藤原定家

藤原定家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原定家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原定家を含むブログ記事

miemamaさん
  • ちょっと京都まで(2) 〜京都の味編〜
  • 年から続く老舗で、天皇の即位の礼にお祝いの料理を御用達したこともある由緒ある料亭ということだ。 お料理は、おそらく西陣弁当 3500円(税抜き)。味は、ふつう。お料理には特別感はなかったが、敷地内には藤原定家がお茶に使ったとされる名水井戸が残っているなど、諸所に内外歴史が窺える。ちょうどお雛様の季節なので、見事なお雛様がたくさん飾られていた。4月10日までということで、ぎりぎりなタイミング。 そして、こち...
  • 気ままにmiemamaさんのプロフィール
マダムNさん
  • 歴史短編1のために #35 冷泉家の乞巧奠
  • に違いないと知識ではわかっていても、やはり具体的な情景が浮かんでこなかった。そうしたところへ、深夜BSプレミアムで「京都 冷泉家の八百年」(初回放送:2003年)が放送されていた。冷泉家は、藤原俊成、藤原定家の流れを汲む家系である。歌の家、冷泉家に今に伝えられる古式ゆかしい四季折々の行事がドキュメンタリータッチで紹介されていた。気づいたときにはすでに始まっていたため(慌てて録画した)、いくらか見損なったの...
  • マダムNの覚書マダムNさんのプロフィール
空さん
  • 百人一首を覚える 5歳 18首目
  • 首目クリップ追加2018/4/11(水) 午後 1:46百人一首を覚える 幼稚園年長5歳幼児教育毎日コツコツ、百人一首 17日目 3/30(金)来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ藤原定家 97番来ない人恋人をずっと待っているのは、つらい。塩を作っている海藻のように、私の想いに身を焦がしています。幼稚園児に説明するのは難しい歌です。藻塩と恋い焦がれるを合わせいるんですが・・・藻塩って何...
  • 未来のお宿 〜母の家計簿日記、父と娘のLEGO遊び〜空さんのプロフィール
petit KUJIRAさん
  • 無名抄を読む
  • なぜそんな書物を書いたかというと、彼が当時一流の歌人だったからです。高校では神職の道が断たれ、失望して隠棲し方丈記を書いたという程度しか習いません。萌え出づる春になりにけるかも長明が生きた時代は西行や藤原定家に代表される新古今集が成立する鎌倉期でした。武士が台頭し、世は戦乱の時代へと移っていきます。長明は後鳥羽院に愛され、和歌所(勅撰集の編集などを本務とする)の寄人にもなりますが、結局辞退して隠遁してしま...
  • いやしの風景petit KUJIRAさんのプロフィール
エリアンさん
libsaitamaさん
  • 百人一首 −百の恋は一つの宇宙…永遠にきらめいて−
  • リーで楽しむ日本の古典予約数: 0予想待ち時間: 数日図書館で予約する 携帯から【内容紹介】小野小町、清少納言、紫式部、式子内親王…。恋の歌を中心に取り上げて、百人一首の有名な歌人たちの生き様を描く。藤原定家の謎にもせまり、百人一首誕生秘話も綴る。古典の入門書に最適。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
コバヤカワさん
  • 『子宮委員長はるの子宮委員会』(KADOKAWA) ド迫力の人生論
  • ある。”肝”を”子宮”にあてはめれば、彼女の言っていることがわかるだろう。 この本は、いわゆるスピリチャル本ではない。スピリチャルを思わせるワードも出てくるけど基本はすべてフィジカル(肉体)である。 藤原定家もこう言っている「歌道の極みは身養生にこれあり候」いい歌を詠むには体を大切にすることが大事なのだ。いい人生もまた同様である(笑)Copyright © 2018 Kobayakawaのブログ...
  • Kobayakawaのブログコバヤカワさんのプロフィール
白河清風さん
  • 百人一首の新しい味わい方
  • こんにちは! 白河清風です。 小倉百人一首は、鎌倉時代の大歌人である藤原定家が13世紀に、古来の百ー歌人の秀歌を一人一首を選び集めたものです。 定家の日記である「明月記」によると、息子為家の岳父に当たる宇都宮頼綱が小倉山・嵐山・大堰川などがある景勝の地に山荘をもうけた折に...
  • 白河清風の恬淡無碍(風の流れのままに)白河清風さんのプロフィール
kokonosukeさん
  • 京都へ癌封じの旅!癌封じで有名な神社仏閣へ!!
  • みえ、奈良時代末期から平安時代初期にかけての歌人とされ、天武天皇の皇子・弓削皇子、柿本人麻呂の世をしのぶ名、その他諸説があります。平安時代中期には、藤原公任によって三十六歌仙の一人に数えられ、その後は藤原定家の『小倉百人一首』にも撰ばれて広く世に知られるようになりました。御由緒平安時代の末期、山城国綴喜郡”曾束荘”(現在の滋賀県大津市大石曽束町)に猿丸大夫の墓があったとされ、山の境...
  • 今日、私には夢があるkokonosukeさんのプロフィール
瀬川久志さん
  • 内閣支持率急落で新聞各社等の報道に変化の兆しが?
  • ひーちゃんの何でも放談 環境・エネルギー・社会・経済・政治・文化・教育・宇宙etc.ホーム過去の記事新着記事上に戻るPRフリーページ劣化する大学−なんともはや過激な大学論−藤原定家はオーロラを見たかもしれない安倍昭恵の森友学園に果たした役割はもはや忖度などではなく「関与」そのもの団塊の世代、奮起せよ!Everyone of all over the world!お気に入りブログ...
  • 旅日記、私の小説、時事瀬川久志さんのプロフィール

藤原定家を含むトラコミュ

常寂光寺
  • 常寂光寺
  • 百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号がつけられたとされる。平安時代に...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原定家について