清和源氏

清和源氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [清和源氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

清和源氏を含むブログ記事

人生百貨店 店長さん
  • 武井神社 善光寺三鎮守・善光寺七社
  • いやー見つけちゃいました武井神社(たけい じんじゃ)武井・苗字・由来でも書きましたが武井という名字は清和源氏所縁である諏訪氏系である鎧をまとった闘いに挑む兵士竹井と同じである以外はよくわかりませんでした今回は武井神社もみつかり少し前に進めそうな予感です 正式名称:武井神社御祭神:健御名方神(タケミナカタノカ...
  • 人生百貨店人生百貨店 店長さんのプロフィール
まんたっぷさん
  • 鎌倉・鶴岡八幡宮に祀られているのはどんな神様? 鶴岡八幡宮の歴史・由来
  • とは?八幡宮とは、その名の通り八幡神を祀る神社で、総本社は、奈良時代の創建とも伝えられる大分県の宇佐八幡宮です。平安時代の859年に清和天皇が京都の石清水八幡宮に八幡神を祀り、後に、清和天皇の血を引く清和源氏を始めとする、源氏の氏神として信仰されました。平安時代末期、石清水八幡宮で前九年の役の戦勝祈願をした源頼義が、勝利の後に石清水八幡宮の八幡神を分けて鎌倉に祀ったのが鶴岡八幡宮の始まりで、以降、八幡宮の...
  • 鶴岡八幡宮‐御朱印まんたっぷさんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • 府中〜日野〜横山(八王子)。その1。(「甲州街道」をゆく。第2日目。)
  • ご神木として氏子から敬愛されていた大けやきであった。その大けやきも、度々の暴風雨と、近くは昭和24年のキティ台風によって、幹や大枝が折れ、その後、残った幹の空洞内の出火で枯死してしまった。 義家公は、清和源氏に発する河内源氏の嫡流として、7歳の時、石清水八幡宮で元服、よって八幡太郎と号したが、前九年の役、後三年の役で卓抜した武勇をあらわした公の代に源氏の武威のの最盛期を迎えた。 このような大国・武蔵の国の...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
未来狂冗談さん
  • 中川清秀(なかがわきよひで)
  • 中川清秀(なかがわきよひで)は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、千五百四十二年(天文十一年)摂津国福井村中河原(現・大阪府茨木市)に生まれた。本姓は源氏を名乗り、清和源氏の一家系摂津源氏の流れを汲む多田行綱の子の明綱(あるいは河内源氏傍系石川源氏)の後裔と家系を称した。清秀(きよひで)の幼名は虎之助、通称は瀬兵衛(せびょうえ)、父は中川重清、母は中川清村(重利)の娘で...
  • 皇統と鵺の影人・二千年の歴史キーワード未来狂冗談さんのプロフィール
塩川の田舎者さん
  • 水中生活
  • こんにちは、ゲストさんログインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記有尾両生類とクワガタ……日々のぼやきなどの日記ですお気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]Yahoo!サービス>Yahoo!ブログ>練習用コメント(0)コメント投稿...
  • 清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記塩川の田舎者さんのプロフィール
人生百貨店 店長さん
  • 武井 名字 苗字 由来
  • 朝や推古朝の頃から平安時代初期に信濃国地方政治で活動した金刺氏や他田氏の名が諏訪社の神官として続いて来た。出雲神話の神・建御名方神(タケノミナカタヌシ)に始まるともいう。後世には桓武天皇を祖とするとも清和源氏の源満快を祖とするとも称したが皇胤や摂関家をはじめとする公卿の末裔を称する武家が多い中で祭神・建御名方命の血筋を称しながら極めて尊貴な血筋としてとらえられた特異な家系といえる。諏訪神家一党33氏以下の...
  • 人生百貨店人生百貨店 店長さんのプロフィール
塩川の田舎者さん
  • 大口と普通の子
  • こんにちは、ゲストさんログインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記有尾両生類とクワガタ……日々のぼやきなどの日記ですお気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]Yahoo!サービス>Yahoo!ブログ>練習用コメント(0)コメント投稿...
  • 清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記塩川の田舎者さんのプロフィール
爺ちゃんの京都散歩さん
  • 東寺へ!
  • がないのだそうです。道に迷ったおかげで、大いに功徳が頂けそうです。 八条通に出て、左に進んでいくと、東寺の「北総門」があり、更に西に進むと、壬生道との交差点に「六孫王神社」があります。 六孫王神社は、清和源氏始祖の源経基を祭神とした神社で「清和源氏発祥の宮」となっています。桜の時期にも訪れたい神社です。 八条通を戻り、北総門から東寺に入ります。境内の一角には「洛南高校」もあります。広い境内に講堂や金堂、五...
  • 爺ちゃんの京都散歩爺ちゃんの京都散歩さんのプロフィール
塩川の田舎者さん
  • オタマジャクシ
  • こんにちは、ゲストさんログインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記有尾両生類とクワガタ……日々のぼやきなどの日記ですお気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]Yahoo!サービス>Yahoo!ブログ>練習用コメント(0)コメント投稿...
  • 清和源氏の里・塩川之田舎者の道楽日記塩川の田舎者さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 末法之世 230/260 (平安時代叢書 第十二集)
  • 待ち構えていた四〇〇〇の兵士と、疲労を隠せず、餓えはじめてきている二五〇〇の兵士との激突は、凄惨なものとなった。 それは戦闘ではなく殺戮であった。源頼義はわずか七騎で戦場から逃げ出すという有様であり、清和源氏の武士団を構成する有力武士、佐伯経範、藤原景季、和気致輔、紀為清といった面々が揃って戦場に消えたのであった。にほんブログ村いいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(0)|リブログ(0)...
  • 末法之世(平安時代叢書第十二集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール

清和源氏を含むトラコミュ

明智光秀
  • 明智光秀
  • 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ

清和源氏を含むブログ村メンバー

  •  
塩川の田舎者さん
キビノコジマさん
  • 山田家のページキビノコジマさんのプロフィール
  • 山田家は承久の変で官軍方で戦った山田次郎重忠の家系です。沙石集や長母寺などのことも取り上げます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

清和源氏について