将校

将校についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [将校] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

将校を含むブログ記事

國乃礎さん
  • 第三巻激流の巻
  •  戸松は戦争の現実を直視しながら率直にいった。 熊は椅子のうでに頬づえをついて、かすかに頷きながらきいていたが、眉のあいだに二つ三つひだを刻んで、残念そうにいった。 「周総理は、中国現地にいる青年将校が和平運動に立上り、軍上層部を説きふせ、揺り動かしてくれることをひそかに願っていました。戸松さんが勇躍風をおこして走りまわっておられることを、大変よろこんでいたのですが、そのあなたが、不可解な召集によ...
  • いしずえ國乃礎さんのプロフィール
a87427さん
  • [転載]大逆事件連座で処刑医師、大石誠之助を名誉市民に
  • さん こんばんは 返事遅れました。七平さんの本で1年に一度読むようにしている本が3冊あります。 いずれも信仰とは関係がありません。 1.わたしの中の日本軍 上・下 2.ある異常体験者の偏見 3.一下級将校の見た帝国陸軍 山本七平の戦争3部作といわれるものです。クリスチャンの戦場体験として汲めども尽きぬ人生の示唆があります。 人生は極端の姿が一番ものごとがよくわかるからです。 そこにあるのは生か死で、偽...
  • 私の原発日誌a87427さんのプロフィール
館長のひとり言さん
  • にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(砲弾型兵隊貯金箱)
  • 広告を入れました。 さて、保存状態が良く、見栄えのする戦時中の兵隊貯金箱を収蔵しました。 上の写真、砲弾型兵隊貯金箱、陶器製、高さ15センチ、底の直径7.5センチです。 砲弾の貯金箱を背にして、陸軍の将校らしき兵隊が立っています。当時物としては比較的大きなものです。滑々とした比較的軽く綺麗な焼き上がり、欠けも汚れもなく美品です。 どんな状況で提供されていてたものか分かりませんが、当時物とすれば珍品です...
  • 館長のひとり言館長のひとり言さんのプロフィール
スタイルコンシェルジュ hideさん
  • やんちゃオヤジが伝授する「紺ジャケ」の着こなし3テクニック
  • ませんが、私はこの説よりも、これから紹介する説が有力ではないかと勝手に思っています。その説とは19世紀初頭にプロイセン軍の軍服出会ったプルシアンブルーのフロックコートがイギリスに広まり、イギリス海軍の将校用制服に開襟でネイビーブルーのフロックコートが採用された。このコートを動きやすいように短くしたものが士官候補生(通称:リーファー)用の制服隣リーファージャケットと呼ばれるようになった。軍の制服である起...
  • やんちゃオヤジのお洒落モテ服の選び方スタイルコンシェルジュ hideさんのプロフィール
内藤陽介さん
  •  教皇専用機で挙式
  • は、1931年にチリが発行した航空切手で、アンデス上空を飛ぶLAN航空(LATAM航空の前身)のプロペラ機とコンドルが描かれています。 LATAM航空の前身にあたるLAN航空は、1929年、チリの空軍将校アルトゥーロ・メリーノ・ベニテスによって設立され、同年3月5日、サンティアゴ=アリカ間での航空郵便の運行を開始しました。“LAN”は、もともとは“国営航空”を意味する“Línea Aérea Naci...
  • 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
涯 如水さん
  • 未知の世界へ 関野吉晴 =009=
  • 野吉晴?◎〇=?Webナショジオ_“北極探検?二つの物語”に転載・補講?=??関野吉晴の探求心はどこから来たのか ?◇◆?フィリピンから台湾へ、風待ちの停滞と国境の壁?=前節= ◆◇漁師、船員、海軍の将校も8月は避けた方がいいと言う。様々なデータを集め、マンダール人クルーたちの意見も聞いて、2009年の航海はパラワン諸島の北端コロンまでとした。?2年目(2010年)の航海は最初に難関が待っていた。フィ...
  • 閑仁耕筆涯 如水さんのプロフィール
ひろさん
  • 「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」、水深45メートルに埋蔵された3憶ドルの金塊、奪還作戦!
  • ランスから金塊や絵画など高額美術品を持ち出したが、旧ユーゴスラビアのダム近くで、レジスタンスに遭遇、爆破され、お宝は湖の下に沈んだのだった。1995年、紛争末期のサラエボ。ネイビーシールズは大活躍、敵将校を拉致、戦車で大暴れ、橋の真ん中で挟み撃ちに会うと、突然発砲、戦車ごと川に飛び込みます。そこは、ネイビーシールズのお家芸。無事任務をこなします。この冒頭部分は、かなり見せ場のあるアクションシーンで納得...
  • ひろの映画日誌ひろさんのプロフィール
たこやきさん
  • (書評)いくさの底
  • 著者:古処誠二「そうです、賀川少尉を殺したのはわたしです」 ビルマ北部のある村に駐屯する日本軍で将校が殺害された。のどかで、親日的な村で一体? その事件の裏にあるのは?実に5年ぶりくらいに読んだ著者の作品。その前に読んだ『ニンジアンエ』でも、戦場の悲惨さを描いただけの作品ではない、というようなことを...
  • 新・たこの感想文たこやきさんのプロフィール
akiさん
  • 白寿展湘南の海富士の冴ゆ
  • アロエの赤い花や水仙も満開、気持ちのよい一日を過ごすことが出来ました。友人は多摩美術大学出身画家として世に出ることはありませんでしたが、よい感性を持っていて、横浜時代からの長い友人です。父上が海軍技術将校で戦後私の弟達が、英語の家庭教師としてお世話になりました。二人とも海外で活躍しましたから、きっと色々学ぶことが多かったのだと、思ったりします。 白寿を迎えられた方の、素晴らしい作品の数々に魅せられ時の...
  • 四季折々の写真俳句集akiさんのプロフィール
にじの家さん
  • アジアは日本をどう見ているか
  • 上和彦氏が言う。「インドではインド国民軍が日本軍と共にインパール作戦を戦いそれが後のインド独立の布石になった。日本の敗戦後インド国民軍はイギリス軍に対する反逆者として取り扱われインパール作戦に参加した将校3人を反逆罪として極刑に処そうとした。これに怒ったインド民衆が蜂起して大暴動に発展。とうとうイギリスはインドに統治権を返還し、インドは1947年8月15日に独立を勝ち取った。だから彼らには“日本のおか...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール

将校を含むトラコミュ

戦争責任
  • 戦争責任
  • 戦争責任(せんそうせきにん)とは、戦時においてとった行動に対してとるべき責任のこと。しばしば戦争犯罪と混同されるが、戦争責任にはいくつかの側面があり、次のように...
  • トラックバック数:77 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:政治ブログ
二・二六事件
  • 二・二六事件
  • 二・二六事件(ににろくじけん、一般にはにてんにろくじけんとも)は、1936年(昭和11年)2月26日-29日に、日本において、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
五・一五事件
  • 五・一五事件
  • 五・一五事件(ごいちごじけん、一般にはごてんいちごじけんとも)は1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍急進派の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

将校を含むブログ村メンバー

  •  
Tonyさん
一乗寺浩詩さん
haruohiro9さん
ちょっぷくんさん

将校を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 。それは「日本は、防衛上の必要から戦争をした」というものである。さらに平成に入って韓国陸海軍将校が、靖國神社を公式参拝している事実に注目したい。韓国はこの事実をどう説明するのか。