小泉八雲

小泉八雲についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [小泉八雲] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

小泉八雲を含むブログ記事

simpledirectさん
  • 小泉八雲旧居
  • レフカーダ島、小泉八雲が生まれた場所には、それにまつわる場所が用意されていて、単に歴史が見られるというだけはなく、ギリシャの人々は特別のイベント期間を設け、日本語を勉強しているらしい。自分は実は毎日若い時、この小泉八雲旧居...
  • 占星術SIMPLE AND DIRECTsimpledirectさんのプロフィール
yuriCoさん
  • 旅行に行ってきました♪
  • しい と思って2,3口食べたら まさかの中身だけが、落下 妖怪のいたずらか 悲しくコーンだけを食べる笑 松江城に行き 遊覧船は雨による増水のため運行していなかったので 小泉八雲記念館に行き〜 それから 私的に今回の旅行のメインである旅館へ 今回の宿泊先は、 星野リゾート 界 出雲 いつもは両親の旅行に付いていかないけれど今回は奮発して星野リゾー...
  • 羊毛フェルトでモモンガ yuriCo(ユリコ)yuriCoさんのプロフィール
tokuさん
joshさん
  • 民謡と出会う入口として?…ということ
  • と野獣ならぬ…ということ |トップ |このブログの人気記事美女と野獣ならぬ…ということ岡山名物は多々あるようで…ということそこが頑張りどころとも思われず…ということ長年住まった場所への思い…ということ小泉八雲は振り子のように?…ということ最近の画像[もっと見る]せせらぎに涼を感じて…ということ2年前せせらぎに涼を感じて…ということ2年前せせらぎに涼を感じて…ということ2年前せせらぎに涼を感じて…ということ...
  • 此処彼処見聞控joshさんのプロフィール
hikuroさん
  • 読み聞かせ
  • 孫の通う6年1組で読み聞かせ教室が開かれる。図書委員の保護者が絵本や子供向けの小説を読む。 毎月1回のペースで開き、子供たちに読書の楽しさを見つけてほしいという願い。 今回は私の担当なので、小泉八雲の「耳なし芳一」を取り上げる。 作者のラフカディオ・ハーンがギリシャ生まれの新聞記者だとは知らなかった。 壇ノ浦の戦いで滅びた平家の怨霊が琵琶法師の語る平家物語を懐かしがるという粗筋。 耳だけにお経を...
  • いなかのプレスマンhikuroさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 九十九怪談 第8夜
  • 館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】ちょっと不思議な話、背筋の凍りつく話、泣ける話。怪はあなたの隣にひそんでいる…。「新耳袋」を受け継ぐ実話怪談の新定番、第8弾。怪談の聖地、小泉八雲ゆかりの地・松江で著者自らが体験した怪現象など全99話収録。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
マリオさん
  • 自分の嫌な感情の眺めかた (幸福への感情生活とは 1/10)
  • 卒業後、外資系企業で28年マーケティング等を務めた後、「生き甲斐の心理学」の普及のNPO法人CULLカリタスカウンセリング学会で理事兼講師。メッセージメッセージを送る最新コメント井頭山人/「盆踊り」に小泉八雲が感動したのは縄文文化か?(五感・体感と縄文 3/10)生き甲斐の心理学/夏休みに触れた『地獄』deリフレッシュ! (新しい体験 7/10)マリオ/なんで縄文小説などを書き始めたのだろう?(行動化 2...
  • イキイキと生きる!マリオさんのプロフィール
うさおさん
  • 出雲へ・永遠の縁を結ぶ旅〜その6
  • トンボがたくさん飛んでいて、ここぞとばかりにうさこさんが写真を撮りまくる。うさこさんのマクロカメラで撮ったアップのトンボだと引く人がいるかもしれないので、自分が撮った控えめな写真で。塩見縄手の一角には小泉八雲の旧居と記念館がある。入らずに外から覗き見。遠い昔にタイムスリップしたような武家街を散策。 もうしばらくこの辺りをうろうろするが、この続きはその7にて。。●●参考情報●●・松江城・塩見縄手・松江堀川...
  • Endless Dream 〜終わりなき旅路〜うさおさんのプロフィール
イルカマリンワールドさん
  • 世界文化遺産・三角西港!!
  • たそうです。ここからは新しく出来た「天城橋」も良く見えます。天気が良くて写真を撮るにはよかったんですがとても陽射しが強い・・・(^_^;)世界遺産とは言っても釣り人がたくさん来ることでも有名なこの港。小泉八雲の小説「夏の日の夢」の舞台となった「浦島屋」大きな木があるので暑い時は木陰で休むと涼しいですよ。天草の?津集落も先日世界文化遺産に登録され、今後観光客の増加が見込まれます。たくさんの方に天草へ来ていた...
  • 野生のイルカウォッチングイルカマリンワールドさんのプロフィール
スターさん
  • 三角西港!!
  • たそうです。ここからは新しく出来た「天城橋」も良く見えます。天気が良くて写真を撮るにはよかったんですがとても陽射しが強い・・・(^_^;)世界遺産とは言っても釣り人がたくさん来ることでも有名なこの港。小泉八雲の小説「夏の日の夢」の舞台となった「浦島屋」大きな木があるので暑い時は木陰で休むと涼しいですよ。天草の?津集落も先日世界文化遺産に登録され、今後観光客の増加が見込まれます。たくさんの方に天草へ来ていた...
  • イルカブログスターさんのプロフィール

小泉八雲を含むトラコミュ

小泉八雲
  • 小泉八雲
  • 日本に帰化したイギリス時代のアイルランド人の紀行文作家・随筆家・小説家・日本研究家。国籍を取得する前の彼の旧名はパトリック・ラフカディオ・ハーンで一般的に名前と...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:歴史ブログ
塩見縄手
  • 塩見縄手
  • 松江城北側の内堀に沿った一帯で、市の伝統美観地区。日本の道100選にも選ばれている代表的な松江の観光スポット。かつては中級藩士の武家屋敷が並んでいた地域で、堀川...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:旅行ブログ

小泉八雲を含むブログ村メンバー

  •  
夢子さん
Tohru@写真撮ってストーリーも書いてますさん
月白貉さん
一釣一句さん
youさん

小泉八雲を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

小泉八雲について