合計特殊出生率

合計特殊出生率についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [合計特殊出生率] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

合計特殊出生率を含むブログ記事

いろいろでセカンドライフさん
  • 東京は、出生率も都心回帰
  • のウラ側〜足立・葛飾・江戸川「下町三兄弟」日本で最も出生率の低い東京都の中でも、全国平均と遜色ない出生率を誇るのが足立・葛飾・江戸川なのだ。と書かれていたのです。ここで出生率と書かれているのは、たぶん合計特殊出生率ですね。確かに、「下町三兄弟」の平成28年の合計特殊出生率は足立区 1.34葛飾区 1.36江戸川区 1.43と高くなっており、この時の全国平均1.43と遜色ない数字とも言えます。ただしこの時の都心3...
  • 軸足の定まらないセカンドライフいろいろでセカンドライフさんのプロフィール
マーロさん
  • 転機に差し掛かる中国経済(5) 課題とリスク
  • 年)」を発表し、2030年までの人口状況を展望しています。同計画では、2030年の人口が14.5億人前後に達するという目標を打ち出しているものの、達成は困難であると思われます。「一人っ子政策」により、合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の平均数)も大きく低下しています。1970年代後半から2010年代前半にかけて、中国における合計特殊出生率は3.01から1.55へと、日本並みの水準まで低下。「一人っ子」政...
  • 新興国・金融情報マーロさんのプロフィール
モチノキさん
  • 選挙公約の真実〜滑川町町長選挙・続〜
  • ない。●人口増加率は、全国(1700市町村)で、12位!埼玉県下(63市町村)では、2位!埼玉県は、東京都の次に人口が増えているという。●滑川町の平均年齢、43歳!高齢者が増えている中、これは若い!●合計特殊出生率は1.7人。埼玉県は1.37人、全国1.44人(H28年)。合計特殊出生率は一人の女性が出産可能とされる15歳〜49歳までに産む子供の数の平均を示す。滑川町は3人目の子どもに対して補助金が出ている。●...
  • 教員ママの!勝手に!滑川町改造計画モチノキさんのプロフィール
森鴎外 文学・文化論攷さん
  • 財務省に 保育所が誕生へ 女性職員働きやすい環境に
  • .......................................... 出生率4県で低下 岡山は上昇 山口、出生数1万人割れ2017/6/3 6:00厚生労働省が2日発表した2016年の合計特殊出生率は岡山県を除く中国4県が前年より低下した。出生数は山口県が初めて1万人を下回った。各県とも多子世帯への助成や婚活支援などを通じた少子化対策に本腰を入れているが、対策が効果を発揮するにはなお時間がかかり...
  • 森鴎外 文学・文化論攷森鴎外 文学・文化論攷さんのプロフィール
B787-450さん
  • 台湾、2022年に人口減 少子化対策や労働力確保推進へ
  • るとの予測が示された。2016年発表の前回推計より3年前倒しとなった。政府は少子化対策や労働力確保に向けた政策を推進し、人口構造転換に対応していく。 1人の女性が生涯に産むと推定される子供の数を示す「合計特殊出生率」は2016年には1.17、2017年には1.13となり、前回の仮定を下回った。今回の推計では出生率を1.2(中位推計)と仮定した場合、総人口は2021年に2361万人のピークを迎えると試算された。1...
  • 勝手気ままな台中生活B787-450さんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
matomediaTOPICSさん
  • 韓国政府「違法中絶には厳罰を! 医師資格停止だ」……それはひょっとして少子化対策なのか?
  • 中絶件数があることが挙げられます。 その多くが違法中絶。というのも、韓国にはいまだに堕胎罪があって、原則として堕胎禁止が国是なです。 一方で出生数は30万件をぎりぎりキープできるかどうかという状況で、合計特殊出生率にいたっては1を切ろうかという緊急事態。 この10年で80兆ウォンを費やしたのに見事なまでの右肩下がり。 人口中絶を厳罰化すれば出生数が増えるという目論見だったのではないかと思われます。 もちろん、違...
  • MATOMEDIA TOPICS(マトメディア トピックス)matomediaTOPICSさんのプロフィール
アンダンテの社労士受験日記さん
  • ◆・・・第50回・本試験の反省【選択式】一般労
  • ・・・・・・・・・・・【選択式】(労務管理その他の労働に関する一般常識)問4-A日本社会において、労働環境に大きな影響を与える問題の一つに少子高齢化がある。厚生労働省の「人口動態統計」をみると、日本の合計特殊出生率は、2005年に【 1.26 】に低下し、第二次世界大戦後最低の水準になった。◆『H29年 白書対策(予想問題)』にブログで記載しなければならなかったページを外してしまいました。情けないです。皆さん、...
  • アンダンテの社労士受験日記アンダンテの社労士受験日記さんのプロフィール
中島さん
  • 【韓国】日本が24年かかった「高齢社会」入り、韓国は17年で
  • 激に高まった。幼少年1人につき高齢者が1.1人という計算だ。 高齢人口は増えて幼少年人口は減っていることで、老齢化指数は今度も高まっていく見通しだ。統計庁が22日に発表した人口動向を見ると、合計特殊出生率(女性1人が一生で産むと予想される平均出生数)は4−6月期0.97人で、今年初めて1.0人を下回ると予想されている。 ◆徐々に増える「お一人様高齢者」 韓国の総世帯数は2016年1...
  • おもしろ韓国ニュース速報中島さんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 中国、「弁慶の泣き所」不動産バブルの毒がついに全身を「冒す」
  • たのか訝るほど。国粋主義者はゴロゴロいても、合理的な経済計算ができる人間に恵まれなかったのだろう。 米国は、中国の人口動態に大きな関心を寄せてきた。中国経済の潜在成長力を計る尺度であるからだ。その際、合計特殊出生率(一人の女性が生涯に出産する数)は、有力は国勢判断材料になる。また生産年齢人口も注目の指標である。中国の場合、健康的な理由で満65歳まで働けず、平均退職年齢は55歳だ。世界標準は65歳だから、中国の労...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

合計特殊出生率について