左馬

左馬についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [左馬] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

左馬を含むブログ記事

ニック西村さん
  • 成田の鷺山城跡探検・佐倉の土浮古墳群探訪
  • と言われています。近くにある「西光寺」内には、良胤とその子・當胤の墓が残されています。良胤の孫・知胤は、公津の家臣団に養育され、江戸時代を通じて千葉家再興運動を続けたと言います。良胤父子を養育した木内左馬介の孫が、江戸時代の義民・「佐倉惣五郎」であります。 さて、二人は、「鷺山城跡」に登って行きました。そう険しくもない「小山」ですが、天気が悪いです。滑らないよう注意です。暫く登って行くと、「2郭=二の...
  • 西村治彦の日記ニック西村さんのプロフィール
アンダンテさん
  • 歌舞伎座七月大歌舞伎「通し狂言・三國無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや)
  • 思うまずは「最遊記」からのスタート宙乗りもあって猿がらみのサービスかな?萬次郎さんが九尾の狐役 この方ってこういうお役がとっても巧い 「アテルイ」や「陰陽師」でも確か演じていたなぁ中村獅童も明智光秀と左馬之助の二役でほぼ出ずっぱり完全復活したようで 何より勸玄君は出てきただけで観客全員の目を釘付けに名優も子役には勝てませんが それが成田屋の御曹司なら尚のこと…こうしてオーラが増していくのでしょうね昼の...
  • アンダンテ あっち行ってホイアンダンテさんのプロフィール
キョロちゃんさん
  • 三國無雙瓢箪久 七月大歌舞伎 その3 7/10
  • ら出てきた姿は、さすがに、品がある。ちょっとくせ者ぶりが出ていて楽しかった。台詞も多かったし。いろいろあっても、結局、三法師を抱いた秀吉がさらっていく。そのあと、奥庭の場がつき、本水の大雨が降るなか、左馬之助の獅童との大立ち回り。本水が飛び散って、暑い夏のお客様サービス。一段落して、本日はこれまでというところで、海老蔵が思いをのべる。壮大に世界平和まで。ここにきて、「海老蔵は、やっぱり三代目猿之助だ!...
  • キョロちゃんのバタバタな日常キョロちゃんさんのプロフィール
キョロちゃんさん
  • 三國無雙瓢箪久 その2 七月大歌舞伎 7/10
  • 光秀の息子の児十次郎が落ちてくる場面がある。十次郎は名乗ってしまったので、追っ手を恐れて、じいやの村越が鎧櫃に斯くして背負っていく。鎧櫃に貴公子。そうです。熊谷陣屋の敦盛。近江湖水の場は、光秀に化けた左馬之助が、琵琶湖の波のなかを落ちて行く。これも、熊谷陣屋の組討ちの有名な場面を彷彿とさせる。嘉兵衛住家にいたっては、夕顔棚のある屋敷。吃又の将監さまのお屋敷のようで、手水鉢もある。そこでドラマが。嘉兵衛...
  • キョロちゃんのバタバタな日常キョロちゃんさんのプロフィール
キョロちゃんさん
  • 三國無雙瓢箪久 出世太閤記 その1 七月大歌舞伎 7/10
  • わい。場面の合間に海老蔵の解説がはいるのもわかりやすい。もちろん、音声だけであらかじめ録音したものだが。序幕のさいごは、備中高松城。なぜ、あんなに素早く中国大返しができたのがということと、光秀の弟明智左馬之助との出会い。まだ、秀吉が藤吉といった頃にであった最初の妻?の八重が登場。二人の間には、子供ができていたが、行方不明ということ。このへんが、次の幕への伏線になっている。児太郎は、腕をあげた。これなら...
  • キョロちゃんのバタバタな日常キョロちゃんさんのプロフィール
dorobuneさん
  • 『大魔神』を見た
  • 田公義監督による1964公開の作品です。映画の冒頭で大魔神が怒ったときの目のアップが映し出されました。『ブレードランナー』は『大魔神』が元ネタなのかと思いました。時は戦国時代、大名の花房家は家老の大館左馬之助の謀反によって滅ぼされていしまう。花房家の家臣、小源太によって花房家の忠文と小笹の兄妹は逃げのび、魔神の山で巫女として暮らす信夫のもとに身を隠していた。花房家滅亡から10年が経ち大館左馬之助は新た...
  • ぶら〜りネット探訪dorobuneさんのプロフィール
rozikoさん
  • *ハマ
  • 碧棺左馬...続きを読む >>...
  • ***おつまみるく***rozikoさんのプロフィール
マンゴーさん
  • 高円寺の夜の雑踏と店ぶれを記録に残す-純情商店街、高円寺銀座
  • ル樽を積み上げたテラス席があり、高頻度で外国人を見かける。その少し先には高円寺麦酒工房があるけれども、街に馴染みのない観光客には麦酒工房は見つけづらいかもしれない。純情商店街の半ばを東に入っていくと、左馬がある。この周辺はまだ高円寺銀座の名前を残している。スタンプラリーなど街の祭りでスタンプや景品交換所としてお世話になることの多いまちの駅。かなり路地裏に来るとようやく高円寺らしい店が出てくる。管理栄養...
  • はんなりマンゴーマンゴーさんのプロフィール
小田博士さん
  • 絶好のお祭り日和 神輿担ぎのダブルヘッダー
  •  8日は神輿渡御のダブルヘッダー。午前は左馬神社、午後は金毘羅神社のお神輿をそれぞれ担ぎました。好天に恵まれ、絶好のお祭り日和と続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』...
  • 元記者の大和市議 小田博士のブログ小田博士さんのプロフィール
琴音さん

左馬を含むトラコミュ

武田信繁
  • 武田信繁
  • 武田信繁は、戦国時代の武将。甲斐武田氏18代・武田信虎の子で、武田信玄の同母弟。官職である左馬助の唐名から「典厩(てんきゅう)」と呼ばれ、嫡子・信豊も典厩を名乗っ...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

左馬を含むブログ村メンバー

  •  
重賞請負人さん
南光坊左馬之介さん
美女(ミヨ)左馬介(サマノスケ)さん
社畜左馬之助さん
左馬助さん