観音像

観音像についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [観音像] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

観音像を含むブログ記事

内田麟太郎さん
  • 平和観音像物語 高橋秀雄
  • 平和観音像物語 高橋秀雄2017年09月25日 18時06分10秒 |日記うつのみや童話の会誌 高橋秀雄さんがノンフィクション「百尺と八十八尺の間のこと」を書かれています。 宇都宮市大谷町の大谷石採掘地にある大...
  • 絵本作家・内田麟太郎 公式ブログ 『広告する日記』内田麟太郎さんのプロフィール
たなか鍼療室さん
  • 湖北のパワースポット!
  • はされてません。摩訶耶寺の観音菩薩は、袋井の法多山、祝田の善明寺と三姉妹観音といわれこちらの観音様が長女だそうです。本堂の美しい格天井も、見ものです。また、本堂とつながる別室では国指定重要文化財の千手観音像、木造不動明王像静岡県重要文化財の阿弥陀如来像などをまじかに拝むことができます。こちらは、日本の中世庭園を代表する座視鑑賞式池泉庭です。大自然に囲まれた中に精神的な別世界を大きな石や池で表しているそう...
  • たなか鍼療室ブログたなか鍼療室さんのプロフィール
老爺(ロージィ)さん
  • 佐貫頭首工と佐貫観音
  • だきました!5年前に来た時、いろいろな話を聞かせてくれた年輩の職員さんは居ませんでしたが、丁寧に対応していただきました。でっ、ここには鬼怒川沿岸にそびえ立つ、高さ64mの一大岩塊に刻まれた18.2mの観音像があるんですねぇ。で、でっかいべ!岩の上部には『奥の院大悲窟』 があり、62年に1度毎の開帳が伝えられています。矢印が奥の院大悲窟です。丸印が大日如来の顔で、長さ3m、幅1.64mだそうです。この岩の...
  • ロージィのツーリング・レポ老爺(ロージィ)さんのプロフィール
ニュースで動画さん
パリに行っても何もせず?さん
  • 墓参り
  • ある碑は、よく見てこなかったのですが、川端康成が、岡本太郎の本、母の手紙 に送った序文が、書いてあるそうです父、一平の墓石こちらも、1952年に発表された太郎の「顔」という陶製の作品岡本かの子の墓石は観音像仏教研究にも熱心だったのだそうです岡本太郎は、1911年に生まれ、1996年に84歳で亡くなりました100年以上前に生まれた人がなんですねなんか、そんな気がしなかったけどなんでかね?ジャンル:ウェブロ...
  • パリに行っても何もせず?パリに行っても何もせず?さんのプロフィール
mkuni2さん
  • 浅草神社 −両さん−
  • く雷門をくぐり仲見世通りを歩いていくと浅草寺本殿が見えてくる。その浅草寺の隣にひっそりとたたずむ浅草神社がある。浅草神社の歴史は古く、社伝によると推古天皇36年(628年)、隅田川で漁中、網にかかった観音像が起源となっているようだ。浅草には両さん(こち亀の両津勘吉)の実家の佃煮屋「よろずや」があり、浅草神社は両さんが小学生時代よく遊んだ場所でもある。浅草神社の境内に「友情はいつも宝物」と書かれた石碑があ...
  • どこまでも自転車で! - ブログ版 -mkuni2さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20170924-1
  • 」「火垂るの墓」「もののけ姫」、細田守の監督作「時をかける ...両丹日日新聞2017年9月22日のニュース 両丹日日新聞 下手人として捕らえられ打ち首にされる際に、守り本尊として肌身離さず持っていた観音像を飲み込み、「私の墓に梅干しを供えて参れば、観音様のご利益で、首 ...川島なお美さんの3回忌、夫・鎧塚俊彦さんに最近起きた心境の変化 エキサイトニュース 三回忌は都内のお墓にファンの方とお参りし、女...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
kaworuさん
  • ふらっと御朱印ツアー
  • 犬山市 寂光院さんの御本尊千手観音像とお不動さん(東海三十六不動尊霊場 二番札所)の御朱印続きを読む >>...
  • *meroon8kaworuさんのプロフィール
blogmura_miさん
ひこいちの歴史研究さん
  • 『江戸泰平の群像』40・狩野 山雪(かのう さんせつ、天正18年
  • 授けられた。山雪の号を名乗った時期は不明だが、遅くとも30代半ばには用いていたと推定される。また、縫之助とも称した事が知られている。正保4年(1647年)九条幸家の命により、東福寺所蔵の明兆筆三十三身観音像の内、欠けていた2幅を補作、その功績により法橋に叙せられる。ところがその2年後の慶安2年(1651年)9月、揚屋(あがりや、未決囚を入れる牢屋)に収容される。理由は長く不明であったが最近の研究により、...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール

観音像を含むトラコミュ

彦根城
  • 彦根城
  • 姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年に完成しました。佐和山城・安土城・長浜城・大...
  • トラックバック数:13 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

観音像について