小泉八雲

小泉八雲についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [小泉八雲] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

小泉八雲を含むブログ記事

イーグルス16さん
  • 天狗『山の怪談』 岡本綺堂
  •    ?????  西岡一雄貉の怪異                   ???????????????  小池直太郎? 文人・林人の心霊の話幽霊滝の伝説           ??????????? 小泉八雲(田部隆次・訳)兄妹の魂                   ??????????????????  岡本綺堂焚火                     ???????????????  ?????...
  • めんどくせぇことばかりイーグルス16さんのプロフィール
月白貉さん
  • 第十四章 - 肉食
  • スマートフォン用の表示で見るぼくと、むじなと、ラフカディオ。かつて小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)が、自らの感覚で古き日本を歩きまわって独自の感性で見聞を広めたように、遠く故郷を離れてあてどなき夢想の旅を続けるぼ...
  • ぼくと、むじなと、ラフカディオ。月白貉さんのプロフィール
imurin9さん
  • 復旧が進む熊本城巡りポタサイクリング
  • 手に飯田丸五階櫓、中央には数寄屋丸。 右手上には天守閣と本丸御殿。右手下は左から田子櫓、七間櫓、十四間櫓、四間櫓と連なっています。昼食後は復旧工事が2日前に完了し再開したばかりの、市役所から近くにある小泉八雲 熊本旧居へ走ります。「耳なし芳一」などの怪談で知られる、明治の文豪・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン/1850年-1904年)は、1890年横浜港についてから、松江・熊本で教壇にたちました。その後、英...
  • 木漏れ日の中で(自転車と共に)imurin9さんのプロフィール
月白貉さん
  • 第十三章 - 闇の中 -『南にある黒い町』
  • スマートフォン用の表示で見るぼくと、むじなと、ラフカディオ。かつて小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)が、自らの感覚で古き日本を歩きまわって独自の感性で見聞を広めたように、遠く故郷を離れてあてどなき夢想の旅を続けるぼ...
  • ぼくと、むじなと、ラフカディオ。月白貉さんのプロフィール
さすらいの講師さん
  • 明治村 探訪録〜その8 帝国ホテル
  • 明治村 探訪録〜その8本郷喜之床二階二間は石川啄木が母 妻 長女京子を迎えて東京で初めて家族生活をした新居小泉八雲避暑の家呉服座半田東湯大明寺聖パウロ教会堂高田小熊写真館内閣文庫皇居正門石橋飾電燈川崎銀行本店ついでに上からの景色もここのウリの一つですねここまで来るのが大変ですけど帝国ホテル中央玄関真裏から見るとハ...
  • さすらい講師の極私的日常 〜毎日更新〜さすらいの講師さんのプロフィール
月白貉さん
  • 短編小説『南にある黒い町』プロットと単行本表紙デザインなど
  • スマートフォン用の表示で見るぼくと、むじなと、ラフカディオ。かつて小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)が、自らの感覚で古き日本を歩きまわって独自の感性で見聞を広めたように、遠く故郷を離れてあてどなき夢想の旅を続けるぼ...
  • ぼくと、むじなと、ラフカディオ。月白貉さんのプロフィール
きゃさこさん
  • コスタネオロマンチカ乗船記(15):2日目松江堀川ほっこり遊覧船めぐりと割子そば
  • もしれません。お天気もザ秋晴れ!と言った感じで、バスの車窓もジブリ映画のように綺麗でキラキラしていました。いつも寄港地ではいいお天気に恵まれ感謝!(…この時までは)途中でバスを乗り換えて、小泉八雲さんの銅像前に降りました。日本各地に伝わる伝説や幽霊話の再話し独自の解釈を加えた『怪談』の中の『耳なし芳一の話』は有名です。道を隔てた向こう側に小泉八雲記念館がありました。松江城のお堀のあたりをブラブ...
  • 新・初心者でもクルーズ旅行を楽しめるお役立ち情報きゃさこさんのプロフィール
原さん
  • 10月11日(水)のつぶやき
  • 清順好きな人にはオススメかな。 あとは、ちょっと系譜は違うかもですが今市子、梨木香歩好きにも。 ― 原キョウコ (@body_wisdom)2017年10月11日 - 23:05小学校の時の愛読書は、小泉八雲の「怪談」と坪田譲治の著作でした。 ja.wikipedia.org/wiki/坪田譲治_(作家) ― 原キョウコ (@body_wisdom)2017年10月11日 - 23:11怪異譚のような民話...
  • 原キョウコダンスセラピーワークショップ原さんのプロフィール
kinjyoさん
  • 秋の島根・出雲へ男一人旅!境港〜島根町〜松江を満喫!
  • は娘の無念のたたりであると恐れたため、天守は荒れて放置された。その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという城の伝説が残る。また、城が揺れるとの言い伝えで城下では盆踊りをしなかった。(「小泉八雲/人柱にされた娘」など)。松江城 - Wikipedia?ここも人柱かい・・・。橋と言い石垣と言い人柱多くないか・・・??※一日目の記事の宍道湖クルーズ参照秋の島根・出雲へ男一人旅!出雲大社〜宍道湖〜...
  • 気ままなゆるブログkinjyoさんのプロフィール
月白貉さん
  • 第十二章 - 眠り
  • スマートフォン用の表示で見るぼくと、むじなと、ラフカディオ。かつて小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)が、自らの感覚で古き日本を歩きまわって独自の感性で見聞を広めたように、遠く故郷を離れてあてどなき夢想の旅を続けるぼ...
  • ぼくと、むじなと、ラフカディオ。月白貉さんのプロフィール

小泉八雲を含むトラコミュ

小泉八雲
  • 小泉八雲
  • 日本に帰化したイギリス時代のアイルランド人の紀行文作家・随筆家・小説家・日本研究家。国籍を取得する前の彼の旧名はパトリック・ラフカディオ・ハーンで一般的に名前と...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:歴史ブログ
塩見縄手
  • 塩見縄手
  • 松江城北側の内堀に沿った一帯で、市の伝統美観地区。日本の道100選にも選ばれている代表的な松江の観光スポット。かつては中級藩士の武家屋敷が並んでいた地域で、堀川...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:旅行ブログ

小泉八雲を含むブログ村メンバー

  •  
月白貉さん
夢子さん
Tohru@写真撮ってストーリーも書いてますさん
一釣一句さん
youさん

小泉八雲を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

小泉八雲について