京極高次

京極高次についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 京極高次
  • 京極高次はその後どうなったのか?【送料無料選択可】神君家康の密書/加藤廣/著(単行本・ムック)どうやら籠城したことが関ヶ原の合戦に行く西軍の兵を足止めさせたということで家康が功績をたたえて高野山から下山させて若狭の国主になったようです。[京極高次] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • TM日記 てーえむさんてーえむさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

京極高次を含むブログ記事

hitorimaさん
  • このごろマイブームの山城歩き、今回のターゲットは若狭国・後瀬山城〜2018.03.15(3)〜
  • たことから豊臣秀吉によって取りつぶされ、戦国大名としての若狭武田氏は滅亡します。以後小浜を拠点に若狭を領したのは、丹羽長秀、浅野長吉、木下勝俊といった秀吉シンパの大名たち。関ヶ原の戦いの論功行賞により京極高次に若狭国が与えられたところで江戸時代を迎えました。武田氏が若狭国を統治するために築いたのが後瀬山城です。最初のうちは、別の場所に守護所を置いていました。しかし、領国のほぼ中央に位置し、古代以来の中心地...
  • どこかへ行きたい〜旅に関するあれこれ。ちょい鉄〜hitorimaさんのプロフィール
sugar-tさん
  • 八幡山城
  • 所在地   滋賀県近江八幡市宮内町 立地    山城 築城時期  1585年(天正13年)築城者   豊臣秀吉、豊臣秀次改修者   京極高次   現状    村雲御所瑞龍寺遺構 曲輪、石垣別称    近江八幡城羽柴秀次の居城として知られる。秀次は18歳で入城したが、1590年(天正18年)に尾張国清洲城へ移封。1595年(文禄4年...
  • どの城を攻めようぞsugar-tさんのプロフィール
フェアリーグランマさん
  • ・・・・「おばぁちやんは、永遠の反抗期なんです」・・・・
  • 川林政史研究所、名古屋の蓬左文庫などにある家康のこの訓戒状は1612年2月25日付だ。駿府に隠居していた家康が、江戸の将軍秀忠の正夫人、於江与に宛てた手紙だ。彼女は織田信長の妹お市の方の三女で、淀殿と京極高次夫人、お初の妹。若くして尾張大野城主や豊臣秀吉の養子秀勝に、嫁したが死別し、22歳のとき6歳年下の徳川秀忠と三度目の結婚をした。 二男五女をもうけ、長女は千姫、五女和子は後水尾天皇の中宮。長男竹千代、...
  • おばあちゃんのひとりごとフェアリーグランマさんのプロフィール
権中納言さん
  • 近江国 大溝城跡
  • 寺の変が起きると明智光秀の娘を妻としていた津田信澄に嫌疑がかかり6月5日四国遠征途上の信澄は摂津国野田城にて織田信孝(信長の三男)丹羽長秀の軍勢に討たれました。信澄の後、丹羽長秀・加藤光泰・生駒親正・京極高次・織田三四郎と入れ替わり城主となった。1603年廃城となり破却されました。1619年分部光信が大溝藩2万石で入封し大溝城三の丸付近に大溝陣屋を構え、以後代々続き明治を迎えました。 廃城となった城...
  • 残された石垣を見つけたい権中納言さんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 浅井 初 遺書 (浅井三姉妹)
  • のごとく御目かけ候て給わり候べく候出典 常高院消息写常高院(じょうこういん)永禄13年(1570年)? − 寛永10年8月27日(1633年9月30日)戦国時代から江戸時代前期の女性。若狭小浜藩の藩主京極高次の正室。本名は浅井 初(あざい はつ)で、一般に「初」の呼び名で知られる。また、幼名は御鐺(おなべ)、於那。浅井三姉妹の一人。父は近江国小谷城主・浅井長政、母は織田信秀の娘・お市の方(織田信長の末妹)...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール

京極高次を含むトラコミュ

浅井長政
  • 浅井長政
  • 戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。近江国小谷城主浅井久政の子、母...
  • トラックバック数:36 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
京極高次
  • 京極高次
  • 京極高吉の長男。豊臣政権下で、義理の妹(淀殿)や妻(常高院)の「尻の光」に拠って出世したと言われ、陰で蛍大名と囁かれる。関ヶ原では西軍に付き、大津篭城戦で、名将立花...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

京極高次について