ムソルグスキー

ムソルグスキーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ムソルグスキー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ムソルグスキーを含むブログ記事

SACDラボさん
mp1922さん
  • パーヴォ・ヤルヴィ指揮のマーラー:交響曲第4番 ト長調
  • ズム―「持たざる国」日本の運命―(新潮選書) [Kindle版]片山杜秀新潮社2012-11-23★この本については以前書きましたので、こちらブルックナー:交響曲第1番[1866年リンツ稿] [CD]ムソルグスキー:展覧会の絵&はげ山の一夜(SACD HYBRID) [CD]ベートーヴェン:序曲集 [CD]R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき&メタモルフォーゼン [CD]R.シュトラウス交響詩チクルス...
  • 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
Genさん
  • 9月14日(金)のつぶやき
  • mann(13)ブラームス Johannes Brahms(18)ブラームス《ドイツ・レクイエム》(12)ラヴェル Maurice Ravel(13)ドビュッシー Claude Debussy(75)ムソルグスキー《展覧会の絵》(2)ジョセフ・レヴィーン『ピアノ奏法の基礎』(15)吉田秀和(22)中田喜直《さくら横丁》(8)音楽(一般)(161)【父の小ネタ】(4)【母の小ネタ】(0)その他(23)レッスンのご...
  • 音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」Genさんのプロフィール
NOBORU CutUpさん
  • 9月14日(金)のつぶやき その2
  • ない商店街の底力。 ― ドラえもんの気持ち (@dorachan_heart)2018年9月12日 - 13:21疲れ切ったのでソ連邦が産んだ20世紀最大のピアニスト、リヒテルを。演奏技術も驚異的だがムソルグスキー「展覧会の絵」のオリジナル版を西側に初めて示した事でも有名。大半の録音はリムスキー・コルサコフ編曲版だが、オリジナルはロシアっぽい… twitter.com/i/web/status/1… ― Jun...
  • NOBORU CutUpNOBORU CutUpさんのプロフィール
Genさん
  • 9月13日(木)のつぶやき
  • mann(13)ブラームス Johannes Brahms(18)ブラームス《ドイツ・レクイエム》(12)ラヴェル Maurice Ravel(13)ドビュッシー Claude Debussy(75)ムソルグスキー《展覧会の絵》(2)ジョセフ・レヴィーン『ピアノ奏法の基礎』(15)吉田秀和(22)中田喜直《さくら横丁》(8)音楽(一般)(161)【父の小ネタ】(4)【母の小ネタ】(0)その他(23)レッスンのご...
  • 音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」Genさんのプロフィール
harukiさん
  • ローザ獣神化のわくわくの実を考察
  • ャラが恩恵を受けます。組み合わせは、ローザかパーティーどちらの攻撃力を伸ばすか、大事だと思うほうを選びましょう。戦型加撃+撃種加撃で恩恵を受ける代表キャラ安倍晴明、メリオダス、バッハ、カーリー、ルー、ムソルグスキー友撃の実は不要友撃の実は、個人的にはナシ。貫通拡散弾とクロスウェーブは、大ダメージを与えるための条件が厳しく、実の恩恵を受けにくいからです。ローザは、友情コンボに期待せず、殴りを強化したほうが真価を発...
  • harukiharukiさんのプロフィール
Genさん
  • 9月11日(火)のつぶやき
  • mann(13)ブラームス Johannes Brahms(18)ブラームス《ドイツ・レクイエム》(12)ラヴェル Maurice Ravel(13)ドビュッシー Claude Debussy(74)ムソルグスキー《展覧会の絵》(2)ジョセフ・レヴィーン『ピアノ奏法の基礎』(15)吉田秀和(22)中田喜直《さくら横丁》(8)音楽(一般)(160)【父の小ネタ】(4)【母の小ネタ】(0)その他(23)レッスンのご...
  • 音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」Genさんのプロフィール
Genさん
  • インテンポ主義・・・批判・・・(9月10日(月)のつぶやき)
  • mann(13)ブラームス Johannes Brahms(18)ブラームス《ドイツ・レクイエム》(12)ラヴェル Maurice Ravel(13)ドビュッシー Claude Debussy(75)ムソルグスキー《展覧会の絵》(2)ジョセフ・レヴィーン『ピアノ奏法の基礎』(15)吉田秀和(22)中田喜直《さくら横丁》(8)音楽(一般)(161)【父の小ネタ】(4)【母の小ネタ】(0)その他(23)レッスンのご...
  • 音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」Genさんのプロフィール
チェブラーシカさん
  • 本当に上の家の音楽は大迷惑
  • 日もかかっていた。昨日はいつもと音楽が違い、ドラムとベース音がガンガンのもの。そして、ボリュームも大きい。家にいた義妹にきいたら、5時に帰ってきた時にもうすでに流れていたよということだった。昨日は私がムソルグスキーの展覧会の絵のキエフの大門を弾いてもおさまらない。それで、デシベルをはかろうとアプリを入れて見た。正規の測定器より数値は少なく出るようだが、60デシベル。曲の変わり目などで音が無くなると2デシベルまで...
  • ロシア大好きチェブラーシカさんのプロフィール
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
  • ◇クラシック音楽LP◇ゼーダーシュトレーム&アシュケナージによるラフマニノフ歌曲集
  • 自の特徴が込められている。それらの特徴を、このLPレコードのライナーノートに園部四郎氏は次のようにまとめている。?旋律の流れの美しさ、特にその叙情性?極めて複雑な、深い内容をもった詩を取り上げ、これをムソルグスキーを連想させるようなデクラメーション、つまり朗詠調によって描き出す書法?声とピアノのパートが溶けあい、からみ合い、見事なアンサンブル―などの特徴を有しているのである。ここに収められている16曲の歌曲の多...
  • <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ムソルグスキーについて