新田義貞

新田義貞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 太田歴史公園の新田義貞の銅像
  • [新田義貞] ブログ村キーワード群馬県太田市の太田歴史公園には新田義貞の銅像があります。南朝方として後醍醐天皇に従った忠臣として楠正成と並んでとっても有名な人ですね。鎌倉を攻めあぐねていた義貞が稲村ケ崎で黄金の太刀を海中に投げいれて竜神に祈願したら、潮がひいて鎌倉に突入することが出来たという・・その祈願のシーンが銅像になっています。義貞さん神妙に祈願しています。バランスがいまいち好みじゃないのでワタ・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田義貞を含むブログ記事

okadoさん
  • 新田義貞に滅ぼされた鎌倉幕府
  • 1333年(元弘3年)5月7日、足利高氏(尊氏)らが六波羅探題を落とすと、その翌日、新田義貞が上野国生品神社で挙兵。新田義貞像(府中市:分倍河原駅前)挙兵時は150騎程度だったといわれていますが、軍を進めるに従いその数を増し、5月11日の小手指原の戦い、5月12日の久米川の戦いで北条軍(鎌倉...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
あずフィスさん
  • 本日はゴーヤーの日です。
  • 年制定。五(ご)八(よう)で「ごよう」(御用童画)の語呂合わせ。本日は父母の日(韓国)です。元々は1956年から「母の日」として実施していたが1973年から「父母の日」に。そのほかの出来事1333年 新田義貞が上野国で北條氏討伐の旗揚げ(群馬県)1429年 ジャンヌ・ダルク率いるフランス軍がイギリス軍を撃破しオルレアン市解放1559年 エリザベス英女王が礼拝の方法を統一する「教式統一令」を発布。英国国教会...
  • あずフィスのきょうの出来事あずフィスさんのプロフィール
ちーしょこさん
  • 下総の国より、武蔵の国へ2
  • 建っているだけでした。 楼門 米津寺(米津出羽守田盛によって菩提寺として創建された寺)の楼門を明治28年に移築したものです。 現在の国分寺。 鎌倉時代後期の戦いで焼失した武蔵国分寺は、新田義貞の寄進により薬師堂が再建された。江戸時代には将軍家より保護されました。 薬師堂 石塔 鐘楼 明日は、国分寺境内にある「万葉植物園」をご紹介します。 ■お知らせ■5/23(水) 「千葉...
  • ママと愛犬の快適な生活をサポートちーしょこさんのプロフィール
kurouさん
  • かながわの景勝50選〜稲村ヶ崎〜
  • 稲村ヶ崎は新田義貞の龍神伝説で知られている古戦場。尋常小学校の唱歌「鎌倉」にも「七里ヶ浜の磯づたい稲村ヶ崎名将の剣投ぜし古戦場」と歌われています。稲村ヶ崎http://www8.plala.or.jp/bosatsu/...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
kurouさん
  • 稲村ヶ崎〜剣投ぜし古戦場〜
  • 「なげ入れしつるぎの光あらはれて千尋の海も陸となりぬる」稲村ヶ崎は、新田義貞の鎌倉攻めの際の古戦場。稲村ヶ崎碑の後方には明治天皇の歌碑が建てられています。稲村ヶ崎http://www8.plala.or.jp/bosatsu/page136inamura.htm・・・・・・・...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
ikedakouichirouさん
  • 鎌倉幕府を倒したのは誰?の話
  • です。 カッコイイ!!! 本題の鎌倉幕府を倒したのは誰?ですが、これ、中学受験生なら50%で後醍醐天皇、50%で足利尊氏と答えてほしいところです。実際のところ、鎌倉幕府を倒したのは大学受験レベルですと新田義貞です。 足利尊氏(ホントは高氏)は六波羅探題をぶっ潰しています。 そして楠木正成は最後まで、朝廷(天皇家)を守った人としてあがめられ、皇居付近に銅像として設置されています。 朝敵とされているのは、もち...
  • 中学受験のプロが語る中学受験に役立つ話ikedakouichirouさんのプロフィール
okadoさん
  • 日坂〜新田義貞鎌倉攻めの古戦場〜
  • 1333年(元弘3年)、新田義貞はこの坂を下って鎌倉へ進軍。そのため「新田坂」と呼ばれていましたが、いつの頃からか「日坂」と呼ばれるようになったのだとか・・・江ノ電の鎌倉高校前駅は、1903年(明治36年)、日坂駅として開業しました...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
日向亮司さん
  • 父子草
  • ここで失ってしまえば天下の大損。50文は人手に渡って生きているから天下の利。都合60文を生かしたことになる」と言ったそうである。一日1000円の駐車料金を喜んでいる場合ではない(笑)。次に思い出す話は新田義貞と義父安藤聖秀とのやり取りである。義貞は北条の側近である聖秀の娘を妻に迎えている。それがこの戦いでは敵味方に分かれることになる。安部龍太郎の小説「義貞の旗」の中の一節である。「聖秀どの、戦いの決着はす...
  • ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 第3章 鎌倉時代 5 北条守時
  • じゃなかった」 謀反人の義兄として、守時に対する幕府内の風当たりは強烈なものでした。 守時は疎外され、足利との密通を疑われたり、根拠なき誹謗中傷にますます苦しむことになったのです。 1333年、ついに新田義貞が倒幕の兵をあげます。 連戦連勝して意気上がる新田軍は一気に鎌倉に向かいました。 守時は、自ら捨て石となって戦場に赴き、やけくそになって敵兵を斬りまくりました。 そして、自分の腹を十字に引き裂いて、切...
  • 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
日向亮司さん
  • 日永
  • いしぶみに読めぬ字を読む日永かな九品寺は新田義貞が建立した寺である。戦いが終わった3年後の建武3年(1336年)に義貞は戦没将士の霊を慰めるために本陣を置いたその場所に寺を建てたのである。入口にある山門の扁額「内裏山」と本堂に掲げられた「九品寺」の...
  • ひこばえ日向亮司さんのプロフィール

新田義貞を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田義貞について