嵯峨天皇

嵯峨天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [嵯峨天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

嵯峨天皇を含むブログ記事

sekiraiさん
  • 1711 秋の嵯峨行2 二尊院
  • の隣にある「御園亭」は後水尾天皇の皇女・賀子内親王の御化粧之間を移築内部天袋は狩野永徳筆と伝わる庭抹茶もいただけます二尊院の奥、小倉山の中腹には時雨亭跡藤原定家、百人一首選定の遺蹟三帝陵土御門天皇、後嵯峨天皇、亀山天皇の分骨が安置角倉了以・角倉素庵らの墓三条西家墓三条西実隆墓応仁の乱によって焼失した二尊院の再興に尽力した室町時代の才人三条西実隆歌碑紅葉以上です・・・と言いたいところですが小倉大納言善哉やっ...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
ルパンのしっぽさん
  • 乙津寺(鏡島弘法) 
  • 間寺だという。 天平のころ、この地は乙津島という孤島だった。 船でやって来た行基が十一面千手観音像を彫り、草庵に安置。 それがこの寺の始まりだと伝わる。  開山はその行基ではなく、弘法大師。 造影は、嵯峨天皇の勅命だったという。 縁日は、弘法大師の命日にあたる毎月21日。 今も大層な人出でにぎわうと聞く。 拝殿のわきには、石で「南無大師遍照金剛」。 光明があまねく照らし、金剛のように不滅。 密教では大日如...
  • ちょいと御朱印ルパンのしっぽさんのプロフィール
さつえい隊長さん
  • 東寺の骨董市
  • 市」も「骨董市」も同じ日に行われている縁日の呼び名と思っていたのですが、21日に開催されている縁日が「弘法市」、毎月第一日曜日に開かれているのが「骨董市(がらくた市)」です。 東寺は弘法大師(空海)が嵯峨天皇より管理を任されたゆかりの深いお寺で、弘法大師(空海)の命日でもある21日に参詣すると功徳(くどく)があると言われていました。 以来、沢山の人が訪れるようになり、参詣者にお茶や和菓子を提供し始めたのが...
  • 京都・奈良のお散歩ブログさつえい隊長さんのプロフィール
M。@補欠会員さん
  • 特別展 仁和寺と御室派のみほとけ
  • 28日は全巻見られます、見てきました。一言、字が小さい、そして空海と写経生のによる文字が見られました。祈りというか、信仰心の強さを感じました。ここだけ列が出来ており、私は後列から単眼鏡で覗きました。後嵯峨天皇宸翰消息※天皇の直筆またそれ以外後陽成天皇一行書 「思無邪」 思いによこしまはない、と言うもの、力強くて印象的でした。中御門天皇宸翰和歌懐紙ちらし書きにほれぼれ。こんなに書に目が行ったのは初では無かろ...
  • M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール
題目大好きさん
  • 松浦市議会議員選挙2018の結果(当落)速報一覧と情勢
  • 少ない地域です。志佐川・調川川・今福川などの河口には「ぎぎが浜」に代表される鳴き砂があります。松浦市は「松浦党」発祥の地として有名ですが、「ぎぎが浜」の名も松浦党に関係しています。延久元年(1069)嵯峨天皇第18代の皇子、河原左大臣源融第八世の『孫源久(松浦党の党祖)』が、検非遣使に任命されて今福のぎぎが浜に上陸した際のこと、輿(こし)のきしむ音が砂に伝わって「ギイギイ」と鳴ったことから、「ぎぎが浜」の...
  • 唱題の功徳 なぜ祈りが叶うのか題目大好きさんのプロフィール
ニコニコ日記・咲顔さん
  • 門戸厄神
  • 21日 |歴史を歩く1月20日(土)年始早々体調が悪かったのは、もしかして厄年だから? やっぱり社会的にも肉体的にも節目の年なんでしょう。初めて門戸厄神を参拝しました。正式名は、高野山真言宗・東光寺。嵯峨天皇の41歳の厄年にあたる天長6年(829年)、空海(弘法大師)により愛染明王と不動明王が一体となった厄神明王像の厄除祈願が行われたことに由来する。阪急電車の門戸厄神駅から参道らしくない住宅地を歩く。こじ...
  • ニコニコ日記・咲顔ニコニコ日記・咲顔さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 宇佐神宮(北九州実地踏査ツアー No.22)
  • 店街。(前回訪問時の写真)隣接する駐車場に車を停めて歩いた参道の先にある鳥居。神橋。(前回訪問時の写真)神橋を渡った先にある大鳥居。宇佐神宮は上宮と下宮があり、そのいずれにも三神が祀られている。下宮は嵯峨天皇の弘仁年間(810年代)に勅願によって創建され、上宮の分神を祀った。よって「下宮参らにゃ片参り」と云われるそうだ。下宮へ向かう鳥居。(前回訪問時の写真)下宮。(前回訪問時の写真)神社公式サイトによると...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 朝廷儀礼の文化史 節会を中心として
  • 作者不詳。日本伝統の跪礼で、節会実施場所は平安京内裏。白馬節会の式次第で叙位関係の式次第として、位記請印・位記奉覧が見られた。日本の節会は本来は漢人としての職務であり、節録はその俸給に相当した。内裏式嵯峨天皇の命で藤原冬嗣等七名が編集。弘仁十二年(821年)に完成した。国家儀礼として完成された式次第で、宮中儀礼も基本的には「内裏式」。中国唐から導入した唐礼。立礼であり、跪礼よりも簡略化。節会実施場所は豊楽...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
祭王子さん
  • 弘法大師空海
  • 1月19日の歴史 弘法大師空海 弘仁14年(823年)1月19日弘法大師空海さんが嵯峨天皇から東寺を下賜された日です 796年を創建されて それから二十数年後弘仁14年(823年)1月19日 嵯峨天皇から弘法大師空海は東寺を下賜された 東寺はここから先真言密教の道場として栄えていきます...
  • 吉岡淳・天下布武への道!祭王子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 初大師/今日の俳句 ≪第2751号≫
  • では川崎大師が特に名高く、信者も多い。厄年にあたる男女が厄除けのお詣りをする。近畿圏では京都の東寺が最も人出が多い。弘法大師は真言宗の開祖空海のこと。生き仏として世間の尊崇を一身に集めた高僧で、東寺は嵯峨天皇の勅命で付与された。【「(合本)俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*わが友に贈る*☆※「ほむれば弥功徳まさる」一人一人の尊き挑...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

嵯峨天皇について