清和源氏

清和源氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [清和源氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

清和源氏を含むブログ記事

ガウスさん
  • 旅の豆知識「源平合戦」
  • 史跡を訪ねる人も増えてきています。 源氏と平氏の最初は、794年(延暦13)に桓武天皇が平安京に遷都したころまでさかのぼります。源氏で最も勢いが強く、武家の棟梁筋と言われていたのは清和天皇の代から出た清和源氏で、鎌倉幕府を開いた源頼朝はこの系統にあたります。また、平氏の中で最も勢いが強かったのは桓武天皇の代から出た桓武平氏でした。平清盛を中心とした平家は、桓武平氏の一派です。 有名な『平家物語』は平家一門...
  • ガウスの旅のブログガウスさんのプロフィール
鶴間正二郎さん
  • 粗末に扱うと祟られる。「将門の首塚」に現代も残る強烈な怨念
  • )「神田明神」(将門を御祭神として祀る)とこれだけあります。平将門は崇徳天皇、菅原道真と並び、非業の死を遂げた日本三大怨霊の一つとされています。平安時代中期から歴史に登場する武士団のなかで、桓武平氏は清和源氏と並ぶ一大勢力でしたが、その中で将門は桓武天皇の五代後の子孫になります。下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争が、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進んだのが承平・天慶の乱ですが、将門はその際に国府を...
  • 酒と車と御朱印と鶴間正二郎さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 77/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • 仁王が源氏を母としている。普通に考えれば藤原氏と源氏の対立ということになるが、内部で派閥争いをしてはいても外に対しては一枚岩になる藤原氏と違い、源氏は一枚岩になることなど考えられない。後に源氏といえば清和源氏を意味するようになるが、この時代、特に注記がなければ源氏とは村上源氏のことである。そして、実仁王の祖父であり、この時代では既に故人となっている源基平は、源氏としては少数勢力である三条源氏である。後三条...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ゴマラーさん
  • 多田神社(2017年7月15日参拝)
  • てる車がありましたが、警察に御厄介になるかも知れないのでお勧めしません。所在地:兵庫県川西市多田院多田所町1-1御祭神:源満仲、源頼光、源頼信、源頼義、源義家創建:天禄元年(970)社格:県社【由緒】清和源氏武士団発祥の地であり、この地に居城を構えた源満仲によって、天禄元年(970)に天台宗寺院として建立される。鎌倉時代に幕府から造営の督励をうけた僧忍性による再建以降真言律宗に転じ、明治以前までは多田院と...
  • Gomaler's〜神社仏閣巡り〜癒しを求めてゴマラーさんのプロフィール
大橋むつおのブログさん
  • 高校ライトノベル・時かける少女BETA・44≪国変え物語・5・美奈と秀吉≫
  • というのは、大そうな氏で、源・平・藤・橘しかなかった朝廷公認の氏に豊臣の姓が生まれたことであって、源氏にも平氏にもなれなかった秀吉のアイデア賞であった。  なんせ、朝廷が臣に氏を与えるのは、平安時代の清和源氏、桓武平氏以来数百年ぶりのことである。  そこへもってきて、秋には四国の長曾我部元親が降伏し、四国全域が秀吉になびいた。 その、四国征伐の軍勢が、凱旋してきたのを秀吉は四天王寺まで行列を並べ、自らは臨...
  • 大橋むつおのブログ大橋むつおのブログさんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 森可成
  • 】森可政【正室】えい(林通安の娘)【子息】森可隆森長可森成利森長隆森長氏森忠政碧松院(関成政室)娘(青木秀重室)うめ(木下勝俊室)【解説】森可行の嫡男として生まれ、最初は美濃守護土岐氏に使える。家系は清和源氏源義家の7男源義隆で、後に仕える織田家家臣毛利広盛は同族である。土岐氏が斎藤道三に滅ぼされると、織田家に仕える。織田信友を討ち取るなどをした尾張統一や、織田信行との対立と桶狭間の戦いなどで活躍。信長か...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 74/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • ? これはひとえに、二人の用意できる軍勢にある。いかに国司と言え、源頼俊が陸奥国において家臣団を形成しているわけではない。付き従う者が一人もいないわけではないが、軍勢とするには不充分な人数にとどまる。清和源氏はたしかに相模国鎌倉を根拠地として関東地方に家臣団を形成しつつあったが、遠く北海道まで軍勢を派遣できるほどの勢力を築き上げているわけではない上に、源頼俊はそもそも清和源氏の頭領ではない。清和源氏として...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
隆景さん
  • 新田義貞ってどんな人物?鎌倉を攻め落とした英雄が足利尊氏と対立した原因とは?
  • 氏と対立してしまった原因について見ていきましょう。 新田義貞を簡単に解説 名前 新田義貞(にったよしさだ)生没年 1300年頃〜1339年主君 鎌倉幕府・守邦親王→後醍醐天皇性格 義理堅い、勇敢氏族 清和源氏流新田氏 新田義貞は鎌倉幕府を滅亡させ、後醍醐天皇が建武の新政を行うのに一役買った武将。政治家としての資質よりも軍事な才能に秀でた右腕的な存在でした。 しかし、鎌倉幕府を攻め滅ぼす功績を立てたものの、...
  • 戦国&幕末 セレクト日本史隆景さんのプロフィール
ブロウさん
  • 日本三大財閥に全部間接的に藤原氏が関わっている
  • メモ日本の苗字7000傑というサイトで家系図の勉強していた時期がありました。三井財閥=三井家=藤原北家住友財閥=住友家=桓武平氏=藤原式家と藤原南家三菱財閥=岩崎家=武田家=清和源氏=藤原北家確かこうだったと思います。藤原氏ってすごいですね。世の中の支配構造が1300年も変わっていませんね。これ以上は...。ではまた。...
  • ブロウの日記ブロウさんのプロフィール
芳瑩さん
  • ?住吉神宮寺跡「新羅寺」
  • 家48代の神主、文永弘安の役に外敵降伏の祈請著しく霊妙奇瑞格別の方にて正安二年奉斎す。斯主社祭神 国盛霊神(クニモリノミタマノカミ)住吉大社の神主の津守家は、鎌倉幕府を開いた「源氏」の親戚にあたります清和源氏武士団を最初に形成した源満仲は、摂津守であった天禄元年(970年)に住吉大社に参籠し、住吉大神の神託により摂津国多田(兵庫県川西市多田)を源氏の本拠地としている。源満仲の三男で河内国壺井(大阪府羽曳野...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール

清和源氏を含むトラコミュ

明智光秀
  • 明智光秀
  • 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ

清和源氏を含むブログ村メンバー

  •  
塩川の田舎者さん
キビノコジマさん
  • 山田家のページキビノコジマさんのプロフィール
  • 山田家は承久の変で官軍方で戦った山田次郎重忠の家系です。沙石集や長母寺などのことも取り上げます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

清和源氏について