新田義貞

新田義貞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 太田歴史公園の新田義貞の銅像
  • [新田義貞] ブログ村キーワード群馬県太田市の太田歴史公園には新田義貞の銅像があります。南朝方として後醍醐天皇に従った忠臣として楠正成と並んでとっても有名な人ですね。鎌倉を攻めあぐねていた義貞が稲村ケ崎で黄金の太刀を海中に投げいれて竜神に祈願したら、潮がひいて鎌倉に突入することが出来たという・・その祈願のシーンが銅像になっています。義貞さん神妙に祈願しています。バランスがいまいち好みじゃないのでワタ・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田義貞を含むブログ記事

hhwasaさん
  • 或る、神無月の白鷹
  • 」の意であり神を祭る月つまり「神の月」とする説が有力 太刀魚黄揚げの南蛮漬け写真提供 白鷹 太刀魚の名の由来は太刀(たち)を思わせる外見や頭を上にして餌を狙って立ち泳ぎするので「立魚」とする説もある 新田義貞(鎌倉時代末期)が稲村ヶ崎に投げた太刀が魚になったという伝説もある 昔は体表を覆っているグアニンをガラス玉に塗って模造真珠を作っていた 黒子茸の真空瓶詰    ...
  • 日本料理、和食のヒント!給料を稼いで調理士になろうhhwasaさんのプロフィール
ufitさん
  • 『北陸から見た日本史』
  • 古学の研究結果、木曽義仲を支えた北陸の武士たちの勢力、「平家にあらずんば人にあらず」の言葉で知られる平時忠が能登に流されて時国家の祖となった話、南北朝の時代に越前で一時的に天皇として振舞った恒良親王と新田義貞らの活躍、前田利家に始まる前田家における他の大名や徳川幕府とのやり取りなどが扱われていて、特に中世以降が面白い。兼六園、一乗谷朝倉氏遺跡、金沢城、高岡城、七尾城など、史跡や名勝の話もなされていて、特に...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
きょうな ☆さん
  • 黒髪なので黒髪の神社へ・・・(^◇^)(笑)
  • 子供とかが舞を舞うのでしょうね。 ここはぐんま名所百選らしいです。 こんな石碑もいっぱい! そしてこれが黒髪山神社の本殿です。なかなか良い雰囲気♪ 本殿の前にて新田家の家紋ににているので、もしかしたら新田義貞とも関係があるのかもね。 でゎ中を覗いてみます。 絵馬が有ったり なかなか良い雰囲気の内部ですね。黒髪神社は榛名山にある相馬山が別名 黒髪山と呼ぶので、この山が御神体の神社のようです。多分 山岳信仰の...
  • おきょんのハッピータイム!!きょうな ☆さんのプロフィール
tatsuhikokamikoさん
  • 休みの月曜日?〜鎌倉へ。
  • 、妻の「鎌倉に行ってみたら?」の一言で決まりました。本日は朝6時半に家を出て鎌倉へ。僕の住んでいる多摩市には鎌倉時代末〜南北朝時代の古戦場跡があって、中でも関戸の戦いの古戦場跡は結構有名です。今回は、新田義貞が関戸の戦いで鎌倉幕府軍を撃破し、鎌倉へと一路突き進んだと言われるルートを意識して乗ってみました。距離はGoogle Mapによると47.9キロ。往復にすると96キロなので、自己最高の距離です。とは言...
  • うさぎのうにとなかまたちtatsuhikokamikoさんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 親の墓が遠くにあり墓参りの出来ない方々のために
  • 滅亡後に鎌倉入りを許されなかった源義経もこの寺に立ち寄って武蔵坊弁慶が大般若経を書き写したと言われている。ここは武蔵国府の近くにあり国衙荒廃後にはここが重要拠点と見なされるようになり、南北朝時代には、新田義貞が分倍河原の合戦で本陣を構えている。これら一連の戦乱によって寺が炎上するなどして見性寺は荒廃してしまった。そこで暦応年間(北朝、1340年前後)に入ると、足利尊氏が建長寺の大徹禅師を開山として招き臨済...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール
智本光隆さん
  • シーズン終わり・・・?
  • み解決座談会gooブログ、アプリを使ってみよう神剣の守護者2013/11/22桃山乱戦奇譚 天下人の血2013/5/3小説すばる 4月号2014/3/17前橋「まちなかキャンパス」「神剣の守護者外伝2新田義貞VS足利尊氏ー南北朝時代の神剣争奪戦!!」 2014年 10月14日(火)14:00〜15:30 前橋プラザ元気21 51・52学習室にて開催!!カレンダー2018年10月日月火水木金土1234567...
  • 智本光隆ブログ「雪欠片―ユキノカケラ―」智本光隆さんのプロフィール
オンチャンさん
  • 最御崎寺 - 足利尊氏が南北朝騒乱の戦没者菩提として土佐の安国寺に定める
  • ゅうがは、南朝・興国6年=北朝・貞和元年(1345)に、北朝初代・光厳院の院旨を得て、足利尊氏が南北朝騒乱で亡くなった南朝の第88代・後醍醐天皇や皇子達を含め、名和長年・結城親光・千種忠顕・北畠顕家・新田義貞・楠木正成・菊池武敏を初め多くの宮方(南朝)や、北朝にも組し亡くなった戦没者の菩提を弔うために、国ごとに一寺を建てたがです。新造営もあれば、既存の寺院を安国寺と定めたようで、土佐の場合は、最御崎寺が安...
  • 南国土佐へ来てみいやオンチャンさんのプロフィール
ゆきこさん
  • 弱みを見せて、人を頼るのは恥ずかしいことじゃない
  • 叶える引き寄せ手帳セミナー【残席3】12月7日(金)豊かさを引き寄せる恵比寿様のグループセッションお申し込みはこちらをクリック 先日は本当の自分に気づく!神さまセッション 今回のお客様の守護神様は、新田義貞さまとおつかえしている家臣の眷属さま 鎌倉幕府を滅ぼし、建武の新政の立役者となった勇猛果敢な男気溢れる上野国(群馬県)出身の歴史に名を残すすばらしい武将です! 足利尊氏の軍に奇襲され、北陸に逃れたのち...
  • 宇宙のメッセージの受け取り方ゆきこさんのプロフィール
マロンママさん
  • 冠稲荷神社
  • たくさんのお狐さまが♪安産狐縁結び狐金木犀は終わってしまっていましたが銀木犀がひっそりと咲いていました♪金木犀より柔らかい香です♪頂いた御朱印がこちら♪左側は10月1日〜10月21日までの限定御朱印で新田義貞きつねと月を彩る金木犀の花♪真ん中は通常バージョンですが戌の日に特別に安産狐の印を押して下さいます。今日から秋バージョンで紅葉を散らしてあります♪右側の可愛らしいこれも実咲社の御朱印ですが、ありがたい...
  • マロンの小さな庭マロンママさんのプロフィール
鎌倉殿さん
  • 東禅寺を訪問しました。
  • にあたり、また、反乱の首謀者の一人であった藤原師賢(もろかた)の身柄を預かり、鎌倉に帰還しました。戦歴をみても、かなり大物の御家人だと分かります。 その後、1333(元弘4)年5月、上野国(群馬県)の新田義貞(にったよしさだ)が討幕の挙兵をすると、得宗の北条高時公は、弟の北条泰家(やすいえ)や一族の金沢貞将(かねさわさだゆき)を新田軍の討伐に向かわせました。千葉貞胤は、この時も幕府軍の一員として金沢貞将ら...
  • 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール

新田義貞を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田義貞について