藤原定家

藤原定家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原定家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原定家を含むブログ記事

うさ猫さん
  • 盲亀の浮木優曇華の花
  • 、詩歌、文芸に造詣が深く、紫式部のところに通っては「源氏物語」の原稿を催促したり、和泉式部も庇護したりしてるんです。 実は、うちの母が来春に、かな書道の個展を開催しようと準備しているんですが、メインは藤原定家が多いんですが、道長の時代のものも多く書くみたいなんで、普通に「かな書道個展」なんてやっても面白く無いんで「千年のナントカ」とかみたいな大袈裟なタイトルつけたらどう?と提案したんです。どうせだからサブ...
  • ジャンクの女王うさ猫さんのプロフィール
館長さん
  • 2018年10月16日のつぶやき
  • されます.10/23(火)三省堂池袋本店にて.詳しく… at 10/16 22:55fortune_ukyou / 占い師 右京RT @Iwanamishoten: 毎晩ゴヤの動向を語り,バルセロナで藤原定家の日記に苦しむ……『方丈記私記』『ゴヤ』などで知られる作家・堀田善衞の創作への情熱,社会に開かれた魂,少しとぼけた日常を娘の目から追想する1冊です.堀田百合子『ただの文士 父,堀田善衞のこと』好評発…...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 書家・かな696/順徳院
  • たります。後鳥羽院と鎌倉幕府との争いから、25歳で譲位されました。「院」とは位を退いた後の呼び名です。佐渡ヶ島(現在の新潟県)へ流され、46歳で、その生涯を終えられました。この『小倉百人一首』を選んだ藤原定家(ふじわらのていか)に学ばれ、和歌を愛されました。ジャンル:ウェブログコメントTweet«伊豆新聞掲載=白虎の双子 展... |トップ |このブログの人気記事伊豆新聞掲載=妻良の海岸地形学...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
toshik2013さん
  • 侘び・Wabi
  • a season when we naturally tend to feel a little bit melancholy.Can it be wabi?客や弟子達に侘びとは何かを説明する為利休は藤原定家による和歌などを引用したと言われています。見わたせば花ももみぢもなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れIn order to explain to his guests and disciples what...
  • 茶の湯 in サンフランシスコ 表千家toshik2013さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 紅葉100シリーズ 重ねあう紅葉 常寂光寺
  • とができます。また身障者の方への配慮があり拝観料が無料車で拝観できるようになっています。開基は日禎という日蓮宗の高僧で、1595年に建立されたお寺です。日禎は当時日蓮宗本圀寺の住職でしたが、その後歌人藤原定家の山荘があったとされるこの場所を隠居の地と定め、ここにお寺を建立しました。日禎自身が歌人でもあり、平安時代の歌人藤原定家に憧れと尊敬を持っていたものと思われます。藤原定家は有名な小倉百人一首の選定者で...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 古今伝授
  • れ、その解釈なども秘事口伝(ひじくでん)の風潮のもとで神聖化され、特定の人だけに伝授された。これを古今伝授といい、東常縁によって整えられ、宗祇によってまとめられた。2.東常縁(1401?〜84?)は、藤原定家のながれをくむ二条流の歌学を身につけた歌学者、歌人。戦国初期の武将でもあり享徳の乱に京から下向参戦している。常縁は、1471年(文明三年)、美濃国の神社において連歌師宗祇に古今集の伝授を行った。〈20...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
野梵さん
  • 茗荷咲く
  • にしていますので、うちでも栽培してみようかと思いますが、これは山で採ってきたものなので栽培には向いてないかな?  この花を取り巻く様に這っているのがテイカカズラです。 百人一首の選者として知られている藤原定家が思いを寄せていた式子内親王(しょくしないしんのう)が亡くなった後、蔓となってその墓に絡みついたのでその名が付いたと言う話は、謡曲や能でも有名ですね。ここではミョウガの花が式子内親王といった所でしょう...
  • 野良爺風伝録野梵さんのプロフィール
drpionさん
  • 「秋」という季節
  • しさは その色としも なかりけり 真木立つ山の 秋の夕暮れ」(寂蓮)「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」(西行)「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」(藤原定家)やはり、夏が終わり冬へ向かう「秋」という季節には、「寂しい」という感情が似合うのでしょうか。幸い、子育てと仕事に追われていると、「秋」の寂しさに感傷的になる余裕がないので、案外助けられているのかもし...
  • Alltid Leendedrpionさんのプロフィール
小屋番さん
  • 更級や姥捨山の月ぞこれ 高浜虚子
  • 。 ブログ「重翁の写真俳句&紀行」虚子句碑紀行、写真俳句紀行、写真俳句日記で構成していますのなかから 「姨捨公園入口の虚子の句碑はすぐ見つかった。「今朝は早薪割る音や月の宿虚子」 長楽寺までの道筋に、藤原定家、西行法師、小野小町、小林一茶他、多数の句碑、歌碑があるらしいが、殆ど無視して虚子の句碑を発見した。「更級や姨捨山の月ぞこれ虚子」 両句とも昭和20年9月22日に疎開していた小諸から観月句会で来た時の...
  • 小屋番の山日記小屋番さんのプロフィール
みどりの木さん
  • 住吉大社の紹介8 浅沢社
  • 赤枠が初辰まいりの社です。浅沢社と大歳社は右上にあります。(左が北) 解説板と万葉集の和歌です。意味「住吉の浅沢小野の杜若を、衣に摺((す)りつけて着る日はいつになるのでしょう。」また、平安時代には藤原定家が「いかにして 浅沢沼のかきつばた 紫ふかく にほひ染めけん 」と詠んでいます。 浪花百景石和板「浅沢の弁才天」芳瀧(画)明治維新前後の錦絵です。 杜若の写真です。(杜若は花の中央に白い線があ...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール

藤原定家を含むトラコミュ

常寂光寺
  • 常寂光寺
  • 百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号がつけられたとされる。平安時代に...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原定家について