常陸国

常陸国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [常陸国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

常陸国を含むブログ記事

はちゃめっちゃんさん
  • 【家庭菜園(My Vegetable Garden)】ブルーベリー苗ゲット
  • 本日もバモスでございます。「海陸の宝蔵であり、物産の資源があぶらのように滴っている常世の国」(常陸国風土記)。そんな茨城から今日も元気に発信しますよ家庭菜園を始めて3年目のルーキーですよ。はちゃめっちゃん(相互フォロー)@lMO1xb0516JSeyc#家庭菜園#ブルーベリー苗を4本ゲット!2018...
  • 半農半JOBHOPPER LABOはちゃめっちゃんさんのプロフィール
てんごく。さん
  • 常陸国一宮【鹿島神宮】正式奉納を終えました
  • 先日、10月18日茨城県鹿嶋市の常陸国一宮鹿島神宮での正式奉納を終えました。常陸国一宮 鹿島神宮は、下総国一宮の香取神宮と深い関係にあり、「鹿島・香取」と並び称されています。また伊勢神宮とあわせて古来より三大神宮とも呼ばれます。毎年1月1...
  • てんごく。さんのリアルアセンションワールドてんごく。さんのプロフィール
kurouさん
  • 源頼朝の挙兵と富士川の戦い
  • 源頼朝は貴重な勝利を手にしています。頼朝は勢いに乗って、逃げた平氏軍を追おとしますが、千葉常胤、三浦義澄、上総介広常らに、東国の地盤強化が先と反対されて思いとどまったと伝えられています。その後、すぐに常陸国の佐竹氏を討ち、東国の地盤を固めていきます。...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 怪説・応仁の乱(20)〜番外編・その後の北畠〜
  • 房らとともに伊勢大湊(現・伊勢市)から陸奥へ向けて出航しています。ところがその船団が暴風雨に巻き込まれ、各人バラバラに各所に漂着。何とか顕信と義良親王は落ち合うことが出来て、已む無く伊勢へ戻る。親房は常陸国東条浦に上陸して神宮寺城(現・稲敷市)へ迎え入れられる。北畠親房一行が神宮寺に入城した報を受けた北朝方の佐竹軍が急襲し、神宮寺城は落城。親房は、小田城(現・つくば市)へ移り、そこから関東諸氏へ号令を発...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
ミッチーさん
ふるさと納税さん
  • ふるさと納税 地場産品
  • ていて、これが人気。しかしそういうのはダメ!と総務省は公式見解を出しました。(TдT)ところで、同じ茨城県でも、土浦市の十二単体験というのもありますが、これはどうでしょうか?これは、「万葉集に詠まれる常陸国の城下町土浦で、格式ある日本の伝統装束をお手軽に体験」というもの。夢をかなった!という女性も多いようです。平安装束 「十二単」着装体験(茨城県土浦市):寄付額 7万円...
  • ふるさと納税_ss101ふるさと納税さんのプロフィール
kinoさん
Roman1405さん
  • 景行天皇は東国に来たのか?
  •  常陸国風土記を紐解いていると景行天皇が東国にやってきた事が数カ所に書かれている。景行天皇は第12代天皇で、ヤマトタケルの父と言った方がわかりやすい。しかし実在...
  • まほらにふく風に乗ってRoman1405さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 120/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • も相手にされない。 自分はいくら陰謀を張り巡らしていないなどと主張しても誰も耳を傾けず、皮肉なことに有罪である証拠がないがゆえに法によって処罰がされないという日常を過ごさねばならなくなったのである。 常陸国鹿島郡に根拠地を置き、源義忠殺害事件の主犯と見なされるようになった平成幹は結局、安否不明のまま歴史の闇に姿を消している。園城寺で生き埋めにされたという噂を否定するには平成幹の生存が確認できなければなら...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 親の墓が遠くにあり墓参りの出来ない方々のために
  • (1399年)には応永の乱に呼応して将軍足利義満打倒を図ろうとした第3代鎌倉公方足利満兼が、それぞれ高安寺に陣を置いている。この状況は第4代鎌倉公方足利持氏の代にも変わらず、応永30年(1423年)に常陸国の小栗満重討伐の帰途に高安寺に入りここに仮の政庁を置いた。だが、翌年には失火による焼失を招いてしまい、再建を行う事になった。そして永享11年(1438年)には関東管領上杉憲実討伐のために持氏が再び高安...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール

常陸国を含むトラコミュ

新・常陸風土記(常世エコミュージアム)
  • 新・常陸風土記(常世エコミュージアム)
  • 大好き茨城!よかっぺ茨城。古の歴史が残る常陸国。その歴史や民俗性、海、山、里の各地に継承される祭事、伝承される民話、引き継がれる文化財など生きている博物館として...
  • トラックバック数:31 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

常陸国について