方広寺

方広寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [方広寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

方広寺を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20171001-15
  • る穴も見つかっており、確認調査により境界を確定させ、特別史跡を適切保存し、次世代に伝え ... 岡部又右衛門家跡(名古屋市熱田区)みんカラ - Carviewその跡を継いだ宗光は、豊臣秀吉による京都の方広寺大仏殿造営にあたり、慶長14(1609)年名古屋城築城においては徳川家康から御大工頭を命じられました ... 「戦跡を撮る〜房総半島編」を開催しました産経ニュース千葉県館山市の赤山地下壕や、茂原海軍航...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
hitorimaさん
  • 分断された久大本線に見る九州北部豪雨の生々しい爪跡〜2017.08.24(1)〜
  • 的なお寺の立地です。晩夏とはいえ、九州ではまだまだセミが元気に鳴いています。門前の案内板で引っかかったのが、清韓(せいかん)和尚の墓があるという一節。臨済宗の僧・文英清韓は、大坂の陣のきっかけとなった方広寺鐘銘事件の中心人物です。豊臣秀頼が亡き父・秀吉の供養のため方広寺(京都市)大仏殿を再建した際、梵鐘の銘文に“国家安康”の文言を含む銘文を刻みました。これに家康が因縁をつけたことから徳川・豊臣両家の対立...
  • どこかへ行きたい〜旅に関するあれこれ。ちょい鉄〜hitorimaさんのプロフィール
京都観光コーディネーターさん
  • 松原橋/京都 ブログガイド
  • 参詣道でもあったことから、大変賑わっていたそうです。 ここに架かっている松原橋が、元々の五条の橋で、通りの両側に、見事な松並木があったことから、五条松原橋とも、呼ばれていたそうです。 豊臣秀吉が、方広寺大仏殿の造営に当たり、松原橋を現在の五条通に架け替えて、五條橋となりました。 そのため、五条松原橋の五条が外れて、以降は、松原橋と呼ばれるようになりました。 ところで、牛若丸と弁慶の五条大橋の決闘は、...
  • 京都 ブログガイド京都観光コーディネーターさんのプロフィール
京都観光コーディネーターさん
  • 松原橋/京都 ブログガイド
  • 参詣道でもあったことから、大変賑わっていたそうです。 ここに架かっている松原橋が、元々の五条の橋で、通りの両側に、見事な松並木があったことから、五条松原橋とも、呼ばれていたそうです。 豊臣秀吉が、方広寺大仏殿の造営に当たり、松原橋を現在の五条通に架け替えて、五條橋となりました。 そのため、五条松原橋の五条が外れて、以降は、松原橋と呼ばれるようになりました。 ところで、牛若丸と弁慶の五条大橋の決闘は、...
  • 京都 ブログガイド京都観光コーディネーターさんのプロフィール
スタンプログさん
  • 【風景印】 京都府 京都大仏前郵便局
  • ンプログ / コレクション22お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]【風景印】 京都府 京都大仏前郵便局クリップ追加2017/9/27(水) 午後 11:27【郵便局】京都府イラストは、『 方広寺の国家安康の鐘 と 鐘楼 』 です。大坂冬の陣引き金になった方広寺の国家安康の鐘。国の重要文化財に指定されています。映画関ヶ原を観たので、、、^^;http://map.japanpost.jp/p/...
  • スタンプログ / コレクションスタンプログさんのプロフィール
白黒茶々さん
  • 奥山方広寺の再訪とこぼれ話
  • 奥山方広寺の再訪とこぼれ話2017-09-27 01:10:43 |お出かけこんばんは、白黒茶々です。前回の日記の文中でも少し触れましたけど、私・箔・波の白黒茶々家の1人と2頭は、井伊谷の小野政次の終焉の地をめ...
  • 箔と波のつれづれ日記白黒茶々さんのプロフィール
なおさん
  • 秋めいてきた
  • 、国見岳 石門見て きのこ岩は諦めて ピストンで...今年も収穫が始まってます きうり ズッキーニ 茄子 トマト いんげん ピーマン トウモロコ...「直虎ゆかりの地」で賑わってたみたい 浜松にある「方広寺」「奥山高原」「竜が岩鍾乳洞」へ ...梅干しと梅シロップ 全部で4キロ 漬け込み終了! 美味しくな〜れ #梅干し #梅シロップ #梅夏です! 実際には夏キライ… 白枠茶枠どっちもいいな #グラスアー...
  • なおさんの時々なおさんのプロフィール
郷土愛好さん
  • 京都を訪ねて(16) 方広寺鐘楼・耳塚
  •  豊国神社の隣にある方広寺に行きました。鐘楼があり、大きな梵鐘が吊られています。大阪冬の陣のきっかけとなった鐘銘事件のいわくつきの鐘です。「国家安康」「君臣豊楽」の文字が刻まれています。国の重要文化財に指定されています。その下...
  • 歴史さんぽ郷土愛好さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 高瀬川舟まつり 2017年9/23(土・祝)
  • 0周年を記念して高瀬川ライトアップが9月23日まで。高瀬川のお話。高瀬川は木屋町二条あたりを起点とする物流用の運河で、京と大坂を結ぶ大動脈でした。角倉了以・素庵父子によって開削された運河ですが、元々は方広寺大仏殿の再興のための物資運搬を目的としていたとか。かつてはこの地と伏見を結ぶ運河で、伏見港あたりで宇治川に注いでいたそうですが、現在は十条通の手前で鴨川に合流するそうです。高瀬川といえば森鴎外『高瀬舟...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
郷土愛好さん
  • 京都を訪ねて(15) 豊国神社
  •  京都国立博物館の隣にある豊国神社と方広寺に行きました。豊国神社の鳥居は現在工事中のようです。立派な国宝の唐門は伏見城の遺構のようです。唐門脇にはひょうたんが植えられ、唐門にはひょうたん型の絵馬がたくさんかけられていました。唐門から拝殿と本殿...
  • 歴史さんぽ郷土愛好さんのプロフィール

方広寺を含むトラコミュ

板倉勝重
  • 板倉勝重
  • 板倉好重の子。徳川家譜代大名。江戸町奉行、京都所司代など歴任。徳川二十八神将の一人。京都所司代時代は、京都の治安維持、朝廷工作、豊臣家の監視に当たる。方広寺鐘銘...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

方広寺について