イギリス空軍

イギリス空軍についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [イギリス空軍] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

イギリス空軍を含むブログ記事

モックンさん
  • ダンケルク
  • 士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。クリストファー・ノーラン監督の最新作。音響と映像には定評があり、鑑賞を楽しみにしていた。今回はこれまでのような超大作というより、割...
  • A Day In The Lifeモックンさんのプロフィール
KINCHANさん
  • 【伊丹空港】伝説の社員食堂!?モーニング編
  • kinchanrjgg.hatenablog.jpkinchanrjgg 2017-09-18 15:03【伊丹空港】伝説の社員食堂!?モーニング編Tweet関連記事2017-08-30【政府専用機】イギリス空軍機、伊丹経由で羽田へ到着こんばんは^^ 今日は、英国首相の来日に関する情報をお伝えした…2017-07-27【ANA】C-3PO ANA JET搭乗記こんばんは^^ 今日は筆者の友人であり、過去に何度...
  • KINCHANの Without lens capKINCHANさんのプロフィール
マチルダさん
  • ダンケルク 〜 名もなき英雄たち
  • 士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。(シネマトゥディより)イギリスへ帰るために桟橋にきたものの、ものすごい数の兵士たちが待っていた。駆逐艦だけではとても全員乗り込める...
  • まぜごはんマチルダさんのプロフィール
綿箆マナさん
  • 【ネタバレなし】ダンケルク 感想【クリストファー・ノーラン】
  • ファー・ノーランの名前だけでダンケルクを観に行きました。良かった点臨場感? この映画は主に、「ダンケルクから脱出しようとする1人のイギリス兵」、「ダンケルクに救助に向かう民間船」、「ダンケルクに向かうイギリス空軍」の3視点から描かれるのですが、イギリス兵の視点での臨場感が凄い。 Twitterの公式タグに #ダンケルク体験 とあるように、まさに1人の兵士となってダンケルクからの脱出を味わうことができます。  ...
  • 綿箆雑記帳綿箆マナさんのプロフィール
opikaさん
  • 「ダンケルク」
  • 士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。よく、先入観無しに観に行ってほしいという言葉を映画鑑賞の際にはよく聞きますが、この映画に関しては史実なのと、ある程度の知識が必要と...
  • 『ありがち日記』opikaさんのプロフィール
showさん
  • 陸・海・空
  • まりトミー含めた兵士全体、ということだろう。これは陸の話。2つめはダンケルクにいる兵士たちを救うべく、民間船でイギリスを船出した民間人。これは海の話。そして、3つめはダンケルクを狙うドイツ飛行機と戦うイギリス空軍兵士。トム・ハーディが演じている。空の話。これらが絡み合って一つの映画になってる訳だけど実はここはトリックというかちょっとしたひねりがある。この100分程度の映画で、陸の話はトミーがダンケルクに着いて...
  • 浅草文庫亭showさんのプロフィール
pieceさん
  • 映画『ダンケルク』〜リアルな戦場を体感!
  • 士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。…となっておりますが、あんまり、と言うか、ほとんどストーリーなんて関係なし。映画が始まった瞬間から、観客は戦場に投げ出され、あとは...
  • 気分爽快!pieceさんのプロフィール
jb-robeさん
  • ダンケルクを見てきました。
  • もし、機甲師団が停止せず、進撃していたら24万の兵士が失われ、後の反攻作戦もあんなに上手くいかなかったのではないかと言われております。この作品はドイツ軍の描写を徹底的に省いており、ダンケルクに来るのはイギリス空軍が撃ち漏らした少数の航空機だけなので、撤退の緊迫感があまり感じられず、背景を知らずに見るとドイツ仕事しろと言いたくなります。 しかし、出番が少ないながらもサイレンを鳴らしながら襲来するストゥーカの描写...
  • その他いろいろjb-robeさんのプロフィール
H.NODAさん
  • ノーランの映画「ダンケルク」を見る
  • るが、激しい機銃掃射を受ける。一方ドーバー海峡をはさんだイギリス側の港では、海軍の要請を受けてドーソン(マーク・ライランス)ら民間船の持ち主が兵士救助のためダンケルクに向かおうとしていた。途中墜落したイギリス空軍機を見つけたドーソンはパイロットを救助するが、彼に「ダンケルクに向かうのは危険だ」と言われる。さらにダンケルクの上空ではファリア(トム・ハーディ)らの乗るイギリス空軍のスピットファイヤ機がドイツ軍機と...
  • N氏のつぶやきH.NODAさんのプロフィール
CIC担当さん
  • ヨルムンガンド二次創作 第47話 Neos Kosmos fasi.3
  • 人ばかり。そちらを当たってビジネスをしていたら、気づいたら今のようになっていた。それだけですよ。」  照れ隠しをするように笑い、日本酒を飲む。 「カリーズ・カンパニー・アエリアル・トランスポート。嘗てイギリス空軍のエースだったあなたは、退役後、中古の輸送機を買い取り軍の滑走路を借り受けて、少々危険な運送業を始めた。軍の人間はあなたの事業について、ある程度察していた。が、知らないふりをして、あなたの為ならと輸送...
  • cogito,ergo sumCIC担当さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

イギリス空軍について