泡坂妻夫

泡坂妻夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [泡坂妻夫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

泡坂妻夫を含むブログ記事

ともさんさん
  • 泡坂妻夫 『11枚のとらんぷ』(東京創元社)
  • 『しあわせの書〜』に続いて泡坂妻夫の小説を読みました。こちらもマジックがテーマになっています。?部、?部、?部の三部構成になっています。?部は、マジキクラブというアマチュアのマジッククラブのメンバーが真敷市立公民館でマジックを披露する...
  • 趣味の為に生きて行く。ともさんさんのプロフィール
けんじさん
  • 『サーチライトと誘蛾灯』 櫻田智也 > 「このミス」完全読破 No.1008
  • との会話ややり取りは、微妙にズレたところがあるかと思えば絶妙な掛け合いを見せるなど、軽妙で楽しい雰囲気に満ち溢れているのですね。 そして本作の特徴というのが、(単行本のあとがきにも書かれているように)泡坂妻夫の“亜愛一郎シリーズ”を意識して作られていることでして、それ故に主人公たちの軽妙なやり取りの中に伏線が巧妙に仕込まれていて、コミカルな雰囲気とミステリトリックとの融合具合が絶妙なものとなっているので、...
  • 朴念仁と居候けんじさんのプロフィール
みくら さんさんかさん
  • 第2591日目 〈なせ?みくらさんさんかは、書評(っほ?いもの)か?書けないのか?〉
  • 』であったはずだ。それ以後、わたくしがどれだけの本を読んで、その半分強について感想を認めたく願い、そうして儚くも夢は散り玉砕の憂き目に遭ったことか。横溝正史の金田一耕助シリーズ、連城三紀彦のシリーズ、泡坂妻夫や米澤穂信、仁木悦子や小泉喜美子、エトセトラ、エトセトラ。そうして今後も読書は続き、再びの江戸川乱歩と綾辻行人、ドストエフスキーと太宰治が控える。否、まだまだ待機中だ。ライトノベルも含めれば、感想を書...
  • Let's be Friends,みくら さんさんかさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

泡坂妻夫について