ムソルグスキー

ムソルグスキーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ムソルグスキー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ムソルグスキーを含むブログ記事

じゃっきーさん
  • 【ボロディン】と【弦楽四重奏曲2番】私の考察?
  • た。なので休日に作曲をする自称 日曜作曲家 としていましたが音楽でもロシア的な題材でオペラ作曲、発展させることに取り組んだロシア五人組の中に入って名を残しています。ロシア五人組・バラキレフ・キュイ・ムソルグスキー・ボロディン・リムスキー=コルサコフ弦楽四重奏曲第2番は愛妻との20周年に送った曲だそうです。とりわけ3楽章は1stヴァイオリンとチェロの愛のデュエット的な仕上がりですね。ここまで書いてむしろ立派過ぎ...
  • ♪♪室内楽コンサート・レッスンいたします♪♪じゃっきーさんのプロフィール
Enoの音楽日記さん
  • 高関健/東京シティ・フィル
  • を書く検索ウェブこのブログ内でEnoの音楽日記オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。高関健/東京シティ・フィル2018年05月10日 |音楽 高関健らしいよく考えられたプログラム。1曲目はムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」(原典版)。原典版は、CDはもちろん、実演でも聴いたことがあるように思うが、今回ほど衝撃力のある演奏は初めて。冒頭のトランペットの刻みからして、リムスキー=コルサコフの編曲版で...
  • Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
ウッスーさん
  • ニルセン/交響曲第6番『素朴な交響曲』(試聴記)
  • 今度の水曜日(5/9)は、東京シティ・フィルハーモニック、今期幕開けの定期演奏会です 演目は ムソルグスキー/はげ山の一夜(原典版) ニールセン(ニルセン)/交響曲第6番『素朴な交響曲』 ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第3番(ピアノ:清水和音) 清水和音のラフマニノフは、鉄板、名演間違いなしと思いますが それ以...
  • ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
animediaryさん
  • ガンゲイルオンライン第4話「デスゲーム」Mさんの裏切り
  • 悪い返答だった。 やはりマネージャー説が正しそう。 でもラストシーンを見るとドMのMかもしれないw 近くの敵を迎撃に向かうレンが「ふんふんふん」と鼻歌を歌ってた。 コメントでも指摘されてたけど、これはムソルグスキーの展覧会の絵のプロムナード。レン達はホバークラフトに乗ったチームに追跡されてた。 Mさんは背負ってたバッグから防壁を出してスナイピングで応戦。 Mさんは引き金に指をかけず直接狙う方法で狙撃。 この手法...
  • アニメとマンガの感想と考察animediaryさんのプロフィール
hanaさん
  • 大人クラブ 休日の過ごし方 ラ・フォル・ジュルネ2018
  • フランク、ラロ、メシアン2000年:J.S.バッハ没後250年2001年:《熱狂の日 イヴァン・イリイチ》 または 1850年〜現代のロシアの作曲家:チャイコフスキー、プロコフィエフ、スクリャービン、ムソルグスキー、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ2002年:モーツァルトとハイドン2003年:《イタリアのバロック》:モンテベルディとビバルディ2004年:《1810年 ロマン派音楽時代》:ショパン、リスト、...
  • 東京日和 素適な暮らし for all womenhanaさんのプロフィール
SACDラボさん
  • BISよりSACD、エルンスト・ヘフリガーの息子アンドレスの『パースペクティヴ』シリーズ第7弾
  • 。このシリーズはベートーヴェンのピアノ・ソナタと他の作曲家の曲を組み合わせたプログラムが特徴です。今回はベルクの「ピアノ・ソナタ op.1」、リスト「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」、そしてムソルグスキーの「展覧会の絵」が選べれております。ベートーヴェンのピアノ・ソナタは第28番op.101を収録。録音は2017年ウィーンのモーツァルト・ザール(ウィーン・コンツェルトハウス)。Tower Record...
  • SACD、高音質盤、音楽について語るブログSACDラボさんのプロフィール
fm-woodstockさん
店長ブログ!さん
  • モスクワ 世界遺産 クレムリン
  • シア正教会の著名な大聖堂である。1547年に、イヴァン4世の、ロシアで最初のツァーリとしての戴冠式が当大聖堂で執り行われ、1721年より、ロシア皇帝の戴冠式の舞台となってきた。また大聖堂正面の広場は、ムソルグスキーのオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の有名な戴冠式の場面として設定されている。大聖堂広場に面し建つアルハンゲリスキー大聖堂は、1505年から1509年にかけて建立。5個の丸屋根を持ち、内陣にはタタールのくび...
  • 収集癖が嵩じて何でも収集してます店長ブログ!さんのプロフィール
クラシックLPさん
  • [名演奏][ミント盤]ミシェル・ベロフ/プロコフィエフ・ピアノ協奏曲全集(英EMI SLS882)
  • 19741/1 2/1 1/1?◎上下面:下側に擦れあり◆フランスの名ピアニスト、ミシェル・ベロフ。ドビュッシーなどフランス音楽中心のイメージがありますが、リストやプロコフィエフ、ストラヴィンスキーやムソルグスキーなどのヴィルトゥオーゾ向けの演奏も多数あります。◆収録のプロコフィエフの5つの協奏曲はどれも超絶技巧を要する曲ですが、実に軽快かつ明晰な解釈で弾き切り、同曲の代表的名演奏と評価されています。★ミシェル...
  • クラシックLP/SPレコード情報クラシックLPさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ムソルグスキーについて