書院造

書院造についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [書院造] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

書院造を含むブログ記事

konitan12さん
  • 銀閣寺 銀閣寺 と 八神社 ぶら白マム 2  2018.10.21
  • 寺へまいります。*方丈や東求堂内部に関しては  見仏紀行2013.11.24 銀閣寺2 東求堂   をごらんください。*銀閣寺は春・秋に本堂は本尊の釈迦牟尼仏に与謝蕪村などの襖絵。 東求堂は「同仁斎」書院造り。香座敷の弄清亭。と、特別公開がおこなわれます。 銀閣寺のウェブや京都の観光ガイドをご覧になれば案内がなされています。 ちなみに今年の秋の拝観は10月1日から12月2日まで。 時間制(最終15時30...
  • 白マム印日本のこと日本のものkonitan12さんのプロフィール
woodさん
  • 京都の紅葉・銀閣寺の池泉庭園と国宝建築
  • す。観音殿(銀閣)円錐形の向月台を見て、さざ波を思わせる白砂の銀沙灘をぐるっと周ります。向月台が銀閣の2階に月光を反射させると言われます。銀沙灘と向月台本堂の隣には、国宝の東求堂が建っています。最古の書院造で義政の書斎である四畳半の部屋があります。東求堂裏の月待山(展望台)に上がれば、銀閣寺の全景を見下ろせます。銀閣寺の全景銀閣寺を詳しく解説 ⇒投稿者kyohike投稿日: 2018年11月6日2018...
  • 古都 京都・鎌倉 四季の風景woodさんのプロフィール
建築人さん
  • 今日は奈良・明日香村にて時間の密度と心地よさを感じる場所で「ランチ」を・・・・・・。
  • ・スリッ...住まいの暮らしのデザイン設計、暮らしの空間への...住まいの設計デザインの工夫で場所の持つ活用方法...住まいの設計デザインの勘所、窓でつながる意識の...家の「つくり」・・・寝殿造り・書院造り・数寄屋...最近の画像[もっと見る](仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築工事、現場での作業、その状況タイミングに沿って、この日はご主人と設計図でアトリエで吹き抜け空間からダイニン...
  • 家づくりを楽しもう、建築家のお仕事日記。建築人さんのプロフィール
sayomaruさん
  • ☆アートと温泉*秋に行きたい伊香保の日帰りプチ旅「ハラミュージアムアーク」編
  • 反対側の敷地が見えて、とにかく広いことがわかります廊下を左に曲がると、「觀海庵」が見えてくる古美術を中心に展示する特別展示室「觀海庵」は、六間四方約100m?とこじんまりした建物ですが内部に三間四方の書院造の空間が、入れ子のように設えてあり日本の伝統的な空間を意識させるものとなっています和の設えがちょっと意外で、ここだけが異空間な感じを受けます残念ながら内部を撮影する事は出来ず・・・現代アートギャラリー...
  • 日々美々sayomaruさんのプロフィール
sekiraiさん
  • 1808 旧島津氏玉里邸庭園
  • り焼失したが、島津久光により再建された。黒門明治20年(1887)島津久光の死去の際に造られた。鶴の池唐獅子の乗った灯籠織部灯籠茶室明治12年(1879)再建。雨戸が閉まった状態。開けるとこんな感じ。書院造りで、主室・次の間・控えの間よりなり秀吉の伏見城にあった茶室に倣ったものとされる。次の間は六畳主室は六畳台目。朱色の壁が鮮やかです。明治時代の茶室ですが、大名島津家の茶室は珍しく、しかも秀吉の茶室に倣...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
konitan12さん
  • 銀閣寺 ぶら白マム 1  2018.10.21
  •   この項つづく*方丈や東求堂内部に関しては  見仏紀行2013.11.24 銀閣寺2 東求堂   をごらんください。*銀閣寺は春・秋に本堂は本尊の釈迦牟尼仏に与謝蕪村などの襖絵。 東求堂は「同仁斎」書院造り。香座敷の弄清亭。と、特別公開がおこなわれます。 銀閣寺のウェブや京都の観光ガイドをご覧になれば案内がなされています。 ちなみに今年の秋の拝観は10月1日から12月2日まで。 時間制(最終15時30...
  • 白マム印日本のこと日本のものkonitan12さんのプロフィール
赤池まさあきさん
  • 教育・文化週間 新文化庁発足記念 能の囃子の実演と展示会
  • てほしいと新潟県から要望が出ています。 ○国宝(観智院客殿(かんちいんきゃくでん))1/10模型観智院は京都東寺の塔頭(たっちゅう)の一つで、この客殿は、桃山時代に建てられ、中世の住宅様式から近世の書院造への過渡期を象徴する建物として、昭和34年に国宝指定されました。この模型は、平成28年の大規模修理の際、その成果を検証・反映するために製作したものです。 ○オスニエロサウルスの標本 ジュラ紀に北アメ...
  • 参議院議員 赤池まさあき 国政ニュース赤池まさあきさんのプロフィール
大福さん
  • 金を巡る日本史(3)
  • 苑寺と言います。建立されたのは、1397年のこと。三層の楼閣からなり、それぞれの層で異なる建築様式が取り入れられています!一層は、公家様式とされる寝殿造りの阿弥陀堂「法水院」。二層は、武家様式とされる書院造の観音堂「潮音洞」。三層は禅宗仏殿造りの「究きょう頂」。一層は金を用いない簡素な造りで、二層は外壁のみ金箔貼り、三層は内外とも金箔が貼られ、屋根の上には金色の鳳凰が飾られています!北山殿が完成してから...
  • 純金ブログ大福さんのプロフィール
新現役ネット東京ブログさん
  • 東京散歩「明治期の徳川家住まいを訪ねて」
  • さりげなく家紋の葵が用いられていました。往時の庭園復元工事が完了した「旧徳川住宅戸定邸」水戸藩最後の藩主 徳川昭武によって建てられたこの邸宅には、徳川幕府最後の将軍 徳川慶喜もしばしば訪れたそうです。書院造りの部屋の柱は「四方柾目(しほうまさめ)」で、小林講師が四面ともに柾目にする木の切り方を画用紙に図解してくださり、この柱を取るためにいかに大きな原木が必要かよく分かりました。?江戸川土手の草を踏んで、...
  • 新現役ネット東京ブログ新現役ネット東京ブログさんのプロフィール
みどりの木さん
  • みやのまえ文化の郷紹介3 旧石橋家住宅
  • す。 裏の勝手口から入ります。 勝手口です。ここから入ります。 手前の台所から、土間と勝手口を撮影しました。 中の間から仏間を見たところです。進むと仏間と左側に座敷が見えます。 座敷です。立派な本床の書院造りです。 座敷です。 広縁にはお月見の飾りがあります。 伊丹のお月見解説板です。 表通りに面した店の間です。 2階に上がる階段です。 長くなるので、今回はここまでです。次回は2階からです。 読者募集中...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

書院造について