阿弥陀如来

阿弥陀如来についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [阿弥陀如来] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

阿弥陀如来を含むブログ記事

shionさん
  • 奈良・元興寺(がんごうじ)の御朱印
  • 二収蔵庫)都市景観形成指定 西室意楽庵(寺務所)北門主な仏像重要文化財 板絵智光曼荼羅(※)、並びに智光曼荼羅舎利厨子(※秋季特別展期間中に特別公開します)県指定文化財 絹本智光曼荼羅重要文化財 木造阿弥陀如来坐像(禅定院多宝塔本尊)重要文化財 木造聖徳太子立像(十六才孝養像)重要文化財 木造弘法大師坐像県指定文化財 木造南無佛太子像(聖徳太子二才像)重要有形民俗文化財 元興寺庶民信仰資料 60,000余点...
  • 紫苑*Noteshionさんのプロフィール
小次郎さん
  • 真如堂の紫陽花2:2018年6月
  • 都市左京区浄土寺真如町の「真如堂」(しんにょどう:真正極楽寺)の紫陽花をご覧ください。 永観二年(984年)に、比叡山常行堂のご本尊であった「慈覚大師」(じかくだいし:円仁)の作といわれる阿弥陀如来を円融天皇の女御である「藤原詮子」(ふじわらのせんし)の離宮があった現在の地に移して安置したのが始まりといわれる真如堂には、三井家の家祖である三井高利夫妻をはじめ三井各家累代の墓があり、三井家(三井グ...
  • 小次郎の京散歩小次郎さんのプロフィール
マッキーさん
  • マッキーの『四季を楽しむ』:あじさい観賞に北鎌倉を散策(上)
  • 済宗円覚寺派に属する。鎌倉五山第4位。山号を金宝山(きんぽうざん)と称する。中世から江戸時代にかけて「金宝山」と「金峰山」が混用されてきた(出典:『鎌倉の地名由来事典』三浦勝男編 東京堂出版)。本尊は阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の三世仏で、それぞれ過去・現在・未来を象徴する。境内は「浄智寺境内」として国の史跡に指定されている。 このお寺も、階段を登って茅葺の山門をくぐって境内に入ります。地形の傾斜を利用し...
  • マッキーのつれづれ日記 マッキーさんのプロフィール
ぼっちさん
  • 白山美濃禅定道ゆかりの地訪問
  • の地を訪問してきました (ロ。ロ)/ まずは、禅定道の起点、美濃馬場と言われた白山中宮長滝寺へ。越前馬場の白山平泉寺と同様、ここも養老元年(717年)泰澄によって創建され、同6年に十一面観音、聖観音、阿弥陀如来を安置し、白山本地中宮長滝寺と改称したと伝えられる。美濃禅定道の馬場としての成立について、加賀馬場白山比?神社に伝わる平安後期成立の「白山記(しらやまのき)」には、「天長九年(832年)三方の馬場を開...
  • WALK あばうと 日本4,000山ぼっちさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 大覚寺
  • 如来、(2) 鏡のようにあらゆる姿を照し出す智 (→大円鏡智 ) ,阿閦(あしゅく)(3) 自他の平等を体現する智 (→平等性智 ) ,宝生如来(4) あらゆるあり方を沈思熟慮する智 (妙観察智) ,阿弥陀如来(5) なすべきことをなしとげる智 (→成所作智 ) 不空成就?嵯峨天皇と弘法大師空海ブログ?弘法大師 空海の歩いた道809年 嵯峨天皇が24歳で即位し、重んじられるようになる。空海は、まず和泉国槙尾...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
スピリチュアルカウンセリング MEDIUMさん
  • 一年前 霊視 バツイチ 恋愛 結婚 再婚 霊能者 脳の病 MEDIUM体験談:人間ドック
  • 、父親は他に新しい家族があったが、亡くなった事を知らされた。お墓もどこかわからない。母親は先月亡くなっており、まだ浄化に至っていない。49日もまだ経っていない。母親は創価学会で葬儀をしたが、納骨の前に阿弥陀如来がご本尊のお寺にて供養する事。娘のあなたも創価学会では満足していない。娘がいるが、引っ越しは、今年は出来ない。入試で来年大学に行くが、通学を来年の6月ごろまでする事。あなたも男性と最近知り会っているが...
  • スピリチュアルカウンセリング MEDIUMスピリチュアルカウンセリング MEDIUMさんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 青モミジの阿弥陀寺
  • は、京都市上京区にあります。織田信長に縁があるお寺です。参道を上り詰めていくと、辺りはひらけ、山間の小さな農村のような雰囲気の石垣と懸崖に瑞雲閣が見えてくる。本堂開山の弾誓上人自作の自髪を植えた本尊と阿弥陀如来像が祀ってある。見所深山の樹々に埋もれてひそむ崖上の堂宇と、弾誓上人が即身仏となった厳窟の石廟。一言開祖弾誓上人は本堂脇の厳窟(かんくつ)で即身仏となる。遺骸は石棺に納め本堂横の石廟に安置され、開祖弾...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
天笠 多菜葉さん
  • 亡くなった人たちへ、私たちができること
  • やはりこの世への未練で帰れない人がたくさんいるのですね。お迎えは、原則として自分が知っている人の姿をしています。先に亡くなった両親や友達、親戚、尊敬する人物。もしくはイエス・キリストの姿をしていたり、阿弥陀如来の姿をしていたりすることもあります。こうした方々がお迎えに来てくれますので、素直についていくことが大切。何事も自分の意思が優先されますので、「行きたくない」と頑なに拒否すると、おいていかれてしまいます...
  • あめのみさちのことたま〜臨死体験天笠 多菜葉さんのプロフィール
桐生人ポコさん
  • 2018年日光山輪王寺御朱印巡り観光した
  • 。石段右側の大木が天然記念物である樹齢500年の金剛桜。三仏堂は拝観料が必要で大人400円、小中学生200円。内部は撮影禁止になっていました。この地は山岳信仰の一大霊場である事から馬頭観音(太郎山)と阿弥陀如来(女峰山)と千手観音(男体山)と3体のご本尊はそれぞれの山を仏様にしたものなんだそうです。山の名前を見てもらうとわかるのですが、この3体で子供、ママ、パパの家族を表してるとも云われてるそうです。家族を...
  • 桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ桐生人ポコさんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 釘抜地蔵の石像寺(しゃくぞうじ)
  • ここでの釘抜きとはバールのことではなく、はさんで抜くやっとこに近い道具のことである。歌人である藤原定家、藤原家隆が住んだこともあると伝えられ、境内墓地には定家、家隆、寂蓮の供養塔がある。重要文化財石造阿弥陀如来及び両脇侍像 - 本堂背後の小堂に安置。定印(じょういん、膝上で両手を組む)を結ぶ阿弥陀如来坐像の左右に脇侍の観音・勢至菩薩像が立つ。花崗岩製で、阿弥陀像の像高91.5cm、両脇侍像の像高は約103c...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール

阿弥陀如来を含むトラコミュ

平等院
  • 平等院
  • 平等院は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、古都京都の文化財の一部として世界遺産に登録されてい...
  • トラックバック数:46 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:旅行ブログ
仁和寺
  • 仁和寺
  • 仁和寺は、京都府京都市右京区御室(おむろ)にある真言宗御室派総本山の寺院である。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇である。皇室とゆ...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ
知恩院
  • 知恩院
  • 知恩院は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山。本尊は法然上人像および阿弥陀如来、開基は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没し...
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:旅行ブログ
牛久大仏
  • 牛久大仏
  • ギネスブックも公認する世界一の高さ120mの大仏。正式名称は牛久阿弥陀大佛。真宗大谷派から分離独立し1988年に結成された、浄土真宗東本願寺派の霊園に面して造られている...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:旅行ブログ

阿弥陀如来を含むブログ村メンバー

  •  
こびとのhanaちゃんさん
大慶和尚さん
後光さん
  • 仏像マニアクス後光さんのプロフィール
  • 阿弥陀如来、不動明王、大日如来等、魅力的な仏像を集めています。

にほんブログ村

>

キーワード

>

阿弥陀如来について