新田義貞

新田義貞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 太田歴史公園の新田義貞の銅像
  • [新田義貞] ブログ村キーワード群馬県太田市の太田歴史公園には新田義貞の銅像があります。南朝方として後醍醐天皇に従った忠臣として楠正成と並んでとっても有名な人ですね。鎌倉を攻めあぐねていた義貞が稲村ケ崎で黄金の太刀を海中に投げいれて竜神に祈願したら、潮がひいて鎌倉に突入することが出来たという・・その祈願のシーンが銅像になっています。義貞さん神妙に祈願しています。バランスがいまいち好みじゃないのでワタ・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田義貞を含むブログ記事

黙翁さん
おやじのつぼさん
  • 葛飾北斎の描いた風景をたどる。+α。隅田川沿い。その2。
  • 物とは違い、採算を度外視した豪華な作品が多いのが特徴です。葛飾北斎が為一(いいつ)と名乗っていた60〜70歳代中頃の作品で、墨田区東向島の法泉寺を訪れる参詣客の様子が描かれています。門前の右の石柱に「新田義貞公守本尊髻(もとどり)不動明王嶌法泉寺」とあります。現在のところ、江戸時代の法泉寺に関する版画はこの作品だけであり、墨田区所蔵のピーター・モースコレクション以外では確認されていない唯一の作品で、墨田区...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
おちゃさん
  • H氏が七里ガ浜に来られるとおっしゃるので、あちこちご案内してみた@鎌倉市稲村ガ崎〜七里ガ浜
  • しょう?こちらも。INAMURA SURF。H氏が登場@江ノ電稲村ヶ崎駅改札近く。では海へご案内。「ここは住所でいうと稲村ガ崎地区です」「真南は太平洋になります」「左手(東)は稲村ヶ崎の岬です。大昔の新田義貞の太刀の伝説なんてのを、稲村ヶ崎に関してお聞きになったことがあるかもしれません」「右手(西)に向かって小動の岬までが、いわゆる七里の浜でありまして、それが七里ヶ浜ですが、実際には七里もあるわけではない...
  • 「家」 生活スタイルを考える@鎌倉七里ガ浜おちゃさんのプロフィール
Suikaさん
  • #5408 金龍寺('16 ぐんま秋)
  • した。帰宅時 雨脚が強くって びしょ濡れまいった まいったえーと歴を10ヶ月戻して 平成28年秋の思い出 '16 ぐんま秋' の32回目をいきましょう今回も 太田市から金龍寺(きんりゅうじ)15世紀に新田義貞を供養するために開かれた禅寺。館林城主榊原氏により再興され 境内に江戸時代初期に建てられた義貞の供養塔があります。しっかり手を合わせてきましたそれでは 良い週末をお迎えくださいジャンル:ウェブログコメ...
  • Suikaがゆく!?Suikaさんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章40母衣のお墨付き・北条時行の復活、青野原の合戦
  • )後醍醐天皇(皇族・50歳)南朝を開闢、北畠顕家の上洛を催促護良親王(皇族・30歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・20歳)第二次遠征軍を率い、鎌倉を破り、京へ進軍新田義貞(武家・36歳)次男義顕が北畠顕家遠征軍に参戦足利尊氏(武家・33歳)次男義詮が北畠顕家に追われながらも追撃斯波家兼(武家・30歳)甥で初代関東管領家長が戦死葛西清貞(武家・47歳)弟(?)武治が第二...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
徒然日記さん
  • 後醍醐天皇は魂の政治家?!
  • 作り出し、そのパワーで鎌倉幕府を打倒していくのである。途中、幕府に知られて、笠置山(京都府)へ逃げたり、隠岐の島へ島流しにあったりしながらでも、決して、あきらめることはない。そして、ついに、楠木正成、新田義貞、足利尊氏らの力を借りて、1333年に鎌倉幕府を打倒するのである。まさに、神がかり。そして、始めたのが、「建武の新政」。天皇中心の政権を作り、武士を統治しようとするが、時代に合わずに3年後には九州に追...
  • 徒然日記徒然日記さんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章39母衣のお墨付き・再び白河関を突破した東北の軍勢と斯波家長の戦死
  • 南延元2年)後醍醐天皇(皇族・50歳)南朝を開闢、北畠顕家の上洛を催促護良親王(皇族・30歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・20歳)第二次遠征軍を率い、関東を攻撃新田義貞(武家・36歳)次男義顕が北畠顕家遠征軍に参戦足利尊氏(武家・33歳)次男義詮を初代鎌倉公方に任命斯波家兼(武家・30歳)甥で初代関東管領家長が北畠顕家遠征軍に決戦を挑む葛西清貞(武家・47歳)弟(?...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
末永能登守14611514さん
  • 第十章38母衣のお墨付き・第二次北畠顕家遠征軍出陣、謎の人物葛西武治
  • 延元2年)後醍醐天皇(皇族・50歳)南朝を開闢、北畠顕家の上洛を催促護良親王(皇族・30歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・20歳)第二次遠征軍を編成、霊山より出陣新田義貞(武家・36歳)北陸地方を拠点に勢力回復を模索足利尊氏(武家・33歳)奥州総大将に石塔義房を任命斯波家兼(武家・30歳)兄高経が金ヶ崎城を落とす、甥家長が関東管領に任命葛西清貞(武家・47歳)弟(?)...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 湘南海岸ポタリング
  • の島も白波の上に浮かんでいるような絶景が見られました。江の島、七里ヶ浜海岸を走り、関東富士見百景と言われる「稲村ヶ崎」に着くと、多くの散歩人が集い久しぶりの富士山を望む絶景が見られました。稲村ヶ崎は、新田義貞が鎌倉攻めを行った際の古戦場としても有名ですが、台風の影響で高波が岩場に打ち砕ける光景がみられ、その光景を写そうと多くのカメラマンがシャッターチャンスを狙い撮り合戦場となっていました。稲村ヶ崎で一休み...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール

新田義貞を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田義貞について