石油会社

石油会社についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石油会社] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石油会社を含むブログ記事

キネマトさん
守谷さん
  • 東京とニューヨーク
  • つと思いますので、お話ししておきたいと思います。まず、東京ですが、ここはドル/円を中心とした実需のマーケットです。実需とは、基本的には、自動車など輸出企業というドル建て代金を円に換えるドルの売り手と、石油会社など輸入企業という輸入代金をドルで支払うために円からドルに交換するドルの買い手から成り立っています。したがって、海外から戻ってきたレベルが高ければ、輸出企業が売り、海外から戻ってきたレベルが低ければ、...
  • 今からでも勝てる!究極のバイナリー必勝法守谷さんのプロフィール
時雨さん
  • 東京とニューヨーク
  • つと思いますので、お話ししておきたいと思います。まず、東京ですが、ここはドル/円を中心とした実需のマーケットです。実需とは、基本的には、自動車など輸出企業というドル建て代金を円に換えるドルの売り手と、石油会社など輸入企業という輸入代金をドルで支払うために円からドルに交換するドルの買い手から成り立っています。したがって、海外から戻ってきたレベルが高ければ、輸出企業が売り、海外から戻ってきたレベルが低ければ、...
  • プロ専業トレーダーの究極の必勝法時雨さんのプロフィール
高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さん
  • 日本国と、日本人を守るために散るしかあるまい!!
  • い『敵国条項(国連憲章)』に対しても異議を唱えておられました。また尖閣の海底油田に対しても、中川昭一は「反対側(日本側)から石油を掘る」とテレビ番組「報道2001」で言われました。(田中角栄氏は日本の石油会社が掘削しようとした寸前でアメリカが恫喝し、阻止されたそうです。)■尖閣の海底油田を盗む米国米国の軍産複合体は石油欲しさに八百長戦争を仕掛けるような国です。その悪事に日本が加担しないようにと『正しい声』...
  • 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのプロフィール
チャーリーさん
  • エクソンモービル 米の原油新時代メジャーが開く
  • ル最大鉱区バーミアンの原油生産量を25年までに現状の3倍にあたる日量60万バーレルに引き上げる方針を明らかにした。上流部門の投資の多くはシェールが中心となる。00年以降本格化したシェール開発は中小の米石油会社が主導した。エクソンは初期投資は大きいが生産コストの低い深海油田や在来とよばれる大型油田を優先。油井寿命が短いシェールはコストも高く、投資の妙味に欠けていた。しかしシェール生産・開発技術の進化で鉱区に...
  • いとしのチャーリー長期投資WAYチャーリーさんのプロフィール
jom2jpさん
papaさん
  • 金曜日(勝負)
  • すがそのリスクによっては一度売って利益を確定しておき次に自国通貨安になった時両替する方がいいし、金利が反転すれば絵外国の銀行金利の方が良いことになる。長々と書きましたが、昨日アップル、マイクロソフト、石油会社、皆下げた米国株、そして米国の高金利、円安。外国人が30%を保有する日本の株式。ここ数日の落ち着きのない乱高下心理的には一度日本株からも離れてみようとなるし、なによりコンピューターは」売られて下がる」...
  • 全力パパpapaさんのプロフィール
あいさん
  • カンボジアの旅(アンコールワット&アンコールトム)
  • げ額 は9565万ドルに達したとネットに書いてありました。日本円にすると....約107億7,000万!! (*゚ロ゚)この売上げの全てが遺跡の修復にあてられるわけではなく借地契約をしているベトナム系石油会社ソキメックス社に入るらしい。こんなドル箱なかなかないですね;遺跡パス3日券を購入しアンコールトムに向かいました。アンコールトムは12世紀後半に完成したといわれています。日本では、頼朝が鎌倉幕府を開いた...
  • Kitchen garden(秋田犬の大福)あいさんのプロフィール
マーロさん
  • 堅調な成長が続く東南アジア諸国(6) マレーシア
  • の育成があげられます。マハティール元首相は、国営自動車大手プロトン・ホールディングスの育成を推進。ただ、近年は業績が低迷し、ナジブ・ラザク首相はマハティール氏をプロトンから追放。マハティール氏は、国営石油会社ペトロナスの顧問からの解任に加え、自らが育成してきたプロトンからも追われることとなりました。ナジブ首相とマハティール元首相の対立は泥沼化しているものの、マレーシアの国内の景気はまずまず。マレー人を優先...
  • 新興国・金融情報マーロさんのプロフィール
“JQ2GWH” from Shizuokaさん

石油会社を含むブログ村メンバー

  •  
rsmamaさん
lalalycheeさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

石油会社について