新田義貞

新田義貞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 太田歴史公園の新田義貞の銅像
  • [新田義貞] ブログ村キーワード群馬県太田市の太田歴史公園には新田義貞の銅像があります。南朝方として後醍醐天皇に従った忠臣として楠正成と並んでとっても有名な人ですね。鎌倉を攻めあぐねていた義貞が稲村ケ崎で黄金の太刀を海中に投げいれて竜神に祈願したら、潮がひいて鎌倉に突入することが出来たという・・その祈願のシーンが銅像になっています。義貞さん神妙に祈願しています。バランスがいまいち好みじゃないのでワタ・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田義貞を含むブログ記事

こぶたさん
  • 先週末のお城攻め
  • は疲れますね。 しかも普段は車のナビにお世話になりっぱなしなので、原チャリでは道がわからずけっこう迷子に。。。 それでも9:20頃には目的地近くに到着。(20kmちょいかな) ふと視線に入ってきた物が新田義貞公ゆかりのお寺のようです。 新田義貞は鎌倉時代後期に活躍した武将で、足利尊氏らと共に鎌倉幕府を倒した人です。 で、寄ってみました。新田義貞公の菩提所で、金龍寺と言うところでした。 階段を登ると七福神の...
  • inoとチュー太の足跡テケテケ「地下型の巣箱」こぶたさんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章63母衣のお墨付き・不可解な早世と2頭立て体制
  • 345年(北康永4年、南興国6年)後醍醐天皇(皇族)大和吉野にて崩御、享年52歳護良親王(皇族・37歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家)摂津阿倍野で戦死、享年21歳新田義貞(武家)越前藤島で討死、享年37歳足利尊氏(武家・41歳)石塔義房を更迭し、吉良貞家と畠山国氏を奥州管領に任命斯波家兼(武家・38歳)兄高経が越前国を再び平定葛西清貞(武家・55歳)孫清常の早世と為清...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
末永能登守14611514さん
末永能登守14611514さん
amryさん
  • 11月19日
  • ◇11月19日◇農協記念鉄道電化の日ペレの日世界トイレの日緑のおばさんの日いい息の日いい塾の日 ◇11月19日の歴史◇1335年新田義貞らが足利尊氏追討の為、京都を出発。1493年コロンブスがカリブ海の島・プエルトリコにヨーロッパ人として初めて上陸。1703年バスティーユ牢獄に収監されていた「常にベールで顔を覆った謎の囚人」が死亡。デ...
  • 今日は何の日.comamryさんのプロフィール
徒然草紙さん
  • 太平記2
  • 太平記22017-11-19 16:05:48 |読書 『太平記』の二巻を読みました。鎌倉幕府の滅亡から、建武の中興、足利尊氏の謀反と続き、新田義貞を中心とする宮方の反撃によって尊氏が九州へと落ち延びるまでが描かれます。 建武の中興は、武家の利益にかなったものではありませんでした。その目指すところはあくまでも公家中心の社会の実現にありました。『太...
  • 徒然草紙徒然草紙さんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章60母衣のお墨付き・名は体を顕さない、葛西親家の日本史デビュー
  • 343年(北康永2年、南興国4年)後醍醐天皇(皇族)大和吉野にて崩御、享年52歳護良親王(皇族・36歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家)摂津阿倍野で戦死、享年21歳新田義貞(武家)越前藤島で討死、享年37歳足利尊氏(武家・39歳)天竜寺上棟式に臨む斯波家兼(武家・36歳)兄高経が越前国を再び平定葛西清貞(武家・53歳)甥親家(?)が石塔義房と共に中尊寺に梵鐘を寄進葛西氏...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章59母衣のお墨付き・葛西氏の南朝離脱
  • 343年(北康永2年、南興国4年)後醍醐天皇(皇族)大和吉野にて崩御、享年52歳護良親王(皇族・36歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家)摂津阿倍野で戦死、享年21歳新田義貞(武家)越前藤島で討死、享年37歳足利尊氏(武家・39歳)4男基氏が誕生斯波家兼(武家・36歳)兄高経が越前国を再び平定葛西清貞(武家・53歳)弟武治没、南朝離脱、北畠顕信を日和山城から追放北畠顕信は...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十章58母衣のお墨付き・押領に悩む土用若、高清の決断
  • 342年(北康永元年、南興国3年)後醍醐天皇(皇族)大和吉野にて崩御、享年52歳護良親王(皇族・35歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家)摂津阿倍野で戦死、享年21歳新田義貞(武家)越前藤島で討死、享年37歳足利尊氏(武家・38歳)4男基氏が誕生斯波家兼(武家・35歳)兄高経が越前国を再び平定葛西清貞(武家・52歳)第三次三迫大会戦に敗れ、北畠顕信と共に日和山城に退却第三...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール

新田義貞を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田義貞について