ムソルグスキー

ムソルグスキーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ムソルグスキー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ムソルグスキーを含むブログ記事

風だよりさん
  • 2度目の「ヤフオク!」出品をしてみて
  • 着いた。最も神経を使ったのは、やはり値決め。いろいろと考えた。★ N響だから腕は確か。★ 演奏会の日取りも、日曜の午後だから悪くはない。 ★ 演奏曲目はベートーヴェンのピアノコンチェルト「皇帝」と  ムソルグスキーの「展覧会の絵」。  どちらもすこぶるポピュラーな曲。★ 指揮者、独奏者の知名度は、やや低いか。★ 不要品だが、できれば損はしたくない。★ かといってこれで暴利をむさぼるつもりもない。★ あまり高い値...
  • 松原湖高原☆風だより風だよりさんのプロフィール
MUUSANさん
  • 私の札響感動史(11)♪マリちゃんの想い出
  • /フルート協奏曲(独奏:工藤重典)  ・ベルリオーズ/幻想交響曲 第205回定期('80.6.23)  ・シャブリエ/狂詩曲「スペイン」  ・モーツァルト/ピアノ協奏曲第17番(独奏:小林道夫)  ・ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」 このころは、定期会員をずっと続けていながらも、何かと忙しくというかちゃらちゃら出歩いている状況下になく−なにせ浪人生の身−コンサートに行けないことが多かったのだが、...
  • 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
Nekoushiさん
  • 「アレグロだけど快活にではなく」という困った指示
  • 楽譜置き場の奥深くに、買った記憶も弾いた記憶もない、ムソルグスキーの『展覧会の絵』の楽譜が眠っているのを見つけました。定価1030円(本体1000円)と書いてあるので、かなり昔のものであるのは間違いないです。消費税3%って、一体いつの時代…?そんなのが出てきたら、遊...
  • Nekoushiの音楽帖+αNekoushiさんのプロフィール
まあこさん
  • 看板猫 黒猫ジジィとピアノレッスン かまってちゃん編
  • こが 頭だよね。」椅子とあまりに同化していてジジィの上に座ってしまった子も。でも ジジィはにゃんともいわず寝ておりました。「こうへいくん、ちゃんと勉強してるか?」と言ったかどうか?中学生の試験勉強。 ムソルグスキーの展覧会の絵が 試験範囲。「勉強してるから 安心して寝られる」と 思っているかどうかはわからないよ。でも 男の子と女の子と接し方の態度が違う黒猫ジジィは男の子。姉妹で来て 待ち時間は学校の宿題。「漢字...
  • なるせ音楽教室の楽しい日々ブログまあこさんのプロフィール
りょう♂さん
  • 夕飯、うす衣仕立ての唐揚弁当でした。
  • 曲 作品23 -1.「朝」(3) ショパン:前奏曲 第7番 イ長調 Op.28-7(4) ヴェルディ:《レクイエム》 から "怒りの日"(5) ロッシーニ:歌劇 《ウィリアム・テル》 序曲より(6) ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》から 「キエフの大門」 (ラヴェル編曲)さて、夕飯です、今日はスーパーで買った。まずはお買い物から。↓↓小計=906円消費税等=72円--------------合計=978円↓↓...
  • 貧乏奮闘記・うつ人の日記帳りょう♂さんのプロフィール
JRTSさん
  • マリインスキ−劇場予定表 2017年2月
  • キー バレエ 白鳥の湖R コルサコフ 楽劇 サロメ11日土グリンカ 歌劇 ルスランとリュドミラバレエ ル・パルク12日日ベートーヴェン 交響曲第9番ロッシーニ 歌劇 セヴィリアの理髪師13日月14日火ムソルグスキー 歌劇 ボリス・ゴドノフロッシーニ バレエ ロミオとジュリエット15日水チャイコフスキー 歌劇 イオランタプロコフィエフ 歌劇 ロミオとジュリエット16日木ボロディン 歌劇 イーゴリ公バランシン振り付...
  • ロシア旅行社JRTSさんのプロフィール
Lunaさん
  • [オペラ] ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」 (2017/11 ハンガリー国立歌劇場)
  • す。女声ではないですが、「ナブッコ」第3幕の「狂気の場面」や、「群盗」の「フランチェスコの夢物語」等、狂気が混じるシチュエーションですが、やはりドラマとして充実を図るヴェルディの作風を感じます。 ? ムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」 ボリスの時計の場  この辺から、超絶技巧(コロラトゥーラから)は少し離れますが、「狂乱の場面」で印象的な作品として、ロシア・オペラからは、「ボリス・ゴドゥノフ」(1869年)の...
  • Blog di LunaLunaさんのプロフィール
ゴンチさん
  • シティ・フィルの2018年度ラインナップ
  • ラシティ・フィルの新シーズンラインナップは、先週発表済み。コメントを付けてメモ。楽しいラインナップなので、皆で会員になりましょう。会場は音の良いTOCで、会員券も安いですよ〜。5/9(水)指揮:高関健ムソルグスキー:《はげ山》(原典版)ニルセン:交6《素朴な交響曲》ラフマ:Pf協3(w/清水和音)※ヒンデミット並みに奇天烈なニルセン《素朴》を生で聴けるのは貴重。上岡 新日本と弾いたグリーグが良かった清水さんのラ...
  • 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
丸尾祐嗣さん
  • ◆長久手大人クラシック教室2017
  • た作曲家たちをご紹介し、更に具体的にどんなタッチでピアノを弾いていたのかにも迫ります。2日目は、ショパンとリストの弟子達をご紹介し、そこからロシアに伝わった教育システムをお話します。この日の最後には、ムソルグスキーの展覧会の絵を演奏致します。この企画は「教室」と銘打っておりますが、僕自身はあまり堅苦しい雰囲気にはしたくないと思っています。…とはいえピアノの歴史はあまりにも複雑で、今やそれを一言で定義できるもので...
  • 丸尾祐嗣〜即興的な日々〜丸尾祐嗣さんのプロフィール
Toru Yodaさん
  • エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer)と1970年代
  • 、ロック界に君臨したモンスター・バンドでした。彼等の作品には、名盤が多く、これが一番!とセレクトするのは難しいのですが、一般的に傑作!と呼ばれている一枚に、「展覧会の絵」がありますね。ご存知のとおり、ムソルグスキーの作品をロックにアレンジして、3人で演奏をしたもの。ただ、広く世に知られている「展覧会の絵」は、ラベルがオーケストラ用に手を加えたものであり、原曲はピアノ用のものです。ゆえに、どうぞアレンジしてくださ...
  • ビートルズとその周辺Toru Yodaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ムソルグスキーについて