仁徳天皇

仁徳天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [仁徳天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

仁徳天皇を含むブログ記事

M・ITOさん
かがりさん
kyokaさん
  • 三光神社
  • 近くてなかなか行けてない神社 仕事で近くに来ていましたので今日は参拝してきました。 三光神社 ご祭神 天照大神、月読尊、素戔嗚尊 末社  仁徳天皇社 武内宿弥社 野見宿弥社 主守稲荷社 豊臣 対 徳川、最後の決戦「大坂夏の陣」圧倒的な軍勢を誇る徳川家康しかし、家康の首だけを狙い、一直線に切り込んでゆく武将の姿がその武将とは、NHK大河ドラマ『真...
  • 宇宙から愛のメッセージを届けるヒーラー 京叶です。kyokaさんのプロフィール
毒見四郎さん
  • Y染色体ハプロ型をC・D・O以外とする日本人
  • る官吏を務めたが、この三宅麻呂の後裔が鎌倉幕府で平姓を称えた御家人として千葉氏・畠山氏・河越氏らであって、平姓の意味は"多治比良(たじひら=多治比の良血が流れる)"の意である。 多治比氏は応神天皇陵や仁徳天皇陵が築かれた河内・丹比(たじひ)郡に開かれた河内王朝の王族であり、中央アジアを起源とするタジク族が極東に王権を誇ったのはアレクサンドロス3世によるタジク族の征服を契機とした。 タジク族を王族とした河内...
  • 教団 憂鬱の科学毒見四郎さんのプロフィール
清範剛さん
  • 東アジア激動の中の息長帶比賣命 〔235〕
  • 渡来を促すことができたと伝える。衣食住に関わる人々、おまけに論語まで先生付きで迎えることができたと言う。「言向和」は影を潜め、内なる高まりへと進んで行ったと述べる。邇藝速日命が叫んだ「虚空見」の国から仁徳天皇の「蘇良美都」の国へと変わる時であった。...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
yu asadaさん
  • 黒と白? 大鳥大社 白鳥になって飛び立ったヤマトタケル
  • サキという鳥がいまるが、これに御をつけるとミササギ(陵)となる。 ↑ 全長103メートルのナガレ山古墳。このくらいの大きさだったら、地上からでもなんとなく形がわかるが・・・ ↑ 全長840メートルの仁徳天皇陵(木が生い茂って丘のように見える部分)は境市庁舎21階展望ロビーから見ても、ぜんぜん前方後円墳だとはわからない。鳥が仁徳天皇陵の真上に飛び上がって見下ろしたとすると、前方後円墳の形がはっきりとわかる...
  • 旅 free styleyu asadaさんのプロフィール
ニュースが好きさん
かがりさん
  • 07-18 『古事記』 [中の巻] 15 第十五代 応神天皇(1)平和な御代
  • は多くの御子の中から、大山守命(オオヤマモリノミコト)、大雀命(オオサザキノミコト)、宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)の三神を皇太子とします。そのうちのオオサザキノミコトが皇位を継いで、第十六代、仁徳天皇となりました。ある時、応神天皇は、オオヤマモリノミコト、オオサザキノミコトを呼んで「お前たちは、子どもたちのうちで、年上の子と、年下の子と、どちらが可愛いと思うか」と尋ねました。それというのも、三人の...
  • 'ものがたり'散策かがりさんのプロフィール
ニュースが好きさん
冬川さん
  • 小室圭さん、「『フィアンセ』ではない」宮内庁
  • の皇室の儀式を知るのも良いと思います。(以下ウィキペディアより)納采の儀 (のうさいのぎ)とは、皇室の儀式のひとつ。皇族が結婚するにあたって行われるもので、結納の起源となりました。納采の儀の歴史は古く仁徳天皇の時代まで遡ります。仁徳天皇が皇后を迎える際に贈物をされたのがその起源と言われます。男子皇族の納采の儀皇族の両親である天皇と皇后(宮家の場合、当該皇族の両親)が使者を結婚相手の実家へ供物を持たせて派遣...
  • 65歳からのブログ−ビビッドライフのために−冬川さんのプロフィール

仁徳天皇を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 女性皇族・高円宮承子女王レス: 0/58(861件)歴史ブログ
  • には多様な価値観の中で生きておられ、またこれほど国民に近くなったのだと、むしろ喜ぶべきだと思う。仁徳天皇の御世、炊煙の逸話の時代より、皇室は民と苦楽を共にするのがこの国のあり方です。東日本大震災で東電...

にほんブログ村

>

キーワード

>

仁徳天皇について