ベビーブーム

ベビーブームについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ベビーブーム] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ベビーブームを含むブログ記事

まっきぃさん
  • 1.シンママでも700万円貯められた《働いた分だけお金は増える》
  • すくなった職場。いつまでも変わらない環境はない。そしてまっきぃは産休・育休に入りました。そして職場にも、大きな変化が訪れます。女性社員が、どんどん結婚、妊娠をしていったのです。なぜか社内全体で、一気にベビーブームが到来!ワーキングマザーなんていなかった会社なのに、ものの数年で、あっという間にどこの部署にもママOLさんがいるようになりました。そしてまっきぃの評価にも変化が訪れます。何にも仕事のできない子から、《...
  • これからの、恋するマネーとくらしの話。まっきぃさんのプロフィール
林敦子さん
  • また楽しみがなくなってしまった。
  • もしれないので少し楽しみです。 今年からひそかに一日に一個新しい事をすることを決めているので行政書士会の連comに登録しました。 今年は取次申請の研修もうける予定です。(昨日はCFPもHP登録)第三次ベビーブームがない今日本の人口構成はいびつな逆ピラミッド第二次ベビーブームのでっぱりの後は人口減少が避けられません。AIが底を埋めるのか。。。。個人的には外国人の移民が増えるのではないかと考えています。とにかく資...
  • 税理士・社会保険労務士・CFPのためになりたい日記林敦子さんのプロフィール
今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)さん
  • ♯959 母親を大切にしない国
  • す。 そうはいっても、第二次大戦後からほぼ一般して進む日本の少子化は(ある意味)筋金入りで、これらの政策によって簡単に回復すると考える人は(安倍総理も含めて)少ないのではないでしょうか。 実際、第2次ベビーブーム期には約210万人であった国内出生数は1984年には150万人を割り込み、それ以降毎年減少し続けた結果、2016年には97万6979人と初めて100万人を割り込んでいます。 また、女性が生涯に産む子供...
  • 今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所)さんのプロフィール
もりたまさん
  • お正月3が日のつづき
  • 14位↓読者になるアメンバーになるメッセージを送るAD最新の記事お正月3が日のつづきミラクルな3が日あけましておめでとうございます2017年を漢字で振り返ると我が家に来たベイマックスびっくり!!空前のベビーブームロン君がまた本になって登場したよ。2日目自然のパワーをもらいに一覧を見る画像一覧を見るテーマブログ ( 1892 )DECOPIC ( 0 )Simplog ( 3 )一覧を見るカレンダー>日月火水木...
  • もりたま劇場もりたまさんのプロフィール
ディオ♪さん
花水木さん
  • 韓国人「日本を追い越すだろうね」韓国の2017年の出生児数が少なくてヤバイ
  • 妊娠可能年齢の女性の数が減って、もっと仕方がないみたい・・・どこかの韓国人 2018-01-05 14:00:12私もディンクスだよ。どこかの韓国人 2018-01-05 14:04:19両親の世代がベビーブーム世代で、私の時も一番多かったんだね・・、ところで出生率はずっとますます落ちそうだ・・暮らすのが難しいから。どこかの韓国人 2018-01-05 14:05:50ドキュメンタリーで見ると、これは単純に子...
  • イルベの気になる記事を翻訳してみた花水木さんのプロフィール
リンケージ長谷川さん
  • ■個性的という言葉は死語になったのか?(動画編)
  • 編)□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 私が10代の頃、いかにして「個性的な生き方」をするのかが世の中の風潮でした。というのも、戦後の日本は復興を遂げるために、産めよ育てよとベビーブームが訪れました。1947年〜1949年の3年間は第一次ベビーブームと呼ばれ、出生数が250万人を超えて、合計すると約800万人程度の出生数となりました。その後は、小学校、中学校、高校、大学と教育機関も整...
  • 超地域密着経営経営で地域No.1を目指せ!リンケージ長谷川さんのプロフィール
のすたる爺やさん
  • 天空にオリオンが
  • 対策考えねば。?今年初めての干支の主を見ました。十二ある干支の中で現在の日本で一番人口が少ないのが戌年生まれの人らしく、日本の人口の7パーセントほどだそうです。昭和21年が戌年、翌年の22年の猪年からベビーブームになります。まだいま仕込めば戌年に間に合うのでこの冬は頑張れる人は頑張ってください。?昨年あたりペットの勢力もネコが抜いてしまったようで、犬の巻き返しが期待されます。?お天気奉行所のお天気占いによると...
  • のすたる爺やのすたる爺やさんのプロフィール
mariさん
  • ☆ドル円・ユーロドルオーダー状況♪米雇用統計各社予想は?☆
  • される労働市場の一部に就業可能な人材が存在している可能性も? 職に就いている、または職を探している米国人の割合が現状維持で2017年末を迎えたかに注目この割合は近年ほとんど変わっておらず、高齢化が進むベビーブーム世代の退職が増加する一方で、その穴を埋めるのに十分な労働者が労働市場に戻ってきているということを示している感じ? 最後まで読んで頂きありがとうございますポチっと応援して頂けると嬉しいです にほん...
  • まり日和mariさんのプロフィール
Mr-booさん
  • 今日は「イチゴの日」らしいいですよ(^_^)/
  • !!高校受験を間近にして人生の転機のひとつを迎えたこの世代にエールを送る日だそうです(*^^)v元々は、団塊ジュニア世代を指したイチゴ世代。団塊ジュニア世代と言うのは1970年前半・・・いわゆる第二次ベビーブームに誕生した世代。ちなみに・・・1971年からの4年間、毎年、200万人以上のベイビーが誕生しやそうです。これを2014年と比較すると、単純に2倍の数字となります( 一一)団塊世代に次いで人口の割合が高...
  • Mr-booのもの想いブログMr-booさんのプロフィール

ベビーブームを含むトラコミュ

団塊世代 夢と希望
  • 団塊世代 夢と希望
  • 戦後のベビーブームに誕生した団塊世代戦後の日本を世界的レベルへ導いた原動力は日本の戦後は団塊を語らずには存在しないのではないでしょうか?今、団塊世代が定年という...
  • トラックバック数:797 TB参加メンバー数:38人カテゴリー:シニア日記ブログ
日本を守る 少子化対策
  • 日本を守る 少子化対策
  •  1973年をピークとする第二次ベビーブームから2005年の32年間に誕生者数は100万人減少しました。今の状態で推移すれば年間の出生者数が50万人を切るのに5...
  • トラックバック数:28 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:政治ブログ
全共闘世代
  • 全共闘世代
  • 全共闘世代(ぜんきょうとうせだい)とは、1960年〜1970年、安保闘争の時期に青春を送った世代を指す。この世代の者は15%が学生運動に関わっていたと言われている。第一次...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

ベビーブームを含むブログ村メンバー

  •  
brightさん
たそがれ本舗さん
48式親父さん
あかちゃんといっしょさん
団塊ジュニアさん

ベビーブームを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 移民1000万人受け入れの賛否レス: 0/253(1297件)政治ブログ
  • 報収集してから発言してほしいと思いますね。確かに日本の人口は減っているのかもしれないですが、ベビーブームだった団塊世代と比べられても困るような気もします。そして、なぜ、人口が減っている本当の原因を追究すべ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

ベビーブームについて