唐獅子

唐獅子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [唐獅子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

唐獅子を含むブログ記事

ドルアーガさん
  • 国盗りクイズ 5月18日の答え
  • 問題:次に挙げる絵画のうち、戦国時代(安土桃山時代)に描かれたものは?1. 見返り美人図2. 鳥獣戯画3. 蒙古襲来絵詞4. 唐獅子図屏風正解:4. 唐獅子図屏風人気ブログランキングへ解説:戦国時代においては、武士が中心となった時勢を反映するような、勇壮で華やかな「桃山文化」が発達しました。絵画の分野においても、金箔を多く用いた障...
  • ケータイ国盗り合戦 戦国クイズの回答ドルアーガさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2710回 弘経寺(ぐぎょうじ)浄土宗/茨城県結城市西町・6
  • かつては装飾木彫が付いていたようです。桁行見上げ。軒回りは妻面と同一意匠。二層の長押の間に透かし彫。禅宗様頭貫木鼻。組み物の肘木、尾垂木に独特な繰型。反り上がる、吹き寄せの化粧垂木。珍しく、破風板にも唐獅子の装飾木彫が付いています。二手先の腰組。先端が繰型の長い腕木。宝形造り屋根、漆喰で塗り込められた経蔵。両引き分け硝子障子。上枠の眉切。...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
Hisacchiさん
  • バーチャルデート:江の島が見えてきた〜♪♪
  • ますが、ここは後ほど。           ↑↑参道を上がると「朱の鳥居」が見えてきます。              ↑↑更に階段上には「瑞心門」という竜宮城を模した楼門があります。壁や天井には牡丹や唐獅子の絵画、更に門をくぐると正面には「弁財天童石像」があります。    戻りますが、朱の鳥居の横にはエスカレーター(エスカー)があります。お年寄りや足の不自由な方はご利用してもいいと思いますが、神社・寺院...
  • 誰もがわかりやすく健康予防医療を理解できるブログHisacchiさんのプロフィール
トリトンさん
  • 今日はヨーグルトの日と、サツキほか
  • が向くと、ジャムを入れたりします。なるべく生乳100%のを選ぶようにしています。さて。ようやく雨があがったと思ったら、途端に暑くなりましたね。庭の花木たちが心配です。サツキが少しずつ咲き出しましたよ。唐獅子牡丹。名前が気に入って、買いました。綺麗です。桃香。これも、名前買い(^^;)名前が不詳の、サツキたち。この時期になると一斉に咲いてくれて、嬉しいです。アジサイ・ダンスパーティー。鉢植えを買ってきて、...
  • トリトンのガーデニングと趣味の徒然日記トリトンさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2709回 弘経寺(ぐぎょうじ)浄土宗/茨城県結城市西町・5
  • 支輪板には菱格子模様の浮き彫。出隅ですが、正面のみ獏の頭貫木鼻彫刻。円柱は、粽というより、砲弾状に絞られ、台輪上に一手先の組み物。獏の頭貫木鼻詳細。かつては鮮やかに着彩されていたようです。中央部には、唐獅子の頭貫木鼻彫刻。中央に桟唐戸。両脇間に背の高い花頭窓。腰長押と釘隠し。唐破風屋根見上げ。疎らに配置される茨垂木。客殿玄関。頭貫虹梁から薄い庇が差し出されます。禅宗様頭貫木鼻。「波に亀」の彫刻蟇股。「松...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
  • 箕輪初心:生方▲草津100-60『前田青邨T3せがい出し梁』:「頼朝の洞窟」と源頼朝ブログ
  • ******************************* ・昭和5年(1930) 『洞窟の頼朝』で第1回朝日文化賞受賞した。・昭和10年(1935) 帝国美術院会員となった。 御即位記念献上画「唐獅子」を制作した。〜〜〜〜(中略)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・昭和52年(1977) 10月27日、逝去(92歳) 贈従三位『草津に歩みし100人』のブログ一覧**************...
  • 城・武将・陶芸・登山・潜水・スキー・旅行・温泉箕輪初心:生方さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 第2708回 弘経寺(ぐぎょうじ)浄土宗/茨城県結城市西町・4
  • す。正面。斜めから。入母屋造り屋根妻入り、唐破風軒向拝。鳳凰の懸魚彫刻。唐破風屋根の軒桁直下に向拝柱。柱上に二段の出三つ斗。脇に巻斗がのり、二段の通し肘木が渡ります。「波の上の龍」の欄間彫刻。見返りの唐獅子の頭貫木鼻彫刻。「波に千鳥」の籠彫の持ち送り。二方向から渡る頭貫虹梁。正面入り口。硝子窓、腰付障子と、桟唐戸。市松張りの鏡板の格天井。中央に拳鼻付平三つ斗。左右に彫刻蟇股。牡丹がモチーフの、背の高い彫...
  • お宮、お寺を散歩しよう紋谷幹男さんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
  • 箕輪初心:生方▲草津100-60『前田青邨T3』:日本画「頼朝の洞窟」と源頼朝ブログ
  • ******************************* ・昭和5年(1930) 『洞窟の頼朝』で第1回朝日文化賞受賞した。・昭和10年(1935) 帝国美術院会員となった。 御即位記念献上画「唐獅子」を制作した。〜〜〜〜(中略)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・昭和52年(1977) 10月27日、逝去(92歳) 贈従三位『草津に歩みし100人』のブログ一覧**************...
  • 城・武将・陶芸・登山・潜水・スキー・旅行・温泉箕輪初心:生方さんのプロフィール
きゅろさん
  • 狛犬の歴史!中国の唐獅子は日本の狛犬のルーツを知る材料
  • 知りたい!中国からどんな風に渡ってきたの?狛犬が中国から来たってご存知だったんですか?もっと昔に遡れば、はるか昔のオリエント時代まで行くんですけど、現在の私達に一番、通じているのは、中国から渡ってきた唐獅子(からじし)なんです。(^^)調べてみると、本当に面白くて興味深いんですヨ!!時代別に詳細を解説しますね♪それではいってみましょう〜中国での狛犬の起源とは? 中国 漢の時代(紀元前206年〜紀元後20...
  • スピリチュアルな習慣きゅろさんのプロフィール
otyukunさん
  • 雲立涌の初着と付下:記念写真
  • 開のご了承を得ています。 赤ちゃんです。初着は雲立涌に藤、牡丹に菊を散らしています。しっかりとしたお顔はこれからが楽しみ。 お家族のお写真も頂戴しました。お兄ちゃんは以前に五つ参りでご紹介しています。唐獅子の羽織や金箔の袴も工房の作品です。 このご家族にはおばあ様に当たる方からのご注文なんですが、雲立涌の付下を一緒にご注文頂いています。その写真も頂きました。後姿から。見事な着姿です。着物のおかげで細っそ...
  • 遊そぞろotyukunさんのプロフィール

唐獅子を含むブログ村メンバー

  •  
オヤジ♀さん
唐獅子牡丹海老。さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

唐獅子について