方広寺

方広寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [方広寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

方広寺を含むブログ記事

hinaさん
  • 奥山氏居館跡
  • たかよく理解できるのですが、浜松市のずーっと北、ここも浜松なの?まだ静岡なの?ってなくらい遠方で未だ訪問できない高根城も奥山氏の手によるものと知った時は少々クラクラしてしまいました。奥山には湖北五山の方広寺があるのでそちらを目指し、途中にある奥山氏館も見れたらいいな〜 でもほぼ畑化してるらしいから場所がわからないかも〜なんて思ってましたら難なく見つかりました。旗立ってるし(;´∀`)この高台一帯が奥山氏...
  • わたしの城めぐりhinaさんのプロフィール
快眠アド・バイヤーさん
  • 豪雨の浜松市北区
  • よく降った浜松北区、直虎ブームの龍潭寺の観光客もさすがに少なかったようです。大雨、大雪等には、すぐ反応する悪い癖のガンちゃん!奥山方広寺の小さな沢も氾濫、今が見ごろのアジサイも痛々しい姿になっていましたが、中には、誇りを持って咲いている美しい花もありました。               ガンちゃんの撮り歩き      森の淑女    ...
  • 快眠の道具快眠アド・バイヤーさんのプロフィール
立道智之さん
  • 佐野昌綱の野望 登場人物のご紹介 最終編
  • 若い頃の行動は実は良く分かっていません。家康の元に来たのは家康の関東入り、1590年頃で川越市の喜多院に入った頃に天海と名乗ったそうです。江戸を風水などで設計したと言われています。家康のブレ−ンとして方広寺事件など活躍後、秀忠、家光にも仕え108歳!で没したと言われています。天海、明智光秀説が有名ですが人生前半の足取りが不明、日光の明智平の説、徳川家光の乳母、春日局が光秀の重臣、斉藤利三の娘など(謀反人...
  • 立道智之の日記立道智之さんのプロフィール
Takafumiさん
  • 加藤 清正 (熊本)
  • 途中の船内で、実はすでに病魔に侵されていた清正は緊張の糸が切れたかのように突如倒れ、そのまま熊本に着くと49歳で死去した。 清正という重しがなくなった徳川家康は1614年、秀頼が徳川家康のすすめで方広寺大仏を再建した際に、鋳造した鐘の銘文中の「国家安康」の字句が「家康」の名を分割していて身を切断することを意味する呪いであると、また「君臣豊楽」の文字が豊臣家の繁栄を祈願していると、言い掛かりをつける「...
  • かなり簡略化し玄人向けではないけど深い歴史ブログTakafumiさんのプロフィール
トリステーザさん
  • 浜名湖湖北五山〜拝観料を取ることにビックリしたものの寺院観光地化で生き残りを賭けたか?
  • でに神社やお寺もザザっと巡ってみたのですが、いつの間にか、浜名湖「湖北五山」なるものが出来ていたようです。まったく知りませんでしたなあ。で、浜名湖「湖北五山」とは、・初山宝林寺(しょさんほうりんじ)・方広寺(ほうこうじ)・龍潭寺(りょうたんじ)・摩訶耶寺(まかやじ)・大福寺(だいふくじ)という、5つの寺院。三ヶ日から引佐にかけてのお寺ですね。で、こんな看板が出ているわけです。なんとまあ^^;いつの間に、...
  • のびやかな暮らしトリステーザさんのプロフィール
トリステーザさん
  • 浜名湖湖北五山〜拝観料を取るので参詣の際はご注意!
  • でに神社やお寺もザザっと巡ってみたのですが、いつの間にか、浜名湖「湖北五山」なるものが出来ていたようです。まったく知りませんでしたなあ。で、浜名湖「湖北五山」とは、・初山宝林寺(しょさんほうりんじ)・方広寺(ほうこうじ)・龍潭寺(りょうたんじ)・摩訶耶寺(まかやじ)・大福寺(だいふくじ)という、5つの寺院。三ヶ日から引佐にかけてのお寺ですね。で、こんな看板が出ているわけです。なんとまあ^^;いつの間に、...
  • のびやかな暮らしトリステーザさんのプロフィール
cocotabiさん
  • お墓参りをかねて井伊谷へ
  • 赤く彩られ、歓迎ムード一色(笑)ちなみに、直虎号のラッピング車両も走っていました(笑)大河ドラマ館では、実際に使われた衣装などが展示されていました。ここを訪れて思いましたが、龍潭寺のロケに使われている方広寺も意外と見ごたえがあるのかもと思いました。ちなみに、気賀駅では、奥浜名湖観光協会の事務所があり、いろいろな特産品も売っていました!濃厚な「みかんジュース」はまさに絞りたてみかん!といった感じでした!さ...
  • ここちよい旅cocotabiさんのプロフィール
武将ジャパンさん
  • 徳川家康はもっと評価されていい! 75年の生涯に見る熱き心と老練な政治力
  • 死。さらにその二年後には、清正と並ぶ豊臣系の有力武将・浅野行長も世を去ります。状況は変わりつつありました。火薬はあります。あとは導火線に火が付くのを待つだけです。付くか付かないか、大坂方次第でした。 方広寺大仏殿鐘銘事件から、大坂冬の陣へ大坂の陣の引き金となった「方広寺大仏殿鐘銘事件」。慶長19年(1614年)、秀頼が再建をすすめていた方広寺大仏殿が完成し、そこの鐘に刻まれた文字が問題となります。「国家...
  • 偏差値28から桜蔭合格までの道のり武将ジャパンさんのプロフィール

方広寺を含むトラコミュ

板倉勝重
  • 板倉勝重
  • 板倉好重の子。徳川家譜代大名。江戸町奉行、京都所司代など歴任。徳川二十八神将の一人。京都所司代時代は、京都の治安維持、朝廷工作、豊臣家の監視に当たる。方広寺鐘銘...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

方広寺について