京極高次

京極高次についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 京極高次
  • 京極高次はその後どうなったのか?【送料無料選択可】神君家康の密書/加藤廣/著(単行本・ムック)どうやら籠城したことが関ヶ原の合戦に行く西軍の兵を足止めさせたということで家康が功績をたたえて高野山から下山させて若狭の国主になったようです。[京極高次] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • TM日記 てーえむさんてーえむさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

京極高次を含むブログ記事

いなかさん
  • 織田まつり
  • を務める。丹波市長が、織田信包役。おうっ。織田信長の妹・市と戦国武将・浅井長政との間に生まれた3人の娘、いわゆる浅井三姉妹(あざいさんしまい)。長女・茶々(淀殿)は豊臣秀吉の側室、次女・初(常高院)は京極高次の正室、三女・江(崇源院)は徳川2代将軍となる徳川秀忠の妻(御台所)となった。この三人は、ここ柏原藩の織田家で一時期養育されていたとも伝えられている。鉄砲隊。浅井三姉妹、柏原でこんなもん食べたんやろか...
  • いなかさんのべログいなかさんのプロフィール
城攻め日記さん
  • 滋賀県長浜市 小谷城跡 日本100名城
  • 家は、三代にわたり江北のちに栄えましたが、朝倉氏との同盟をないがしろにできず、朝倉氏を攻撃した織田信長を離反し、小谷の地に滅亡しました。しかし、お市の方との間にもうけた三人の娘は、長女は淀の方、次女は京極高次に嫁いだお初、そして三女の江は、徳川二代将軍秀忠の正室となります。大坂の陣でほろんだ豊臣秀頼、徳川三代将軍となった徳川家光は、ともに浅井長政の孫ということになります。ジャンル:ウェブログランキングに参...
  • 城攻め日記城攻め日記さんのプロフィール

京極高次を含むトラコミュ

浅井長政
  • 浅井長政
  • 戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。近江国小谷城主浅井久政の子、母...
  • トラックバック数:36 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
京極高次
  • 京極高次
  • 京極高吉の長男。豊臣政権下で、義理の妹(淀殿)や妻(常高院)の「尻の光」に拠って出世したと言われ、陰で蛍大名と囁かれる。関ヶ原では西軍に付き、大津篭城戦で、名将立花...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

京極高次について