天智天皇

天智天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [天智天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

天智天皇を含むブログ記事

綾杉 るなさん
  • 中大兄皇子の事を書いています
  • 久し振りに原稿に戻りました。今、私が入り込んでいる世界は、中大兄皇子がみやま市瀬高で過ごしている所。天智天皇は母の斉明天皇が朝倉で崩御したのち、占う者に「乞食(こつじき)の相あり」と告げられ、罪障をつぐなうため、西国修行に出掛けた所が瀬高です。太神(おおが)の里。「こうやの宮」に祀られた七支刀を持つ像がある...
  • ひもろぎ逍遥綾杉 るなさんのプロフィール
ネネちゃんさん
  • 11月16日(金曜日)行楽の秋!!!
  • インスタには載せた記憶があります)VOICE OF TAKERU 2018Salon24のある吉野郡大淀町のあらかしホールというところで開催されます大淀町今木にある保久良(ほくら)古墳ゆかりの人物で、天智天皇の皇子・建(たける)謎に包まれた皇子の実像と伝承に迫るというイベントで、ネネちゃんのお母さん世代の憧れのマンガ家:里中満智子さんが大淀町に来て下さるそうです歴史に興味のある方里中満智子さんが大好きな方...
  • うめ日記ネネちゃんさんのプロフィール
ドリームスペースクリエイターさん
  • 補助金申請の書類完成!
  • ……? 【松明殿稲荷神社について】祭神大己貴命(おおなむちのみこと)伊弉諾命(いざなぎのみこと)伊弉冊命(いざなみのみこと)猿田彦命(さるたひこのみこと)倉稲魂命(うがのみたまのみこと) 安置天智天皇像(木像)大友皇子像〜弘文天皇〜(木像) 伏見稲荷大社の境外〜けいがい〜末社。創建天暦2年(948年)8年後の勅〜みことのり〜による燎祭〜りょうさい〜で、炬火殿〜たいまつでん〜の号を賜り宝永8年(17...
  • ドリームスペースクリエイター山田ヒロミ 公式ブログドリームスペースクリエイターさんのプロフィール
園田 豪さん
  • 徴用工問題に見る日本外交(3)韓国人の歴史的民族性
  • 十六番目)だったので詔を読むこともできずに帰った。しかし以前のことを言うならば、孝徳天皇の喪を知らせた巨勢稻持の伝えた詔を金春秋(第二位)が承ったではないか。だから以前の決まりというものに合致しない。天智天皇の喪に新羅が派遣したのは一吉飡(十七階中第七位)金薩儒であったではないか。今回来た金道那は級飡(十七階中第九位)ではないか。言っていることが出鱈目である。また新羅は『我が国...
  • 作家園田豪の筆の向くまま園田 豪さんのプロフィール
白桂さん
  • 不老長寿の霊果/郁子(むべ)
  • 使われる。ウォーキングも単調になると続かないので時々道筋を変える。先日逆回りのご近所の塀にたくさんの「郁子・ムベ」がなっているのを見つけた。高い塀の豪邸のお宅である。まさに「むべなるかな」である。昔、天智天皇が蒲生野に狩りをされた時、子だくさんの老夫婦に出会い、げんきの原因をお尋ねになったとき、土地で獲れる郁子を初めとして自然の物を食していると申し上げると「むべなるかな=なるほどそういうことか」とおっしゃ...
  • 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
QQQさん
  • 2人の現人神「仲哀天皇」と「垂仁天皇」の謎
  • 稚武彦、壹與(赫夜姫・神功皇后2)、応神天皇→仁徳(讃)系天皇たち、継体天皇(応神天皇5世孫)から斉明天皇までの倭国天皇が、紆余曲折はあるが、であることは、世人が明瞭に認めていた事実だとわかる。そして天智天皇も天武天皇もまた、その資格には欠けていなかったことが確認できる。天皇家が種子島出身であることは動かない事実なのである。太耳・太瓊が同じ地名で、種子島。播磨は卑弥呼以後に生まれた国だから巴利国のことだと...
  • Brave New WorldQQQさんのプロフィール
勝さん
  • みちびき不動尊の火渡り
  • みちびき不動様です。今回、火まつりを見ることが2回目ということで、どんな手順で行われるのかわかっていました。そんなことで、山伏の長と寺の長の問答で山伏の由緒があり、天武天皇(大化の改新で天皇になられた天智天皇が崩御され、その後、壬申の乱で勝利されたのが天武天皇、7世紀)の頃にこの山伏の修行が始まったようなことを話されていました。HP側記事内容は、みちびき不動尊の火渡り をクリックしてください。先日、ドラッ...
  • 春よ!来い!勝さんのプロフィール
aoさん
  • 宝満宮竈門神社の紅葉
  • でついでに「竈門(かまど)神社」まで行ってみました。太宰府天満宮の北東にそびえる霊峰宝満山のふもとに鎮座するお宮で玉依姫命(たまよりひめのみこと)をお祀りしています。縁結びと紅葉で有名です。社伝では、天智天皇の代(668年-672年)に大宰府が現在地に遷された際、鬼門(東北)に位置する宝満山に大宰府鎮護のため八百万の神々を祀ったのが神祭の始まりという[6][5]。次いで天武天皇2年(673年)、心蓮(しん...
  • aoの休日aoさんのプロフィール
あいらさん
  • 映像から得る知識も大事
  • 今、安部龍太郎さんの「平城京」と言う本を読んでいます。平城京遷都の物語なんですが、遷都を巡り反対派の妨害工作が起こり、しかも天智天皇派と天武天皇派の対立が根底に見え隠れするミステリーものでもある。おもしろいんですが、ちょっと読むのに苦労しています。なぜなら・・・時代は飛鳥〜奈良にかけた辺りですが、その時代の人々の様子、服装みたいな...
  • 徒然日記あいらさんのプロフィール
toraさん
  • 秋の歌 音楽ではありません。
  •  我が宿の 簾動かし 秋の風吹く 秋の風がすだれを動かす…… これは本当に情景と気持ちが良く表された歌です。 恋する女の、待つ身の辛さがすだれが秋の風に動いたことで、良く表されていますねぇ。 これは、天智天皇、天武天皇兄弟と恋仲になったとされる恋多き女「額田女王」の作です。 確か、万葉集の中でも女性の中では、この人の歌が一番多いそうです。 ちなみに、男性では柿本人麻呂です。 この歌の意味は、解りやすいので...
  • 上野松太郎 小説toraさんのプロフィール

天智天皇を含むトラコミュ

天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

天智天皇について