一瞬の光

一瞬の光についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一瞬の光] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一瞬の光を含むブログ記事

こちら噂の情報局さん
  • はしだのりひこ死す〜悲しくてやりきれない
  • パライ」でオラは死んじまっただあ、で衝撃のデビュー。京都3人組のフォークグループ。3人のうち、2人が逝った。岡林信康や高石ともやら反戦フォークとは、一風違ったグループだった。結成わずか2,3年で解散。一瞬の光を放って去った。その一員はしだのりひこ(端田宣彦)が亡くなった。漫才コンビ雨上がり決死隊の一人、蛍原徹を見るといつもダブっていた。似ていないか?我輩だけか?72歳。今の時代、若い。パーキンソン病10年...
  • こちら噂の情報局こちら噂の情報局さんのプロフィール
Reverseさん
  • white 39
  • 。けど、他に目立った動きはない。どうやら、二人はそのまま眠ってしまったようだった。俺達はいつまで待てば良いのだろう。薄れていた不安が膨らみ始める。やっぱり作戦を練るべきかと、口を開こうとした時。辺りに一瞬の光の波が駆け巡った。。ジャンル:小説ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村コメント...
  • ReverseReverseさんのプロフィール
遙かなる透明という幻影の言語を尋ね彷徨うさん
  • 伊東静雄ノート3
  • が、『春のいそぎ』の〈平明な思案〉は現実とほぼ重なり合ってしまうのである。〈あゝわれら自ら孤寂なる発光体なり!〉の純白の世界へはもはや帰れないのでありあまりにもみじかい期間をはげしく燃焼しつくしたその一瞬の光芒のような〈個性〉のうちに、抒情詩の成立する根拠を問うことができるかもしれない。いま、伊東の熱く烈しく燃焼させた表現主体の根拠とはどこに求められたのか、伊東の思想を決定づけた日本浪漫派との出会いとはべ...
  • 遙かなる透明という幻影の言語を尋ね彷徨う遙かなる透明という幻影の言語を尋ね彷徨うさんのプロフィール
m & Mさん
  • 紅葉グラデーション
  • 一瞬の光をつかまえて一瞬の美に出会い残したいそしてそこで生まれる何か紅葉グラデーション...
  • mi*kA*Tam & Mさんのプロフィール
えむさん
  • autumn - Sakura
  • ずっと雨だったのに一瞬の光。こういう瞬間は燃えます。下のモフっとした草がキラキラして綺麗でした。- 八幡平の一本桜 -takaさんと。...
  • EAM Photoえむさんのプロフィール
osudameさん
  • 隠し絵の囚人:ロバート・ゴダードの感想
  • 00pt, 4.38pt真鍮の評決 リンカーン弁護士【マイクル・コナリー】B 6.50pt, 7.00pt, 4.58pt千尋の闇【ロバート・ゴダード】B 0.00pt, 0.00pt, 4.00pt一瞬の光のなかで【ロバート・ゴダード】B 8.00pt, 8.00pt, 4.00pt血の裁き【ロバート・ゴダード】B 0.00pt, 0.00pt, 4.40pt宿命の地: 1919年三部作 3【ロバート・...
  • オスダメ!?ミステリー小説osudameさんのプロフィール
なおさん
  • そうだ!京都に行こう!
  • の庭と命名されているとのことです。看楓拝観券を購入して中へ 通天橋 普門院庭園は人人人でした。お天気は、雲が多くいきなり暗くなって雨が落ちてきたりしました。しかし雲の流れが早く晴れ間が出ることも。その一瞬の光で輝く紅葉を何とか撮影しました。一部ではもう見頃を過ぎてしまっていました。どうしても日が陰るとイマイチでしたね。東福寺から今熊野観音寺まで歩いて行きました。こちらは、あまり訪れる人が少なく落ち着いて紅...
  • ご一緒にお茶をどうぞ・・・なおさんのプロフィール
かめぱぱさん
  • 今朝の一枚 「光り」
  • 二階の部屋の窓ガラスの反射光が演出した今朝の一枚。誰にもでもない僕だけに与えられた一瞬の光の世界だ。この発見、感動の積み重ねが今の自分を作り続ける。そう、永遠の今の連続が自分なのだ。どんなに多くの人との関わり合いがあろうとも、人生はすべて自分が描いてきているのだ。これからの未来の絵姿もそう...
  • かめぱぱの心のファインダーかめぱぱさんのプロフィール
mikaさん
  • 合図
  • ていましたから。ただ、ぴかっとしたせん光は初めて見た気がします。テレビの電源を切ったり入れたりするくらいだから、よほど伝えたいことがあったに違いありません。落ち着いた頃、久々に本を開いて見ました。 “一瞬の光の煌めき、そして輝きは、 天使がすぐ近くにいることの証です。 視野の中を移動する天使のエネルギーが、 光となって目に映るのです。 天使の光は、車の排気管から出る火花にも似ています。 エネルギー摩擦によ...
  • 日々を読み解くmikaさんのプロフィール
北山(ほくざん)さん
  • 歌誌「冬雷」2017年  11月号 私の心に残った歌 その6
  • 白きやまゆり埼玉 町 田 勝 男人家を避けて造成された東北道。当然、切り通しの道はやたらと多い。東北道で那須高原の辺りを走行した作者。 なだりに白きやまゆりを見掛けた。走行中の事で見えたのは、ほとんど一瞬の光景であったろう。 しかしながら確かに作者の脳裏に残された白きやまゆり。その群生はなだりの一面に広がった規模の大きい群生であった事が想像される。 うわむきに動かぬ蝉を拾わんと手を添えたればジジと脅さる...
  • 北山の歌雑記北山(ほくざん)さんのプロフィール

一瞬の光を含むブログ村メンバー

  •  
POLLYさん
高橋熱さん
かみやんさん
  • 一瞬の光かみやんさんのプロフィール
  • D70とVelbonで撮る日々。

にほんブログ村

>

キーワード

>

一瞬の光について