松代駅

松代駅についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • Talent de retirer le plaisir de vie
  • 人生を楽しむコツは意外に身近にあるそんな気がしますよ(長野 松代駅にて)クリック⇒クリック⇒クリック⇒ 『ブログ王』 ↑凸ヾ(⌒▽⌒)励みになりますのでポチッ3連打をお願いします♪[松代駅] ブログ村キーワードTomの別館「旅」ブログ「一人旅の記憶」はコチラから↓↓クリック⇒≪「Tomの一人旅〜気のむくまま、足のむくまま〜・・・・・・続きを読む
  • Prenons un reste en buvant du cafe〜珈琲で一息〜 good_tomさんgood_tomさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

松代駅を含むブログ記事

チャーリーカワさん
  • 【廃駅】「長野電鉄 旧松代駅」、鉄道が通っていた姿が強烈に蘇る!
  • 長野電鉄、旧屋代線は平成24年(2012年)4月1日に廃線となりました。廃線区間は屋代駅から松代駅を通り、須坂駅までです。須坂駅は長野駅から湯田中駅への往復で通りましたが、線路の端に、旧車両が保存されていました。いや、打ち捨てられていたというほうがいいかな。旧松代駅には駅舎とプラットホームが残され...
  • いつも気分は異国の街に! 海外旅行の記憶チャーリーカワさんのプロフィール
チャーリーカワさん
  • 【戦争遺産】太平洋戦争末期に建設された地下壕「松代大本営」跡!
  • 長野駅から松代行きの乗合バスで約1時間乗車するとバスの松代駅に到着しました。そこから約20分、眩暈がするような太陽の陽射しの下を歩いて、松代象山地下壕にたどり着きました。入口にある案内所の方が、「地下壕は6Kmほどありますが、歩けるのは500メートルです。壕内...
  • いつも気分は異国の街に! 海外旅行の記憶チャーリーカワさんのプロフィール
Komoyo Mikomotiさん
  • 日本100名城 26 松代城 その5 旧横田家住宅・象山神社
  • 、1864年に徳川家茂の命で上洛。その時に住んだ、鴨川べりの家の茶室が「煙雨亭」。この建物も境内に移築されています。ただ、ここに住んだのは、たった2ヶ月。攘夷論者に暗殺されたのでした。もう16:30。松代駅のバス停へ急ぎます。その途中の風景。このシリーズは、まだ続きがあります。(続く)今回は期日指定投稿です。今は旅先にいます。アクセスランキング にほんブログ村この記事に>芸術と人文>歴史>日本史日本10...
  • 鉄道沿線よりみちウォーキングKomoyo Mikomotiさんのプロフィール
PoWさん
PoWさん
  • 旅の乗車記録Vo.66
  • 8 - 京急蒲田 21:40・2017年6月3日(土)京浜東北線 蒲田 6:21 - 東京 6:42かがやき503号 東京 7:20 - 長野 8:43アルピコ交通長野・松代線 長野駅 9:15 - 松代駅 9:43長電バス屋代線 松代駅 10:58 - 綿内駅 11:27長電バス屋代線 綿内駅 11:48 - 川田駅 12:00長電バス屋代線 川田駅 12:37 - 須坂駅 13:08長野電鉄長野線 ...
  • 旅のカケラPoWさんのプロフィール
Komoyo Mikomotiさん
  • 日本100名城 26 松代城 その3 松代城跡
  • 1296円右上は、長芋のむかご家へのおみやげもここで購入。ところでこのお店の敷地内に松代城の三の堀跡がありました。現在の城跡よりかなり広く、ここまで紹介してきた真田邸や文武学校はお城に隣接。ちなみに松代駅跡も城跡の一部。ここまでずっと城跡にいたようなものです。二の丸南門跡復元された太鼓門と内堀にかかる前橋。内堀太鼓門は枡形になっていて、奥の門が、櫓門になっています。太鼓門を通ると、本丸です。本丸には3...
  • 鉄道沿線よりみちウォーキングKomoyo Mikomotiさんのプロフィール
Komoyo Mikomotiさん
  • 日本100名城 26 松代城 その2 旧樋口家住宅・文武学校
  • 道沿線 よりみちウォーキング晴れの日も、雨の日も!暑い日も、寒い日も!駅から駅へ歩く旅。JR・第三セクターなど鉄道沿線を歩いた19年間の記録です。全体表示リスト日本100名城 26 松代城 その1 旧松代駅・真田邸日本100名城 26 松代城 その2 旧樋口家住宅・文武学校クリップ追加日本100名城日本史2018/5/12(土) 午後 11:05このブログの写真のほとんどは、カシオのデジカメで撮影したも...
  • 鉄道沿線よりみちウォーキングKomoyo Mikomotiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

松代駅について