イキウメ

イキウメについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [イキウメ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

イキウメを含むブログ記事

しゅうめいさん
  • 「プレイヤー」を観て
  • つです。★★★★☆事前に上演時間をフォロワーさんから教えてもらって、立ち見席で長時間持つかしらと思ってました。そんな不安も古田新太さんとトイレですれ違う幸運で忘れました(笑)ラストシーンで鳥肌が立つ。イキウメの初期の頃のナイフの刃の部分を間違って握ってしまったようなあの感覚だ。イキウメ版とどう違うのですかね?どこからどこまでが現実なのか、それとも全てシナリオ通りだったのか、皆プレイヤーだったのか。立ち見だ...
  • その方が素敵日記帳しゅうめいさんのプロフィール
ゆきがめさん
  • 【演劇】「プレイヤー」最初は只のお芝居なのに・・・。狂って行く現実が目の前に広がって行く。
  • なり、演じている事で死者と繋がった俳優たちは、戯曲の中の倒錯した死生観に、どこか感覚を狂わされていく。生と死、虚構と現実の境界が曖昧となり・・・。というお話です。この舞台、すっごく面白かったです。劇団イキウメのちょっと前の作品「PLAYER」を基に、この前作が劇中劇として使われていました。ある劇場のプロデューサーが、その都市在住の作家に脚本をお願いしたそうなのですが、書いている途中で急死してしまい、途中ま...
  • ゆきがめのしねま&試写と劇場に行こっ!ゆきがめさんのプロフィール
みんみんさん
  • 観劇「プレイヤー」
  • 者、時枝は、これは世界を変える第一歩だと臆面もなく語る。死者との共存が、この物質文明を打開するだろうと。カルトとしか思えない時枝の主張に、桜井は次第に飲み込まれてゆく。「プレイヤー」を上演した頃はまだイキウメを観始めていない頃。映像にもなっていないので全く想像できないですが、大好きな作家の作品で、役者も豪華・・となれば、観ない選択肢はない。前川さんの作品なら安心できる(「ウラノス」とか「ミッション」とかイ...
  • 名古屋の負け犬OL徒然草みんみんさんのプロフィール
ランランさん
芸能リアルタイムさん
  • 前田敦子 “総選挙名言”イジられ赤面「あれはギャグじゃない!」 m(。≧Д≦。)m
  • な芸人が言ってるからギャグかと思った」とイジり倒されると、照れながら手で顔を覆っていた。 同作は、『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日間の行方不明の後、夫が侵略者に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイデアをもとに、サスペンス、アクション、コメディー、ラブストーリーと、さまざまなジャンルの要素が詰められている...
  • 芸能リアルタイムのblog芸能リアルタイムさんのプロフィール
みんみんさん
  • チケットGET「散歩する侵略者」
  • いつかは上演してくれると信じ、待ち続けて6年。やっと願いが叶った!これがイキウメの一番の代表作だと、私は思っております。チケットが取れない、なんて事はないと分かっていても、無事にGETするまでは緊張した〜(笑)。前回は4列目を取りながら、日付を間違えていて最後列で観た・・という悲...
  • 名古屋の負け犬OL徒然草みんみんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

イキウメについて