失われた時を求めて

失われた時を求めてについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [失われた時を求めて] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

失われた時を求めてを含むブログ記事

のけしきさん
  • この現象の名を“のけしき現象”と呼ぶ 【千年の苑ラベンダー園】
  • 聴、触、味、嗅)の中で臭覚だけは、大脳新皮質を経由せずに、記憶を司る海馬に伝達される。そのため、時に匂いは海馬を刺激して、過去の記憶を呼び覚ます。名前は、フランスの文豪、マルセル=プルーストの代表作『失われた時を求めて』の、“主人公が紅茶に浸したマドレーヌの匂いをきっかけに、幼年時代を思い出す”描写が由来。この日、のけしきは、プルースト現象を散散に体験した。「おっ、これは、いいなぁ。」約一週間前、ブログ・四季彩ペダ...
  • のけしき草子のけしきさんのプロフィール
駅弁祭りさん
  • 自室という「図書館」から本の「貸出」
  • 理屈でなしに、目に留まってかつちょっと開いてみてよさそうだなと思った本だけを引っ張り出してきた。この中で『失われた時を求めて』と、『ゲーテとの対話』、『死霊』だけ未読。他は以前に読んだことがある。これらの本の選択は、理屈によって毒されていないと思う。自室を図書館とみなし、理屈によってではなく、面白そうだ、という感じによって...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール
massironaさん
  • 『プルーストを読む──『失われた時を求めて』の世界』
  • 鈴木道彦著『プルーストを読む──『失われた時を求めて』の世界』 (集英社新書)* 経験を積み重ねて、プルーストの世界に立ち返ることで気づく物語の深みを、何度でも味わいたいと思わせてくれた。読み手の成長に応じて、物語も成長し、経験を積むほどに広がりと奥行...
  • 255字で巡らす愛おしい本たちmassironaさんのプロフィール
ALEXさん
  • 「悟りを開く」とは?
  • に”悟り”を開いたのは、全く他愛のないこと。庭の木の下で座禅を組んで、立ち上がろうとした時に、目の前に土塀があると錯覚して転倒。その瞬間、”悟り” を開いたという。すなわち”解脱”。プルーストの小説『失われた時を求めて』の中の表現から、「紅茶にプチットマドレーヌを浸し、それを口に含んだ時に過去のことが急に蘇る」とある。これは、いわゆる”プルースト現象”として知られるもの。この箇所以外にも、幾たびかこの現象が文章上で...
  • Boots strapALEXさんのプロフィール
ALEXさん
kazu512さん
  • 『イコライザー2』にマッコールが読んでいた本の名前と概要についてまとめ
  • 。詳細は下記世界と僕のあいだに『シッダールタ』ヘルマン・ヘッセが1922年に発表した小説。若き日の釈迦をモデルにした主人公が悟りを開くまでの物語が描かれています。詳細は下記シッダールタ (新潮文庫)『失われた時を求めて』読むべき100冊のうち、ラストにマッコールが選んだ作品。マルセル・プルーストが20世紀初頭に半生をかけて執筆した小説で、マッコールの妻ビビアンはこの小説を97冊目に選び、読んでいる最中に死んでしまっ...
  • ハンドメイドで生き抜きたい!〜OL奮闘記〜kazu512さんのプロフィール
実成さん
  • 株で成功する人の特徴とは?
  • 、本当に一貫性のない適当な人の線引きが難しいところではあったりもしますが…このような自己矛盾とも言える行動が恥だと捉える文化が我々には少なからずあります。この点、かの有名なマルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」に興味深い話があります。隠居した外交官のノルポワ公爵という人が出てきます。小説の語り手は、フランスとドイツの講話問題に関することで、ノルポワ公爵が自己矛盾したことを言っているのを耳にします。前に言っ...
  • 柴犬 実成の成長日記実成さんのプロフィール

失われた時を求めてを含むブログ村メンバー

  •  
tontoさん
ふ〜さん
ちびまるさん
  • 失われた時を求めてちびまるさんのプロフィール
  • 思い出というパンドラの匣を開けたら、もうあの頃に戻るしかない・・・
paixさん
  • 失われた時を求めてpaixさんのプロフィール
  • 日々の出来事や雑感に交えて、時おり身近で見つけた花や植物の写真を紹介しています。

にほんブログ村

>

キーワード

>

失われた時を求めてについて