枕草子

枕草子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [枕草子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

枕草子を含むブログ記事

YURIさん
えっちゃんさん
  • 2月18日(日)のつぶやき
  • しで 世界中の人に 見てほしい。 ― えっちゃん (@ecchan3)2018年2月18日 - 10:542月18日の誕生花【紅梅・紅千鳥(こうばい・べにちどり)】 花言葉:なんて愛らしい:清少納言は枕草子で、“木の花は濃きも薄きも紅梅”と書いています。艶やかな紅梅、紅千鳥は“見上げた時 の空の青さが目にしみる”と言われ… twitter.com/i/web/status/9… ― 日本の誕生花 (@t...
  • いいことタイムえっちゃんさんのプロフィール
すずたさん
  • 枕草子にも出てくる堀かねの井の本命なのか、堀兼神社の堀兼の井
  • 浅間社と言われており、その後、村社となり堀兼神社となったそうです。まず、平安時代前期の女流歌人である伊勢により、「いかでかと思ふ心は堀かねの井よりも猶ぞ深さまされる」の1首が詠まれました。清少納言の『枕草子』にも、「井は堀兼の井。走井は逢坂なるがをかしき。山の井。さしも浅きためしになりはじめけん。」とあり、天下の第1位に「ほりかねの井」を挙げています。他にも、紀貫之、藤原俊成、西行の歌にも詠まれています...
  • まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車ですずたさんのプロフィール
zuotengさん
  • 六世紀文選(もんぜん)編者の墓と受講生の新刊書
  • 自宅仕事机のわきにある書架の天板に漢籍がありますこれは『文選(もんぜん)』全六〇巻と別巻一巻ですが 356年前の江戸時代寛文2年(1662年)刊行の現物です『文選』は清少納言『枕草子』に「書(ふみ)は〔白氏〕文集・文選」とか 吉田兼好『徒然草』に「文は文選のあはれなる巻々」とかあるように 奈良平安鎌倉室町と盛んに読まれた古典です巻一をめくるとこういう塩梅です中国で原文と割注が印刷...
  • 照片画廊zuotengさんのプロフィール
libsaitamaさん
すみかさん
  • 吉田兼好の経歴はウソ。500年に及んだ捏造劇が明らかに
  • 『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(小川剛生 著)「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて」と書きおこされる『徒然草』を、国語の授業などで読んだことがある人は多いだろう。試験に備えて、「『枕草子』は清少納言、『徒然草』は吉田兼好」と作品と作者の組み合わせを暗記したこともあるかもしれない。だが本書の帯には「『吉田兼好』は捏造された」と、かなり刺激的な惹句が記されている。 人物研究におSourc...
  • ほーほーブログすみかさんのプロフィール
地球調律師*えんなさん
  • アシュタールに導かれたら、本当にピンポイントだった((((;゚Д゚))))!
  • ove&love ライトワーカ…jun-consultantさんスピリチュアル好き個人起業家で「集客」に…hiyo-minさんな〜んかモヤモヤ生き辛いをな〜んかハッピ…0129cocochanさん私の枕草子〜香りで本来のあなた様が目覚め…一覧を見る読者になる読者になると、このブログの更新情報が届きます。RSS※著作権についてのご注意次へ前へコメントする記事一覧上に戻る...
  • ガイアと宇宙の愛を受け取る!Cynthia Garden。o○゚+。地球調律師*えんなさんのプロフィール
バビロン東長崎さん
  • 平成ジャンプの山田君がでているドラマ
  • (1)ブログ再放送 (1)ザリガニくん (6)全力突っ込みシリーズ (5)表技 (1)理想 (3)音楽 (3)参考にならない仕事術 (1)記憶の石 (5)人に「3点」と言われそうなネタ (1)現代版枕草子 (1)ウスバカゲロウ (1)鍵 (1)収穫祭 (1)袋 (1)東急ハンズ (1)カブトムシ (1)金玉縮小 (1)成人式 (1)関西弁 (1)速読 (1)トイレの神様 (1)ベンツ (2)フルネーム...
  • 意味をあたえるバビロン東長崎さんのプロフィール
YURIさん
にのさん
  • 春節に思う
  • わなり』=後妻打ち については....ヽ(^_^;))((^。^;)ノ赤い国の春節は「民族大移動」のようですがあまりにも広大な国ですから風習・行事も千差万別で共通するのは『五月蠅い』だけ(/--)/「枕草子」正月一日は、まいて、空の景色うらうらと珍しく、かすみこめたるに、世にありとある人は、姿容心ことにつくろひ、君をもわが身をも祝ひなどしたるさま、殊(こと)にをかし。原文は「仮名と漢字」混じりの文章で句...
  • 遊びと〜ら三線会にのさんのプロフィール

枕草子を含むトラコミュ

徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』とあわせて日本三大随筆の一つと評価されている。つれづれなるまゝに、日暮ら...
  • トラックバック数:299 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:哲学・思想ブログ
玉造温泉
  • 玉造温泉
  • 玉造温泉は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。三名泉(「枕草子」)とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表す...
  • トラックバック数:9 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:旅行ブログ
榊原温泉
  • 榊原温泉
  • 榊原温泉(さかきばらおんせん)は、三重県津市榊原町(旧国伊勢国)にある温泉。七栗(ななくり)の湯とも言われ、能因本「枕草子」第117段に「湯はななくりの湯、有馬の...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

枕草子を含むブログ村メンバー

  •  
古文マスターさん
  • 50歳からの古文学習古文マスターさんのプロフィール
  • 高校の教科書に出てくる古文の現代語訳を中心に文法、文学史も適宜解説します
あすかともゆきさん
暗唱で人生が楽しいー「黄金の記憶術」さん
荒川和人さん
納言ちゃんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

枕草子について