9月場所

9月場所についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [9月場所] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

9月場所を含むブログ記事

search_net_boxさん
  • ■672 「若ナントカ」という力士
  • 役十両力士である。そんな十両力士に「託したい」ことがある。平成27年7月場所。十両下位で若の里が大きく負け越した。翌場所、若の里は幕下の番付に載ったものの幕下では土俵に上がらず引退した。その平成27年9月場所、若乃島がやはり十両で大きく負け越し、翌平成27年11月場所、幕下に陥落した。若の里。若乃島。若隆景。この3人の共通点は何か。四股名の文字を見ればわかるだろう。「若」で始まる四股名をつけた力士だ。「若...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
johnkimura11さん
  • 英作『大相撲12(相撲界は旧態依然)』
  • 相撲9(不祥事続き)』英作『大相撲8(暴力事件で相撲界に激震)』英作『大相撲7(物言いがつく)』英作『大相撲6(四股踏み・邪気を払う)』英作『大相撲5(塩をまいて清める)』答えと考え方英作『大相撲4(9月場所が開催される)』答と考え方英作『大相撲3(巡業による地域の活性化、青少年の育成)』記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 英作『大相撲11(横綱の品格)』gooブ...
  • 考える英語 (英作のススメ)johnkimura11さんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
よっちゃんさん
  • サンドイッチでの優勝または準ずる成績 その4
  • 勝次点―13勝次点の昇進例がありますので5月場所、5度目の優勝という事も勘案して継続扱いからの昇進となっていたのかもしれません。その21994年5月場所 14勝優勝1994年7月場所 11勝1994年9月場所 15勝優勝こちらはその1からの続きであります。その1の14勝優勝―11勝―14勝優勝では見送られた貴乃花ですが、この時は9月場所の6度目の優勝という事もありなんと相撲協会は横審に諮問を致しますが結果...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
search_net_boxさん
  • ■671 関脇が残す成績とその翌場所は
  • い。逆に大関・横綱は1場所負け越しただけでは番付が下がることはない。これがこの数十年の番付編成のルールだ。そして、番付昇降幅の目安はあるが、相対評価で決まってくる。少なくとも平幕より下はそうだ。だから9月場所で平幕下位で好成績を収めた錦木や竜電は大きくジャンプアップした。9月場所東平幕13枚目で10勝した竜電は11月場所で西平幕3枚目まで番付を上げたが、11月場所、9月の竜電と同じ東平幕13枚目で竜電より...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • サンドイッチでの優勝または準ずる成績 その3
  • ―12勝準優勝以上かつ、3場所合計36勝以上としまして玉乃島の横綱昇進時と同等以上の成績を出していた大関を紹介します。今回は小錦に続き、武蔵丸の事例を3例見ていきましょう。武蔵丸の場合その11997年9月場所 13勝同点1997年11月場所 12勝1998年1月場所 12勝優勝同点と優勝のサンドイッチであり、間の星も12勝と前回の小錦とまではいきませんが、それに近い成績であります。さらに、間の12勝は千秋...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
sammytheangelさん
search_net_boxさん
  • ■668 公傷について、またまた考えてみよう
  • 1月場所の三段目以下の優勝力士。三段目は元幕内の宇良。序二段は最高位は三段目上位の光内。そして序ノ口は最高位が幕下中位の鳩岡である。この3力士の共通項は、長期休場から復帰してきた力士である。3力士とも9月場所に出場しているのだが、鳩岡は4場所全休後9月場所は番付外陥落回避のための7番相撲のみの出場、光内は昨年9月から今年5月まで休場し、7月場所は前相撲で復帰、そして9月場所は序の口優勝、そして11月の序二...
  • 大相撲データアナリストの大相撲日記search_net_boxさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • サンドイッチでの優勝または準ずる成績 その2
  • 勝三位で綱取りは継続。7月場所では10勝止まりとなりまたも綱取りは白紙となります。そして小錦のここから2年間は、綱取り挑戦の連続となっていきます。その21991年7月場所 12勝次点(2差)1991年9月場所 11勝1991年11月場所 13勝優勝7月場所の12勝次点は先場所14勝同点からの綱取り継続でありましたが9月場所では11勝止まりとなり、綱取りは白紙となりましたが11月場所では13勝優勝とかなり昇...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール
よっちゃんさん
  • サンドイッチでの優勝または準ずる成績
  • 。3場所前と直近場所では優勝や準優勝をしているにも関わらず、間の2場所前の成績が弱いために綱取りとならなくなってしまった状態ですが、かつてこの成績で横綱に昇進した事例もあります。玉の海の場合1969年9月場所 13勝優勝1969年11月場所 10勝1970年1月場所 13勝同点間に10勝を挟んだ優勝と優勝同点のサンドイッチでの昇進であります。こちらは1970年1月場所で連続優勝を果たしたライバル北の富士と...
  • 大相撲 綱取り研究所よっちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

9月場所について