債券市場

債券市場についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 債券市場
  • 宮尾日銀委員が本日18日、岐阜市内で記者会見。「債券市場の乱高下は一時的な動き」と発言。とありますが、こんな暴力的な債券相場が、継続的なはずはないでしょう。。。こんなことしか、公共の場では言えないんでしょうけど。。。[債券市場] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • FX、先物オプションでお小遣い 相場君さん相場君さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

債券市場を含むブログ記事

リョウスケさん
プラティニの相場観さん
  • 米国、報復関税に対してWTOに提訴し、貿易摩擦のリスク逃避・・
  • IMFの経済報告では金融市場は貿易問題を巡るリスクの高まりに油断しているようだと指摘している。そのため週明けのNY市場では、貿易摩擦の高まりや原油価格の下落を受けてダウ平均は44ドル高で終わっている。債券市場では、長期債が売られ10年物国債金利は上昇し2.85%で推移している。貴金属は、金価格や白金価格が連日売られており、2日間でNY白金は20ドル安となり、一時820.6ドルまで下値を試す値動きを見せてい...
  • プラティニの相場観プラティニの相場観さんのプロフィール
新宿会計士さん
  • 韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も
  • 中国の場合は人民元、韓国の場合は韓国ウォンを自国通貨として使っていますが、アジアの中では通貨の通用度という意味では、いずれの通貨も日本円の足元にも及びません。その理由は非常に簡単で、中国、韓国ともに、債券市場やスワップ市場などが成熟していないからです。たとえば、通貨スワップという金融商品がありますが(※通貨スワップといってもBSAではなくCCSの方です)、これらは、エコノミーとして見れば、直物外国為替取引...
  • 新宿会計士の政治経済評論新宿会計士さんのプロフィール
melonmanさん
  • 7/16 来週の相場展望
  • 貿易戦争への懸念がくすぶり続けることが前提となるのだろうが、マーケットは徐々にこの問題を消化し、株式、債券、為替、それぞれの市場独自の理で動きつつあるようだ。米国株式は決算発表の結果にウェートを移し、債券市場は米国経済の良好な見通しが示される中で長期債が選好され、為替市場では安全資産として円よりもドルが見直される、というように、個々の市場の事情が色濃く反映されている。 こうなってくると、それぞれの市場をリ...
  • 225先物・FXデイトレ 本日の相場展望melonmanさんのプロフィール
龍族さん
  • 日本国債の取引低迷が深刻化
  • 債市場の低迷が話題になっている。10年物国債先物の利回りが10営業日連続で変化なし、といった具合に史上まれに見る膠着状態が続いている。短期国債を対象とした先物取引も取引がまったくない日が出てくるなど、債券市場はじめての低迷相場が続いていると言っていい。こうした債券市場の低迷は、言うまでもなく日本銀行が異次元の金融緩和政策を執り、マイナス金利をベースとしたゼロ金利政策を続けているためだが、市場関係者の間では...
  • hotvoice龍族さんのプロフィール
COSMOSさん
  • FX トレードと凡事のお話 その299
  • ンフレは予想以上の速さで上昇するだろう。 賃金上昇は改善している」NY時間序盤はドルストレートが再び反発。ドル円がやや反落。米シティグループ「第2四半期1株利益は予想より強い1.63ドル。 第2四半期債券市場収入は予想より弱い30.8億ドル」米ウェルズファーゴ「第2四半期1株利益は0.98ドル。 第2四半期純金利マージン、市場予想上回る」米輸入物価指数(6月)は予想より弱い前月比−0.4%、米輸出物価指数...
  • FXトレード勝利の羅針盤COSMOSさんのプロフィール
プラティニの相場観さん
  • 米英首脳会議、事前報道と真逆な結果となり、リスク緩和の動き・・
  • 中貿易摩擦の中で米国商務省は中国の携帯大手ZTEZTEは10億ドルの制裁金に、4億ドルの預託金を支払った事から制裁措置を解除したと発表している。それを受けてNY市場では、ダウ平均が94ドル高で終わり、債券市場は長期債が買われ10年物国債金利は低下し2.83%で推移している。為替市場では、米英首脳会談が事前報道と真逆な結果となり、ドルはポンドや円、ユーロで売られている。貴金属は、アジアや欧州市場の軟調な動き...
  • プラティニの相場観プラティニの相場観さんのプロフィール
優利加さん
  • 米中貿易摩擦、過度な懸念が後退して
  • 業の4〜6月期決算で米中貿易摩擦の影響がコスト増などの形で顕在化することが見込まれるので、注意が必要だろう。日米ともに2019年になれば戦後最長の回復期間となる。そろそろ息切れしても不思議ではない。米債券市場では長期金利と短期金利の逆転現象が迫ってきた。日本のバブル崩壊時の初期にも起こったが、短期金利が長期金利を上回ってくると、景気が後退期に入り易い。33業種中31業種が上げた。上昇率トップ5は、サービス...
  • 優利加の徒然相場日記優利加さんのプロフィール
靴磨きおじさんさん
プラティニの相場観さん
  • ムニューシン財務長官の議会証言から米中協議再開の憶測・・
  • とからハイレベル協議の再開の憶測が流れ、米中通商交渉が前進する可能性を受けてリスク緩和の動きを見せている。それを受けたNY市場は、リスク緩和に伴い巻き戻しの動きからNYダウ平均は224ドル高で終わり、債券市場では長期債が売られ10年物国債金利は上昇し2.85%で推移している。為替市場は、リスク緩和の動きから新興国通貨やドルが買われる動きを見せ、スイスフランや円などは対ドルで売られている。貴金属は、リスク緩...
  • プラティニの相場観プラティニの相場観さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

債券市場について