天智天皇

天智天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [天智天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

天智天皇を含むブログ記事

mio333さん
  • 【談山神社】インスタ映えする紅葉スポット!大化の改新の地、パワースポットはここだ
  • が「大化の改新」の談合を行ったとされる所です。645年大化の改新と習ったはずですが、今は646年になってるらしいです。私的にはどっちでも問題ないが、そんな年号を覚えさす必要があるのか?中大兄皇子は後の天智天皇、中臣鎌足は後の藤原鎌足らしいですが、名前を変えられると更にややこしい。その藤原鎌足の長男が、父親の供養の為に十三重の塔を建てたのがここ談山神社の始まりらしいですが、当時は「妙楽寺」というお寺だったそ...
  • 1dayおすすめ観光(1dayリア充)mio333さんのプロフィール
皿尾城の空の下さん
  • 古河公方の歴史?平将門の乱から御家人下河辺氏に至るまで
  • 藤原氏を中心に京都で貴族政治が行われていたころ。地方の国司の中には任国を私領化し、富を蓄え始めるものも出てきました。また地方の豪族の中には中央貴族や寺社と結んで荘園を開き税を納めないものも出てきます。天智天皇以来推し進めてきた中央による律令国家のほころびが顕在化したころです。 豪族は勢力を伸ばすため武装し、朝廷や貴族は地方の武士を『侍』として宮中警備や地方の治安維持にあてたりします。桓武平氏の高望王は上総...
  • 皿尾城の空の下皿尾城の空の下さんのプロフィール
東山殿さん
  • 古代の城について
  • 組織です。3世紀頃までは争いが絶えませんでしたが、やがて一つの豪族が強くなり周囲を従えて益々大きくなります。その組織と思っていただければ良いです。まだ詳しくわかりません、、、。城が意識して作られたのは天智天皇が北九州や瀬戸内海沿岸に大石や山稜や山腹に並べて山上を封鎖した山城を築いたのが始まりとされています。しかし、日本という国は平安時代前期までの国内は大きな戦いもなく城が築かれるということはありませんでし...
  • 投資と趣味でいつかは年金生活。会社員から自由に。東山殿さんのプロフィール
大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 第1章 古 代 7 草壁皇子
  • 7 草壁皇子 (662〜689)〜母親の権力欲の犠牲になって若死にした悲劇の皇太子〜 母親とは、万葉集や百人一首で有名な持統天皇です。 父親は天武天皇、母親は持統天皇、妻は天智天皇の娘で、後に元明天皇になる女性です。 さらに子どもたちも、それぞれ文武天皇、元正天皇として即位しています。 周りはみんな天皇になった、文句なしの皇族一家の一員ですね。 それなのに、草壁皇子は天皇になる...
  • 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20171122-7
  • く。愛しい若君を守るため、“アシガール”唯が戦国の荒野を ... 小倉百人一首成立は動乱の時代!時代の主役たちを支えた女房の和歌3選ニコニコニュースお正月のかるた遊びとして知られる「小倉百人一首」は、天智天皇・持統天皇という2人の天皇の歌で始まり、後鳥羽院・順徳院というこれまた2人の天皇の歌で締めくくられています。 藤原定家によって小倉百人一首が成立した時代は、貴族の権力が衰え、平清盛に代表される武士が力...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
防衛省OB太田述正さん
  • 入江曜子『古代東アジアの女帝』を読む(その26)
  • 撃によって滅亡した百済を再興すべく派遣された(白村江の戦い)軍の一員として渡航するが、唐軍によって捕らえられて長安へ送られた。長安には遣唐使でその頃は捕虜になっていた<四人(後出)>・・・らがいた。 天智天皇3年(664年)、唐が日本侵略を企てているという知らせを聞いた博麻は、元宝<(後出)>に相談し、自らの身を奴隷として売って・・・四人の帰国資金とした。四人は天智天皇10年(671年)に対馬に到着し、唐...
  • 防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ防衛省OB太田述正さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 紅葉100シリーズ  東山三十六峰の泉涌寺
  • (1242年)、四条天皇が当時に葬られてからは、歴代の天皇の山稜が営まれ、皇室の菩提所として篤い信仰を集めていたので、よって、当寺が「みてら」と称されるようになりました。境内には仏殿・舎利殿をはじめ、天智天皇以降の歴代皇族の御尊牌を祀る霊明殿などの伽藍を配し、春の新緑、秋の紅葉には一段とその美しい姿を映えさせている。アクセス京都駅から市バス208で15分、泉涌寺道下車、徒歩10分拝観時間 9:00〜16:...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
ひょうたんからこまさんさん
  • (増補版)566E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年10月〜1892年11月)
  • 出土した土器から1世紀〜2世紀とされた。 これまで弥生時代の硯は、福岡県糸島市の三雲・井原  遺跡や松江市の田和山遺跡などで破片が見つかっていた。 . 626年、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ、後の天智天皇)  が生まれた。 中大兄皇子の和歌に次のものがある・・、 妹(いも)が家も 継ぎて見ましを 大和(やまと)なる 大島の嶺(ね)に 家もあらましを 万葉集(日本最古の和歌集、巻二・九一) 〔訳〕愛する...
  • 瓢箪韓駒山をめざしてひょうたんからこまさんさんのプロフィール
藤十郎さん
  • 学生と写本を読む(2)
  • 教材には    百人一首を取り上げました。応永13年書写のもので、字はやや窮屈で、読みにくいかなと思ったのですが、『百人一首』はある程度知っているそうなので、自習もしやすいだろうと思ったのです。最初の天智天皇の歌から順番に5つ読んでみました。天智天皇の歌からですね。この写本の「天智天皇」という字にはちょっと面白いことがあります。「智」という字の脇に小さな二つの点があるのです。これは何かわかりますか?」と聞...
  • 文楽と聴覚障害に生きる藤十郎さんのプロフィール
防衛省OB太田述正さん

天智天皇を含むトラコミュ

天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

天智天皇について