にぎやカラフル絵描き人みゃーぎさん
  • 【小ネタ】しくじり本制作にまつわる楽しいあれこれ
  • 続くんかい。・歴史上の人物で最初に好きになったのは源頼朝(理由は覚えてないのが惜しい)・古代日本の男性の髪型である角髪(みずら)に憧れて自分なりに結ったことがある・小学生の頃に夏休みの自由研究として『川中島の戦い』の一幕を絵巻物風に描いた作品を提出→そして約20年ぶりに同シーンを今回のしくじり本でもちょろっと描いて実に感慨深い・その6で触れた従兄弟所有の図鑑はどこの出版社のものかわからない…おそらく約30年前...
  • 絵描き人みゃーぎのにぎやカラフルな日々にぎやカラフル絵描き人みゃーぎさんのプロフィール
26さん
  • 「これは間違いだろ」って思う名言←これ
  • ゃないだろうか。そんな戦い方もあると気づかせてくれる名言である。 「死なむと戦へば生き、生きむと戦へば必ず死するものなり」(上杉謙信)  越後の龍と呼ばれ、好敵手・甲斐の武田信玄とは5回に及ぶ川中島の戦いを繰り広げた上杉謙信の言葉。みずからを毘沙門天の化身と信じ、領土的野心からではなく、義と人情を大切にしていたことと無縁ではないような名言だ。謙信は、儒教の教えにある「仁・義・礼・智・信」を大切にしてい...
  • ぶる速-VIP26さんのプロフィール
svetlaさん
  • 高崎・進雄神社で御朱印をいただく
  • 隣の神社を合祀したそうで、合計24もの神様が祀られているそうです。立ち寄ったのは偶然だったのですが、創建から1100年以上も経つ、高崎でも有数の古社だったのでした。さて、信州の歴史を紐解くと、やはり、川中島の戦いで雌雄を決した武田、上杉の勢力争いのあと、徳川、真田が登場するという流れになりますが、碓氷峠を下りて上州に入ると、これに北条が登場します。この進雄神社も諸将が先勝祈願などに参拝したことを示す書状などが...
  • 軽井沢ドリームハウス生活日誌svetlaさんのプロフィール
よっしーさん
  • 信長の野望 大志【プレイレポートその1】中国から天下を目指して…
  • 年:日本三大夜戦の一つ。北条氏康が扇谷上杉氏・山内上杉氏・関東公方足利氏の連合軍を破った戦い。 厳島の戦い 天文24(1555)年:毛利元就が大内氏の重臣陶晴賢率いる大軍を厳島に誘い込み破った戦い。 川中島の戦い(四度目) 永禄4(1561)年:武田信玄と上杉謙信の戦いは五度に及んだがその最大の戦い。 天下布武 永禄10(1567)年:織田信長は斎藤道三亡き後抗争状態となっていた美濃斎藤氏をようやく滅ぼし「天...
  • まったりゲームレビュー.comよっしーさんのプロフィール
warunekoさん
  • 【歴史】歴史教科書見直し問題 困惑する上杉家と余裕の武田家
  • 昔から数えていけば、“偉人”だって膨大な人数になりますしね。ただ、戦国時代は室町幕府の滅亡から始まり、江戸幕府の成立に至るまで、とてもダイナミックに流れていくでしょう。そうした流れを理解するうえで、“川中島の戦い”などは教科書に残してもいいんじゃないかとは感じます」 今回の精選案では、上杉謙信と川中島で相対した武田信玄も削除候補となっている。ただし、大名としての「武田氏」が今川氏、朝倉氏などとともに教科書...
  • 歴史的速報@2chwarunekoさんのプロフィール
ケン坊さん
  • 重要な場面での心構えを知りたいビジネスマンに捧げる、越後の龍・上杉謙信の名言3選
  • 杉謙信自らが参加した合戦では無敗を誇った戦国武将・上杉謙信。「軍神」の異名で畏怖されたほか、出身地の越後(現在の新潟県)にちなんで「越後の龍」とも呼ばれました。宿命のライバル・武田信玄とは5回にわたる川中島の戦いを繰り広げています。川中島の戦いは信玄が領土拡大を狙っていたのに対し、謙信は信玄に追い出された武将たちの救援要請に応じただけで、自分の利益を度外視した出陣でした。謙信は人としての筋目を通す「義」を重視...
  • お節介オヤジの事件簿ケン坊さんのプロフィール
マイマイフラワーさん
  • 2017年12月03日のつぶやき
  • シーンが観れるかも!Toshl、ライブ映像8作品をdTVで配信 https://t.co/FSX7pdcMU5 Posted at 06:34 PM NHKドキュメンタリー - 風雲!大歴史実験「川中島の戦い 上杉VS武田 激戦の秘密」 https://t.co/Qud2msQJYl Posted at 06:29 PM 偉人たちの健康診断「越後の竜・上杉謙信 死の謎に挑む!」 - NHK 49歳...
  • THE GACKT様マイマイフラワーさんのプロフィール
seijiさん
  • 武田信玄、教科書から削除される
  • ル’sNEWS』(AbemaTV)では、 歴史学者で日本史を専門とする東京大学教授の本郷和人氏に見解を聞いた。 (中略) ・武田信玄、上杉謙信について 「武田信玄と上杉謙信の『川中島の戦い』は、言ってみれば地方における 大名と大名との戦い。歴史の大勢に影響なしという判断だろう」 戦国九州三国志http://maruttome.blog.fc2.com/blog-entry-4523....
  • 2chまるっとめ!seijiさんのプロフィール
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 歴史教科書見直し問題 困惑する上杉家と余裕の武田家
  • 昔から数えていけば、“偉人”だって膨大な人数になりますしね。ただ、戦国時代は室町幕府の滅亡から始まり、江戸幕府の成立に至るまで、とてもダイナミックに流れていくでしょう。そうした流れを理解するうえで、“川中島の戦い”などは教科書に残してもいいんじゃないかとは感じます」  今回の精選案では、上杉謙信と川中島で相対した武田信玄も削除候補となっている。ただし、大名としての「武田氏」が今川氏、朝倉氏などとともに教...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
jacktheripper25さん
  • 【歴史】歴史教科書見直し問題 困惑する上杉家と余裕の武田家
  • 昔から数えていけば、“偉人”だって膨大な人数になりますしね。ただ、戦国時代は室町幕府の滅亡から始まり、江戸幕府の成立に至るまで、とてもダイナミックに流れていくでしょう。そうした流れを理解するうえで、“川中島の戦い”などは教科書に残してもいいんじゃないかとは感じます」  今回の精選案では、上杉謙信と川中島で相対した武田信玄も削除候補となっている。ただし、大名としての「武田氏」が今川氏、朝倉氏などとともに教科...
  • ぎぎぎ速報jacktheripper25さんのプロフィール

川中島の戦いを含むトラコミュ

山本勘助
  • 山本勘助
  • 三河国宝飯郡牛久保(愛知県豊川市牛久保町)の生まれと伝わる。諸国を流浪し剣術や軍学を修めたとされる。当初は今川氏への仕官を希望していたが叶わず、天文12年(1543年...
  • トラックバック数:123 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:歴史ブログ
川中島
  • 川中島
  • 長野県長野市の犀川と千曲川に囲まれた三角地帯の地名。戦国時代にここで武田信玄と上杉謙信による川中島の戦いが行われたことで有名で、現在川中島古戦場として観光名所に...
  • トラックバック数:81 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:旅行ブログ
甲斐善光寺
  • 甲斐善光寺
  • 甲斐善光寺は山梨県甲府市善光寺にある浄土宗の寺院。山号は定額山。詳しくは定額山浄智院善光寺と称する。長野県長野市にある善光寺をはじめとする各地の善光寺と区別する...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:旅行ブログ
松代城
  • 松代城
  • 松代城は、長野県長野市松代町松代にある城郭である。元々は海津城と呼ばれていた。形式は輪郭式平城。国指定史跡。武田信玄はこの城を高坂昌信に守らせ、武田氏と上杉氏の...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

川中島の戦いを含むブログ村メンバー

  •  
信州松代夢空間さん
  • 信州松代夢空間・まちづくりブログ信州松代夢空間さんのプロフィール
  • 信州松代のまちづくりに取り組んでいるNPO夢空間松代のまちと心を育てる会の公式ブログです。
松代最高さん
  • 川中島の戦い松代最高さんのプロフィール
  • 川中島の戦いを重点に武田VS上杉にゆかりある場所をご紹介していきます。

川中島の戦いを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 時点で戦うかによっても変わってしまうと思います。 お互いの最盛期であれば織田軍が勝つでしょうし、川中島の戦いをやってた頃なら間違いなく武田軍の勝ちでしょう。 というわけで、三方ヶ原後信玄が元気に上洛を...

にほんブログ村

>

キーワード

>

川中島の戦いについて