清和源氏

清和源氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [清和源氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

清和源氏を含むブログ記事

あまかす ゆたかさん
  • 【箱館編成新撰組隊士】中沢務(なかざわつとむ) 別名 上野力(うえのつとむ)
  • 中沢務(なかざわつとむ) (弘化2年〜大正4年4月23日) はじめは格太と称していた。 戊辰戦争時には上野力(うえのつとむ)と名乗っていた。  本姓は清和源氏(里美支流)。諱(いみな)は安宅。  箱館編成新撰組第一分隊所属隊士。  元肥前唐津藩士。本国は上野。 家紋は蔦紋。  唐津藩士、中沢泉安久と妻レイ(牧野内記正行の妹)の長男として唐津で生まれた。  ...
  • 新撰組データベースあまかす ゆたかさんのプロフィール
Harryさん
ハレソラさん
  • 六孫王神社の御朱印情報/京都市南区
  • 京都市南区にある「六孫王神社」の御朱印を紹介をします。御朱印六孫王神社の御朱印初穂料:300円境内案内清和源氏の発祥の宮清和天皇の第六皇子貞純親王の子、源経基は、六男の六と天皇の孫ということから”六孫王”と呼ばれていたことから、清和源氏始祖の源経基を祭神としているこの社は、六孫王神社となりました。また、多田神...
  • ハレノソラシタハレソラさんのプロフィール
小笠原清基さん
  • 小笠原流×武田流
  • きましたので再度記載いたします。10月22日10時30分〜12時30分大船駅近くにあります山崎浄化センターにて武田流と小笠原流の合同演武を行います。第56代清和天皇から小笠原家も武田家も発しています。清和源氏といわれる家系になるわけです。兄弟ってことになるわけですかね。その後、それぞれの道を進むことになりますが、江戸時代に小笠原家は徳川家に仕え、武田は細川家に仕えます。武田流は、そのまま現在まで熊本を中心...
  • 小笠原流 若日記小笠原清基さんのプロフィール
bridgetさん
  • パワースポット!山口県・白崎八幡宮!由緒ある神社の金運アップお守り・グッズがすごい!
  • 公(すがわらみちざねこう)五男神(いつはしらのひこがみ)大山祗神(おおやまつみのかみ)金山彦命(かなやまひこのみこと)少童神(わたつみのかみ)です。全国に三万社もあるといわれる八幡宮・八幡社のなかで、清和源氏の武将が直接創建したのは鎌倉:鶴岡八幡宮(源頼朝)と白崎八幡宮の他に数社のみといわれています。 屋内霊園施設(納骨堂)を山口県で最初に備えた神社ということもあり、全国に信者さんがいらっしゃるそう。さら...
  • パワースポットで金運アップ!bridgetさんのプロフィール
深沢 襄さん
  • 宇佐神宮・石清水八幡宮・筥崎宮・鶴岡八幡宮 日本三大八幡 御朱印めぐり
  • 家・仏教守護の神として八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の神号が贈られました。これにより、全国の寺の鎮守神として八幡神が勧請されるようになり、八幡神が全国に広まることとなったそうです。また平安時代以降、清和源氏が氏神として信仰したり、武士の尊崇をあつめて発展していったようです。御利益は、厄除け・開運、必勝、商売繁盛、家内安全などとされています。今回は、三大八幡宮と言われる宇佐神宮、石清水八幡宮、それに筥崎宮...
  • 楽しい御朱印めぐり深沢 襄さんのプロフィール
K2さん
  • 北へ北へ 2 / 謙信-ism 坂戸城
  • て絶句。比高460メートルで所要時間は上り80分、下り60分とある。情報欄では田舎もんならば40分あればOKとあるので、竹田城の経験から行きは階段コースでなくて遺構ハイキングコースを選択。・鎌倉時代 清和源氏流新田氏の所領であり、その中心である坂戸山に城郭が築かれていたものされる・文和年間(1352年-1355年) 新田氏を駆逐した上田長尾氏の居城に。・上杉謙信が越後国主となると半独立勢力だった上田長尾氏...
  • 青の傭兵K2さんのプロフィール
Harryさん
  • H.036【真田丸】四
  • oftBank2SoftBank3SoftBank4docomo1docomo2au1au2au3au4トラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。トラックバックする<【清和源氏】編『足利一族』章「今川氏」節 01.今川氏連携サービス知恵袋|textream(掲示板)|ロコ|求人.Yahoo!ブログアクセス解析はマイページからブログを書いてTポイントを山分け!アフィリエイトブ...
  • 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 妙義山城
  • 構築されています。縄張り図は「信濃の山城と館4」宮坂氏は北の麓にある寺を慈眼堂としています。信濃 三村氏出自信濃国荒馬郷に本拠を置いた三村氏は、その出自に関して諸説がなされている。伝わる系図によれば、清和源氏頼親の後裔という。すなわち多田満仲の次男頼親の後裔というものである。  『尊卑分脈』の頼親の項をみると、頼親は大和・周防・淡路・信濃などの国司に任ぜられたことが記されている。信濃守に任ぜられたのは『国...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
大瀬康介さん
  • 大瀬家のご先祖ゆかりの地三戸で鎌倉時代の地頭大瀬二郎の足跡をさぐる!
  • 事務局の文化財保護班の班長さんが来て下さり、当時の三戸は現在よりも広く、鎌倉時代には南部氏はいなかったそうで、三戸の伝承と大瀬家の伝承と一致しています。大瀬家は清和天皇(せいわてんのう)をルーツとする清和源氏となり、後醍醐天皇に仕えた武将で鎌倉右大臣(源実朝(みなもとのさねとも))から大瀬の家名と家紋の三ッ木瓜と三戸を賜ったという記載があり地頭(領主)だった様です。越前以降の部分から家紋までの部分は筆くず...
  • 墨田オンブズマン 墨田区の行政改革を推進するブログ大瀬康介さんのプロフィール

清和源氏を含むトラコミュ

明智光秀
  • 明智光秀
  • 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ

清和源氏を含むブログ村メンバー

  •  
塩川の田舎者さん
キビノコジマさん
  • 山田家のページキビノコジマさんのプロフィール
  • 山田家は承久の変で官軍方で戦った山田次郎重忠の家系です。沙石集や長母寺などのことも取り上げます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

清和源氏について