石灰石

石灰石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石灰石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石灰石を含むブログ記事

のぶヒろぐさん
  • いつか熊野灰を再現してみたい
  • 幻の「熊野灰」のおさらいです。熊野灰は、現在では失われた伝統素材の一つに数えられる、漆喰の原料です。灰というからには石灰の種類の一つなのですが、原料となる素材がちょっと違います。石灰鉱山から産出される石灰石ではなく、「菊目石」とも呼ばれる造礁サンゴが原料となります。サンゴ礁のサンゴの死がいですから、その大きさは上の写真の様な小さなものから、沖縄の古民家などでは礎石として大きな菊目石が使われていることも。...
  • のぶヒろぐ〜漆喰について日々考える〜のぶヒろぐさんのプロフィール
のぶヒろぐさん
  • 光合成を子供に説明できない大人のためのお話
  • です。森や林の樹木が伐採され、木材として使われている限り、木に貯められた炭素が出てくることはありません。海にも植物、つまり海藻が生えています。実は海の中でも光合成が行われているのです。漆喰の原料となる石灰石。太古の昔に、サンゴやプランクトンなどの死がいが堆積して出来上がったものです。そしてコレが造礁サンゴの死がい。サンゴは「動物」ですから光合成はしません。実は、サンゴには褐虫藻という海藻が共生しているん...
  • あなたが漆喰を愛してくれますようにのぶヒろぐさんのプロフィール
太郎さん
  • 「平尾台」 その1 外の風景
  • 「平尾台」と周囲の景色を説明します。「日田彦山線」の「石原町駅」「日田彦山線」は、今年の「平成29年7月九州北部豪雨」で南半分の区間が甚大な被害を受けた路線です。もとは、「筑豊炭田」や「平尾台」付近の石灰石鉱山から算出される石炭・鉱石を運搬する貨物路線として、偉大なる「筑豊炭田」鉄道網の一つで大変にぎわっていました。 炭鉱が閉山されていき、この路線も周囲の路線にもれずローカル線となっていますが、線路沿い...
  • 太郎の部屋太郎さんのプロフィール
まるみさん
  • 2017にっぽん丸GW日本一周クルーズ  入り組んだリアス式海岸を航行
  • ないと小耳に挟みましたが、日本船の良さを再認識しました。主要な産業のひとつは水産業であり、沖合いは、「世界三大漁場」ともいわれる北西太平洋海域(三陸漁場)、養殖も盛んに行われています。また、市内各地に石灰石鉱山があり、大船渡湾奥には太平洋セメント大船渡工場があります。2011年の東日本大震災では市域に大津波が襲来、各所に甚大な被害が生じました大船渡市は大船渡町と猪川町で震度6弱、盛町で震度5弱を観測。ま...
  • まるみのあっちこっち巡りまるみさんのプロフィール
迷えるオッサンさん
  • 空から見た「天空のピラミッド」
  • 山地では石灰セメント原料の石灰岩採掘が知られ、わが平尾台に隣接する香春岳は「青春の門」の舞台となったことで有名だが、現在は山頂のみならず山体が半分切り取られている。■鳥形山は高知県最奥部仁淀川町にある石灰石採掘鉱山で、1971年から日鉄鉱業により本格開発に着手、年間1400万トンを産する日本最大級の露天掘り鉱山で、石灰石は山頂から23?のトンネル式ベルトコンベアで太平洋岸の須崎港まで運ばれて積み出されて...
  • いたたた・・タイ迷えるオッサンさんのプロフィール
SUBARU-SSさん
  • ☆トラムウェイ 16番HO 車輌 国鉄トキ25000 積荷:車輪
  • を装備、とび色塗装のトキで、工場・機関区、電車区間の車輪輸送を再現いただけるよう、車輪を積載しています。アオリ戸、妻板は平板で、頑丈な一体成型の車体に、手摺などは立体的な表現が施されています。通常は、石灰石などを輸送しているトキの内側も、リアルに再現され、車輪を安定して積載できるよう、仕切りも取り付けられています。車輛番号、各種表記類のインレタが添付され、トキ25000形各ナンバーを16番HOでお楽しみ...
  • SUBARU-SSからのお知らせSUBARU-SSさんのプロフィール
シルクロード雑学大学 ライフワークのある人生 「さん
  • 「天山を越えダモイ キルギスに抑留された元日本兵
  • トルあげた。車を止めて、案内役の村人の背中を追って川の斜面の岩場を行く。川原へと下りる途中の斜面に直径3メートルほどの穴があり、内側に白い石が円形に並んでいる。深さも3メートルほどであろうか。「確かに石灰石を焼く窯です。でも、道路側の風景が記憶と違います。もっと平らだったようです。川もこんなに近くなかった。でも、川向うに針葉樹の並ぶ斜面は、見覚えがあるように思います。何しろ60年も前ですからね」 60年...
  • シルクロード雑学大学 ライフワークのある人生 「シルクロード雑学大学 ライフワークのある人生 「さんのプロフィール
tomoeさん
  • ♪2017夏休み・カナダ バンクーバー ? ブッチャートガーデン
  • 花がいろいろ咲いています。見上げると青い空とハンギング既に癒されています。さて、こちらがガーデンの入り口となります。セメント製造業者のロバート・ブッチャート(Robert Pim Butchart)は石灰石の採石場を求めてカナダ西海岸に移り、1904年に採石場近くに邸宅を建てたそうです。その邸宅の隣に、夫人がガーデンを作り始めて大きくなっていったそうです。本当にいろんな花があります。こちらの建物は、案内...
  • 気ままなtomoeのブログtomoeさんのプロフィール
B767-281さん
  • 貨物鉄道博物館の保存車 5 無蓋車、ホッパ車
  • ト15も展示されているはずですが、見落としたのか写真はありません。ホサ1いわゆるホッパ車として国鉄で活躍した形式にホキ600形式があります。1930年に浅野造船所で16両が製造され、浅野セメント所有の石灰石輸送用25t積私有2軸ボギー鉱石車ヲキ1形と当初は称しました。この形式を参考にホッパ長を6040mmに短縮し、一端に木造の車掌室を設けたヲサフ1形23t積が4両、浅野造船所で製造されました。私有貨車で...
  • B767-281のブログB767-281さんのプロフィール
B767-281さん
  • 貨物鉄道博物館の保存車 4 有蓋車
  • 号1965年協三工業製造で、上記のワと違って車内に木の内張を持たない鉄製有蓋車で水と反応して高熱を発する生石灰の輸送などのために開発された車両です。石灰鉱山を控えた岐阜県大垣市の美濃赤坂駅に配置され、石灰石の製品輸送に国鉄末期まで活躍しました。ワフ21000形式 ワフ21120号ワフ21000形式は二軸客車改造の老朽車掌車(ヨ1形・ヨ1500形)の代替として、1933年から1939年にかけて、汽車製造、...
  • B767-281のブログB767-281さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石灰石について