泡坂妻夫

泡坂妻夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [泡坂妻夫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

泡坂妻夫を含むブログ記事

osudameさん
  • 『アリス・ミラー城』殺人事件:北山猛邦の感想
  • られましたので良しとしましよう。探偵たちも個性豊で最後の二人のキャラの設定など中々凝った登場人物を創造していて、この辺も物語に奥行きを与えていて好感が持てました。ミステリーのトリックとかのウンチク話や泡坂妻夫の本のことなども出てきてニヤリとさせられました。事件そのものは残酷ですがクローズド・サークルものとしては及第点の出来でしよう。他は好みの問題でポイントが高くなるかそうでないかの違いと思います。ずっと未...
  • オスダメ!?ミステリー小説osudameさんのプロフィール
Marichanさん
  • 読書記録まとめて
  • ぱり現代と共通する思いの割合が多いのか、当時は実は無い感覚がここには書かれているのか。そう思うと、数百年後に今この時代を舞台に書かれる小説がどんなものかも、興味ある。煙の殺意 (創元推理文庫)作者: 泡坂妻夫出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2001/11/23メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (21件) を見る鳴風荘事件 殺人方程式II (講談社文庫)作者: 綾辻...
  • 愉快的陳家@阿拉米達島Marichanさんのプロフィール
ポール・ブリッツさん
  • 日本ミステリ16位 11枚のとらんぷ 泡坂妻夫
  •  高校の時に古本屋を歩き回って手に入れて読み、「泡坂先生にしては薄味だな……」と思った。直前に「亜愛一郎シリーズ」全三冊と、「ヨギ ガンジーの妖術」と「しあわせの書」、という、泡坂妻夫漬けの生活をしていたからだろう。 さて再読である。泡坂先生、趣味に走りまくりである。ここに描かれているのは、アマチュアマジシャンにとっての夢の生活なのだ。市民ホールを超安価で使わせてもらっての発表会、...
  • クリスタルの断章ポール・ブリッツさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

泡坂妻夫について