嵯峨天皇

嵯峨天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [嵯峨天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

嵯峨天皇を含むブログ記事

himekyonさん
  • てくてく京都 嵯峨野路 祇王寺〜滝口寺〜檀林寺
  • われ、この地で母と妹と出家清盛が、祇王から自分への心変わりをみた仏御前も後を追って出家4人で暮らした吉野窓 日本の三大菊 嵯峨菊 滝口寺平重盛の家来滝口入道と、建礼門院付の女官横笛の悲恋物語檀林寺門跡嵯峨天皇の皇后が創立したお寺檀林寺裏の竹林に皇帝ダリアが咲いていました。今年はなかなか出会えませんでしたが京都で出会いました。...
  • himekyonの部屋himekyonさんのプロフィール
長坂教育研究所さん
  • 2019センター日本史予想1
  • まずは易しいところから。多くの受験生は熟知の部分だが、改めて確認して欲しい。「    」に注意すること! *桓武天皇と嵯峨天皇の区別  解説集「弘仁貞観〜摂関政治−1」桓武天皇  ?遷都    ・「平城京」→「長岡京」→「平安京」   ・「長岡京」遷都の理由=「仏教勢力からの離脱」   ・「平安京」遷都の理由=造営長官「藤原...
  • これでも私立高校教員〜 30日間記憶の定着法〜長坂教育研究所さんのプロフィール
ほほさん
  • 青島神社は宮崎市内の縁結びパワースポット!古くから信奉されてきた聖地は見どころが盛り沢山!
  • の入り口に御由緒が書かれた看板がありました。彦火火出見命が海宮からお帰りのときの御住居の跡として三神をお祀りしたと伝えられている。始めてお祀りした年代ははっきりしていないが、日向土産という国司巡視記に嵯峨天皇の御宇(約千百七十九年前)奉崇青島大明神と書いてあったといわれる。文亀(室町時代約四百八十八年前)以後は藩主伊東家の崇敬が厚く御社殿の改築や境内の保護に万全を尽され、明治以後は国内絶無の熱帯植物繁茂の...
  • hohologほほさんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • 船橋三番瀬海浜公園? ダイゼン
  • 食以外の調達や製造、調理などを担当したそうです。現代で言えば宮内庁管理部大膳課に相当します。随分と歴史ある由緒正しい鳥ですね。官職名や官位が与えられた鳥は、他には五位鷺(ゴイサギ)がいますね。こちらは嵯峨天皇から官位を戴いたという、正真正銘の貴族です。話をダイゼンに戻しまして、何故大膳となったのか。これには少々悲しい歴史があるのですが・・・。何でもたいそう美味であり、しばしば大膳識が宮中のお膳に載せたこと...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
あおじさん
  • 京都・大谷祖廟〜南禅寺〜永観堂(2018・11・25)
  • かゆっくり見てみたい。 蹴上インクラインから南禅寺中門に向かう。駐車場のバスがたくさん並び、観光客がぞろぞろ歩く。南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山。詳しくは、瑞龍山太平興国南禅禅寺。ここはもともと後嵯峨天皇が造営した離宮があったところ。亀山上皇が出家して法皇になった2年後に離宮を寺に改めて、無関普門を開山として龍安山禅林禅寺とした(1289)。のちに太平興国南禅禅寺と改められた。またその後、足利義満は、...
  • 青汁屋の極私的ノートあおじさんのプロフィール
フナッシュさん
  • 京都散歩・コース40【二尊院・落柿舎・常寂光寺】
  • アですかつて柿の木が40本ほどあったそうですが一晩のうちにすべての柿の実が落ちてしまったという意味不明なエピソードが残るので“落柿舎”です・・・落柿舎の近隣には西行法師が使っていたと伝わる“西行井戸”嵯峨天皇の第8皇女である“有智子内親王(うちこないしんのう)”のお墓などがありました有智子内親王ゆーたら葵祭の初代斎王として京都検定でもよく出てきますお次のスポットは何やら門前からすでに観光客で賑わっています...
  • ブログな添乗員フナッシュさんのプロフィール
フナッシュさん
  • 京都散歩・コース40【大覚寺・宝筐院】
  • 凉寺?大覚寺けっこうなボリュームでしょ・・・今回はあとあとの行程を考慮して逆コースでまわるためJR“嵯峨嵐山駅”からスタート!!気合い入れすぎて8時くらいに着いてもーた・・・?旧嵯峨御所/大本山大覚寺嵯峨天皇の離宮を寺に改めたのがはじまり「御所」ってネーミングから分かる通り皇室ともゆかりの深い門跡寺院です後水尾天皇から下賜された宸殿(しんでん)や後宇多天皇が院政を行った正寝殿(しょうしんでん)などなど見所...
  • ブログな添乗員フナッシュさんのプロフィール
萬連の「悠々去来に生きる」さん
  • 三週間ぶりのお山
  • 続きます。今日はこれから、出張先の山口に向かいます〜(なんば駅のコインロッカーに預けた荷物忘れないようにシェアなければ!)(*≧∀≦*)ジャンル:ウェブログコメントTweet«京都大覚寺 嵯峨天皇の勅封般... |トップ |このブログの人気記事猿田彦神社のお砂合格しました!神戸厄除八社巡り第二十六番札所金剛頂寺(2017.1.10)お遍路二巡目10...高千穂の黄色いポスト最近の画像[もっと見...
  • 萬連の「悠々去来に生きる」萬連の「悠々去来に生きる」さんのプロフィール
みどりの木さん
  • 南禅寺の紅葉紹介3 南禅寺歴史と三門周辺の紅葉
  • 狩野探幽筆。知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つに数えられている。 三門の2階に上がっている人が大勢います。 南禅寺の歴史は現地にある案内板です。  南禅寺の建立以前、この地には後嵯峨天皇が文永元年(1264年)に造営した、離宮の禅林寺殿がありました。「禅林寺殿」の名は、南禅寺の北に現存する、浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)に由来します。この離宮は「上の御所」と「下の御所」に...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
sirouturiさん
  • 大覚寺の記念御朱印 素敵だった嵯峨菊に囲まれた大玄関(京都市右京区)
  • 日に参拝し記念御朱印を頂きましたこちらが通常の御朱印大覚寺の塔頭の祇王寺から清凉寺に行きそれから大覚寺へ行きました途中で道が不安になり地元の方に教えて頂きました旧嵯峨御所大本山 大覚寺元々は平安初期に嵯峨天皇が造営された離宮です嬉しい事にたくさんの嵯峨菊も鑑賞出来ました江戸時代の初めに御所より移築された大玄関障壁絵は狩野永徳の「松に山鳥図」内側から見た大玄関大玄関から歩いて行き左に曲がると宸殿の表側の格子...
  • 歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行sirouturiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

嵯峨天皇について