遺伝学

遺伝学についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺伝学] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺伝学を含むブログ記事

ひこーきパパさん
自然とデザインさん
  • カルロス・ゴーン事件〜政治も経済も「情報」である?
  • 日本版(ハフィントンポスト):ハフポスト山崎行太郎ブログ真田清秋のブログ「国連人権理事会」関係の情報思索の日記知の快楽 哲学の森に遊ぶポリロゴス(複数の論理)世界史ノート経済思想の歴史生命科学の雑記帳遺伝学電子博物館(国立遺伝学研究所)国立国会図書館ユキのブログ(ユキの園芸情報)最新コメントわたなべ/歴史から日本を学ぶ〜400年後の真実:支倉常長とガリレオUnknown/自然と人類の一員である我々の幸福...
  • 自然とデザイン自然とデザインさんのプロフィール
佐々木幸哉さん
あずフィスさん
  • 桐生美希さんのお誕生日
  • 気化学者)、ホアキン・トゥリーナ(作曲家)、高橋勝四郎(獣医師)、ハンネス・コーレマイネン(陸上競技)、井上成美(海軍大将)、長谷川潔(版画家)、浜田庄司(陶芸家)、ランスロット・ホグベン(動物学者・遺伝学者)、池田亀鑑(国文学者)、ジャン・メルモーズ(操縦士)、宇佐美毅(宮内庁長官)、本郷新(彫刻家)、ダルトン・トランボ(脚本家・映画監督)、グレース・ホッパー(計算機科学者)、瀬島龍三(陸軍軍人・実業...
  • あずフィスのきょうの出来事あずフィスさんのプロフィール
EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さん
  • <ゲノム編集>独占告白!ゲノム編集双子を誕生させた中国人学者の苦しい「言い分」。 米国人協力者も登場、驚愕の大型ルポ!
  • 社会が決めるでしょう」と述べている。世界から殺到する非難の声一部の科学者は、賀氏の主張を耳にして愕然とするとともに、強く非難している。ペンシルバニア大学のキラン・ムスヌル博士は、ゲノム編集の専門家で、遺伝学分野の学術ジャーナルのエディターもつとめている。博士は、この研究を「受け入れがたいこと」とし、「道徳的にも倫理的にも正当化できない人体実験にあたります」と語っている。「これはあまりにも時期尚早にすぎる...
  • EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さんのプロフィール
costaのブログさん
  • 娘が大学で学んでる事
  • 。そんなDNAの勉強もしているのです。  DNAの勉強の目的は殆どが人間の疾病を治すためのものです。それが目的です。いかに病気で困っている人々を助けることができるのかというのが医学の目的です。脳科学も遺伝学も全てそうですね。  誰一人として、神を研究する人はいません。神の創造の業を解明する目的で探求している人は殆どいないと思います。ただ、筑波大学の村上名誉教授がサムシンググレートという表現をされて、神を...
  • costaのブログcostaのブログさんのプロフィール
学ぶくんさん
  • 解析学12-06
  • 究チームを率いた本庶さんの言葉を今も胸に刻んでいる。 松田さんは1983年、京大理学部で数学を学んだ後、大阪大大学院医学研究科へ進んだ。同級生に勧められ門をたたいたのが、本庶さんが教授を務めていた阪大遺伝学教室だ。面接で、医学や生物学の素養がほとんどないと打ち明けたが、本庶さんはすぐにメンバー入りを認め、こう言った。 「研究室は常に多様な人がいないと面白い研究ができない。君の数学の知識がある日、役に立つ...
  • 分かって楽しくてドンドン伸びる10分学習学ぶくんさんのプロフィール
土山さん
  • 五感の内最も原始的な感覚「触覚」について
  • 的にフィードバックされる反響回路を発見しました。また、外因性トップダウン入力だけでも、従来提唱されてきた内因性トップダウン入力と外因性ボトムアップ入力の連合入力と同等な機能を担っていました。さらに、光遺伝学的手法を用いてこの外因性トップダウン入力を抑制したところ、マウスは皮膚感覚を正常に知覚できなくなりました。(中略)研究手法と成果国際共同研究グループは、マウスの皮膚感覚の知覚を司る神経回路を探るため、...
  • 生物史から自然の摂理を読み解く土山さんのプロフィール
たまさん
  • 【若者の血液で若返り治療!アメリカ最新医療】
  • が行われていました。 なんと、 加齢による病気の治療のために、若い人の血液を輸血することが頻繁に行われている というのです。 現代の吸血鬼!とも感じられる行為ですが、 ロンドンのユニバーシティ大学の遺伝学者は、これはジョークではなく、現代医学における最も有望なベンチャー企業におけるプロモーションの一つだというのです。 英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの遺伝学者リンダ・パートリッジ氏らによる「N...
  • たまの簡単ダイエットたまさんのプロフィール
moshimoshiさん
  • 子育てや教育は子どもの成長には関係ない!?…私はそうは思わない!!
  • 概要を説明した上で、それに対する私なりの所感を最後に簡単にまとめてみたい。 子どもの性格や能力を決めるのは「氏(遺伝)が半分、育ち(環境)が半分」ということで昔からお茶を濁してきた。しかし、今まで行動遺伝学は一貫して、知能や性格・精神疾患等の〈こころ〉に遺伝が強く影響していることを示してきた。また、知能や性格に共有環境(家庭環境=子育て)の影響がほとんど見られないことも示してきた。例えば、論理的推論能力...
  • ようこそ!「もしもし雑学通信社」へmoshimoshiさんのプロフィール

遺伝学を含むブログ村メンバー

  •  
LucaMさん
ヒューマンデザイン鑑定士 まゆみさん
KUFIIさん
  • 御目覚め めだか組KUFIIさんのプロフィール
  • ブログ初心者です多種多様のめだかを国産グッピーで学んだ遺伝学で形質維持改良などの日々奮闘記です  
武器屋さん
あかしでさん
  • 論文紹介日記あかしでさんのプロフィール
  • 生態学・集団遺伝学関係の論文を紹介しています

にほんブログ村

>

キーワード

>

遺伝学について