還付金

還付金についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 電子申告の落とし穴
  • [還付金] ブログ村キーワード先日、e-TAXで確定申告をしてみました。ちゃんとこの日のために、というか住基カードってどうやってできるんだろう?カードリーダーって何ができるんだろう?という素朴な疑問から、住基カードとカードリーダーを用意していたのです。電子申告すると、電子申告控除で5,000円の所得控除が得られて、還付金のお支払も3週間と早くなっていいことずくめです。というような広告をたくさん見たような…。そ・・・続きを読む
  • もと東大生もと社長の自由奔放日記 もと東大生もと社長もとくんさんもと東大生もと社長もとくんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

還付金を含むブログ記事

ばーろんさん
  • 失敗トレードで損切り続く
  • ングなど、振り返ってみると、改善の余地がありそうだ。今日は、間違えたと思うメディアドゥホールディングス、ネクシィーズグループ、日本シイエムケイを損切り。-31,537円の損失となった。せっかくなので、還付金をありがたく頂きたい思う。******************************************************************☆ランキングサイトに参加してます。 よろし...
  • 今日からトレーダーになる!ばーろんさんのプロフィール
警鐘と現象管理人さん
  • 少子高齢化対策と為政者が言う欺瞞、本当の少子高齢化対策は非常に容易だ
  • ける、数パーセントの利益を上げるために、どれだけの血の滲むような努力を中小企業が行っていると考えているのでしょうか。もっとも、大企業にとっては、消費税のかかった商品を海外に輸出することにより、消費税が還付金という形で大企業の懐に入ってくるのですから、消費税がいくら上がったとしても痛くもかゆくもないでしょう。また、少子化対策と称する、天下り先の確保と増税という結果も、今回の政治的スローガンによって生み出さ...
  • 警鐘と現象警鐘と現象管理人さんのプロフィール
健三さん
  • 【経済】貯金「1000万の壁」を越える人の共通点
  • ×12カ月で、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。 たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円にな...
  • 今日の知っトク!健三さんのプロフィール
北の街の税理士さん
  • 消費税免税制度
  • ても、多額の税理士報酬を頂いておれば、なかなか、国税局の税務調査並みに、厳しく、問い詰めることは困難であると思われます。 消費税の還付申告につきましては、金額が少なくとも、署内調査するのが原則であり、還付金額が多額になれば、かなりの確率で、実地調査の対象となります。 高額の消費税還付申告を提出するということは、どうぞ、税務調査をして下さいと、税務署宛てに、お願いするようなものであり、顧問税理士としては、...
  • 元国税職員の税理士日記北の街の税理士さんのプロフィール
町会いんふぉさん
  • 地域安全ニュース(平成29年10月)[池上警察署]/大田区
  • 域安全ニュース(平成29年10月)[池上警察署]/大田区地域安全ニュース(平成29年10月)池上署管内では、特殊詐欺の被害額 なんと!約4,000万円!(8月末現在)その中でも多いのが、オレオレ詐欺と還付金詐欺です。詐欺撃退!!自動通話録音機申し込み受け付けます・池上署管内居住の65歳以上の方に無料で貸し出し・電話の横に付けて置くだけで、詐欺を撃退・手のひらサイズで設置5分、置き場所に困らないあたなたの...
  • 町会いんふぉ町会いんふぉさんのプロフィール
matome_liveさん
  • 【経済】貯金『1000万の壁』を越える人の共通点
  • ×12カ月で、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。 たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円にな...
  • まとめらいぶmatome_liveさんのプロフィール
agepoyoさん
  • 貯金「1000万の壁」を越える人の共通点…
  • ×12カ月で、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。 たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円になりま...
  • まろやかTIMEagepoyoさんのプロフィール
Eさん
  • 消費税申告書完成!!
  • とになります。という訳で、私の消費税課税期間は3ヶ月になっており、3ヶ月毎に消費税申告をしています。課税期間が短いメリットとして、消費税還付を早く受けられるということがあります。通常は翌年にならないと還付金が帰ってきませんが、3ヵ月後に帰ってくることになります。資金を有効に使いたい場合には、良いかと思われます。デメリットは、もちろん、面倒くさいということです。3ヵ月だと、しょっちゅう申告書を作っている印...
  • 太陽光発電と不動産投資で不労所得を構築Eさんのプロフィール
あぶく銭通信さん
  • 【経済】貯金「1000万の壁」を越える人の共通点
  • 、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円になります。...
  • あぶく銭通信あぶく銭通信さんのプロフィール
thethedragoonさん
  • 【経済】貯金「1000万の壁」を越える人の共通点
  • ×12カ月で、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。 たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円にな...
  • めひかり速報thethedragoonさんのプロフィール

還付金を含むブログ村メンバー

  •  
Yamakeiさん
  • Yamakei-WorldYamakeiさんのプロフィール
  • 玉砂利洗い出し,テンカラ,インターロッキング補修,毛ばり,ゴボウ茶,ONEPIESE,CM分離発注,パート還付金
詐欺撲滅くんさん
ふうかさん
  • 好きなことで稼いで節税しよう!ふうかさんのプロフィール
  • 平成23年度確定申告対応、来年から税金を安くできる電子書籍、期間限定で無料配信開始!!

還付金を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

還付金について