伏見城

伏見城についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [伏見城] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

伏見城を含むブログ記事

鼻毛虎さん
  • 小倉な日々  新幹線の中での楽しみ-2
  • 本丸の天守(付櫓を含む)・筋鉄御門・伏見櫓・御湯殿・鐘櫓の5棟の建築物が残されることとなった。その内鐘櫓を除く4棟について、国宝保存法の国宝に指定された。天守以外のこれらの現存建築は、福山城の築城時に伏見城から移築されたものであったが、昭和20年(1945年)の福山大空襲によって、伏見櫓、筋鉄御門(ともに、国の重要文化財)を残して焼失している。一方、本丸以外の城郭遺構については、昭和初期までに城北側にあ...
  • 鼻毛虎日記鼻毛虎さんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
  • 彼岸の入り(^^♪「ヒガンバナ(彼岸花)」は天界に咲く赤い花 別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
  • 仕の僧4人で転読します。 養源院は、豊臣秀吉の側室淀君が父(浅井長政)の菩提を弔うため、秀吉に願い出て建立されたそうです。 1619年に火災で焼失しましたが、徳川秀忠の正室小督(おごう)(淀君の妹)が伏見城の遺構を移築して再建されました。 伏見城で自害した鳥居元忠の血天井が有名です。 養源院での大般若経会は、1月/5月/9月の21日に3度、13:30より行われます。 養源院 京都市東山区三十三間堂廻り6...
  • 日々是好日 とっつあんの雑記帳銭無のとっつあんさんのプロフィール
媛うさぎ☆さん
  • 【京都】二尊院で新たにいただけるステキな【限定御朱印】〜追加掲載版〜
  • 御朱印】   前回は数年ぶりの参拝でしたが 春の季節の御朱印は間に合いませんでした 【二尊院 御朱印】   以前いただいた【二尊院 御朱印帳】(大判サイズ) 【総門】 1613年、伏見城にあった  薬医門を角倉了以によって移築・寄進されたもの。 2014年、瓦葺き工事により 江戸時代の柄のまま 復元されたそうです。   紅葉の馬場と呼ばれる    総門から続く  100m程の表参道は...
  • Destiny 〜癒しの御朱印巡り〜媛うさぎ☆さんのプロフィール
河合範安さん
  • 最新の関ヶ原研究
  • きている。今までの関ヶ原観は面白いように脚色されたものが多いのだ。河合が小中学校時代に習った事実とかなり異なる。先ずはそれらを押さえよう。開戦前から東軍だった小早川秀秋徳川家康の家臣の鳥居元忠の篭もる伏見城を、大阪で挙兵した石田三成ら西軍が攻めた。すなわち、関ヶ原の前哨戦の伏見城攻城戦である。この時の小早川は西軍に属し、伏見城を攻めた。しかし、それは当時の関西において西軍の勢力が強かったから一時的に西軍...
  • 河合範安の占い河合範安さんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 絶望的な状況でも逃げなかった男
  • 謳われた戦国武将です。 この戦国を生き抜いた勇将は、何度も好機を捉えて三成公に提案するんですよね。ターゲットは徳川家康公、そのチャンスを磯田道史先生が幾つか紹介しましたが、「成る程」の連続。 ?京の伏見城に僅かな兵数で守備され滞在する家康公とその幕僚を、近江佐和山城から石田軍の精鋭8千を率いて一挙に殲滅する。?会津征伐で江戸に向かう家康公一行は僅かな兵数の旅団なんだから、近江水口辺りに宿泊した機を狙い...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
花、着物、時々ハンドメイドさん
  • えびす神社、禅居庵、五条天神社、養源院
  • のかいないのか、今日は誰もおられなかったけれど。帰宅途中、コイン駐車場を見つけたので、前から気になっていた養源院へ。三十三間堂の東側、赤十字血液センターの並びにあります。ここは関ヶ原の合戦に先立っての伏見城攻防で徳川潟が負けて自刃した、その伏見城の遺構を使った寺院です。血天井は北区の源光庵にもありますが、ここ養源院では「これが**のあと」など説明があるのが怖い。俵屋宗達の杉戸絵や襖絵は見応えがありました...
  • 花、着物、時々ハンドメイド花、着物、時々ハンドメイドさんのプロフィール
Peronaさん
  • 京都・2018年日帰り旅行?★『二条城 〜 大政奉還から150周年』その十:天守閣跡から
  • 天守閣跡からの眺めです!かつてはここに天守がありましたが、1750年(寛延3年)に落雷で焼失して以来、再建されませんでした。いい眺めです。堀もみえますね・・・二条城の天守閣は、寛永三年(一六二六年)に伏見城から移築されたもので、五層の天守が建てられていましたが、寛延三年(一七五〇年)に落雷により焼失し、再建されること無く現在に至っています。長い歴史を誇る二条城・・・大政奉還の舞台。そして現在は大政奉還か...
  • 少年ジャンプ速報と気まぐれ冒険記Peronaさんのプロフィール
Peronaさん
  • 京都・2018年日帰り旅行?★『二条城 〜 大政奉還から150周年』その十:天守閣跡から
  • 天守閣跡からの眺めです!かつてはここに天守がありましたが、1750年(寛延3年)に落雷で焼失して以来、再建されませんでした。いい眺めです。堀もみえますね・・・二条城の天守閣は、寛永三年(一六二六年)に伏見城から移築されたもので、五層の天守が建てられていましたが、寛延三年(一七五〇年)に落雷により焼失し、再建されること無く現在に至っています。長い歴史を誇る二条城・・・大政奉還の舞台。そして現在は大政奉還か...
  • 少年ジャンプ速報と気まぐれ冒険記Peronaさんのプロフィール
嵯峨野の青竹さん
  • "伏見城血天井"があり”宗達の杉戸絵も襖絵も”ある「養源院」
  • 養源院」は浅井長政の法号です。秀吉側室”淀殿(茶々)”が建立しました。故に、豊国社至近の此の地にあります。 大坂の役後の元和5年(1619)に焼失しましたが、その2年後、淀殿妹「崇源院(秀忠室)」が”伏見城の遺構(血天井)”を移設して再建しました。 山門から趣がある参道を進むと、本堂があります。辺りの大寺院に比すれば小振りですが、左甚五郎作と言われる「鶯張り廊下」、宗達筆杉戸絵、狩野山楽筆襖絵、伏...
  • 今週の話題から嵯峨野の青竹さんのプロフィール
流れ雲さん
  • 妄想劇場・妄想物語
  • 下人として君臨していたのが豊臣秀吉でした。現在では大阪でも親しまれている秀吉ですが、当時の豊臣政権はあまり人気がなかったようです。秀吉の居城に盗みに入り捕まる石川五右衛門は太閤、豊臣秀吉の居城、京都・伏見城の潜入に難なく成功する。狙うお宝は秀吉の寝所に置かれている「千鳥」と呼ばれる円筒形の青磁の香炉だ。また、当時の関白、豊臣秀次の家臣、木村常陸介に秀吉暗殺を依頼されたとの説もある。実の子の「秀頼」をかわ...
  • 今を楽しく、これからも楽しく流れ雲さんのプロフィール

伏見城を含むトラコミュ

関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

伏見城について